転職・退職しそうな人を見分ける方法!会社を辞める人の特徴7選

2019-10-10

転職・退職しそうな人を見分ける方法!会社を辞める人の特徴7選
mono
mono
こんにちは、monoです。

人材の流動性が高まり、Web系の職場だと月1くらいのペースで退職者が出るのも珍しくないありません。

「もしかしたら次に辞めるのはあの人…?」なんて不安に思ったりしていませんか?

当記事では、

転職・退職しそうな人ってどうやって見分けたらいいの?

辞める人を見つけたとき、どう接するのが正解?

という方向けに、

  1. 転職・退職しそうな人の特徴7つ
  2. 辞めそうな人を見つけたときの対処法

について解説します。

転職・退職しそうな人にありがちな特徴7つ

転職・退職しそうな人の特徴を7つ紹介します。

これから紹介することに当てはまる同僚がいたら、もしかしたら退職の準備を進めているかもしれません。

愚痴や不満の量が極端に増減した

同僚が上司や会社の愚痴を言う回数が増えたら、それは今の仕事に不満を持ってる証拠です。

自分の中だけでは抑えられず、周りにも喋ってしまうほど不満が溜まっているなら、転職の準備を進めていても不思議ではありません。

あるいは逆に、今までずっと言っていた愚痴が急に止んだ場合も「どうせ今の会社にいるのもあと数ヶ月だし」と、今の職場での生活に終わりが見えたことで言わなくなっているだけかもしれません。

雑談に参加せず、ランチも1人

転職・退職する予定の人は、いまの職場ではもう人間関係を築く必要がありません。

誰かといるより1人が好きな人なら、自然と雑談の頻度が減り、ランチも1人でとるようになるでしょう。

同僚の付き合いが悪くなったのは、転職・退職のサインかもしれません。

仕事で使いそうにないことを勉強し始めた

いまの仕事で使いそうにない、かと言って趣味でもなさそうな。

同僚がそんな勉強をしていたら、それは新しい職に就くための勉強かもしれません。

でも、ここまで努力してたら逆に応援したくなりますけどね。

髪の色が暗くなった

ふだん明るい髪色をしていた同僚の髪色が突然暗くなった。

理由を聞いてもはぐらかせられるようなら、それは面接のために髪色を暗くした可能性があります。

まぁ、単純にイメチェンの可能性の方が高そうですけどね。

新しい業務に興味を示さなくなった

その会社で出世を目指すなら、ふつう、新しい仕事を任されるのは嬉しいはずですよね(無駄な雑務なら別ですが)。

出世につながるような新しい業務にも興味を示さなければ、その会社では出世する気がないということ。

もしかしたら別の道を目指しているのかもしれません。

MTGで意見を言う回数が減った

去る会社の打ち合わせなんて「どうでもいい」と思う人がほとんどです。

今までは積極的に発言していたMTGで意見を言わなくなったら、それはもうそのMTGに興味がなくなったということです。

MTGでの発言が急に減った同僚がいたら、もう今の仕事のことは「どうでもいい」と思っているということです。

引き継ぎマニュアルを作成し始めた

ずっとやりがいを持ってやっていた仕事なのに、なぜか急に引き継ぎマニュアルを作り始めた。

理由は簡単です。

もうすぐ会社を辞めるので、誰かに引き継ぎをしなければならないからです。

引き継ぎマニュアルは、まるで手切れ切符のようですね。

辞めそうな人を見つけたらどうしたら良い?

もし上記の特徴に当てはまる人が職場にいたとき、ぼくたちはどうしたら良いのでしょうか?

職場で辞めそうな人を見つけたときの振る舞い方について解説します。

悩みを聞いてあげる

親密度や状況にもよると思いますが、もし相手が何かに悩んでいそうだったら、悩みを聞いてあげましょう。

転職・退職を決意しているとはいえ、そのような人生の転機には悩みの1つや2つもあるでしょう。

本来なら全然感じる必要はないのですが「同僚を裏切る罪悪感」みたいなのを感じている可能性もあります。

同僚の前に、1人の人間として力になれそうなことがあれば、協力してあげましょう。

未来を応援する

同僚と話しているうちに、今の会社を辞めてからの話をしてくれるかもしれません。

何か新しい夢に向かって頑張るようなら、仲間の未来を応援してあげましょう。

「辞めるなよ!!!」

と言いたくなるかもですが、同僚が今の会社で抱えている悩みをあなた自身の力で解決することができないなら、責任取れないので言わない方が良いです。

正直、会社辞めた方が幸せな場合もありますからね。

同僚の夢の話を聞いて、あなたも何か行動を起こしたくなったら「リクナビエージェント」や「DODA」などの転職エージェントに登録してみるのもありです。

転職市場のことが分かると自分の市場価値が分かるので、今の会社にいるべきか、辞めるべきかも明確になります。

とりあえず市場価値だけでいいやって人は「MIIDAS(ミイダス)」という質問だけで市場価値が可視化されるツールがあるので、使ってみてください。

スカウターみたいで面白かったですよ。

辞めてからはビジネスパートナー

同僚が辞めてからの話です。

無理に人間関係を続ける必要はありませんが、縁を切るみたいなことはしないでくださいね。

細く長く人間関係を続けていると、ひょんなきっかけでビジネスパートナーになったりしますからね。

敵は作らない方が良いし、味方は多い方が良いですよね。

あ、しつこく干渉してきて邪魔ならブロックしてOKだと思います。

まとめ

今回は「転職・退職する人に見られる特徴」と「辞めそうな人を見つけたときに取るべき行動」について解説しました。

人生100年時代と言われてますが、自分も仲間も、充実した人生を送るための「仕事」という感覚は大事にしたいですね。

会社勤めがしんどいなら、独立したり、副業を本業にしたり、在宅ワークを始めたりもありですからね。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂️関東在住のサイドFIREを目指すブロガー/座右の銘は「知識は誰にも奪われない」/ゆるく稼いで楽しく暮らすライフハック情報をお届けします/アイコンは黎(クロイ)さん。

お金を増やす 転職

© 2021 monoblog