UXライティングのおすすめ本ランキング7選!【2022年】

UXライティングのおすすめ本ランキング7選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

UXライティングとは、ユーザー体験をより良いものにするためのライティング技術です。マイクロコピーやサービス説明などでよく使われますね。

この記事では、UXライティングについての知識を深めてサービス改善に役立てたい人向けに、「UXライティングのおすすめ本」を紹介します。

UXライティングの本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

UXライティングのおすすめ本ランキング7選!

UXライティングのおすすめ本を7冊ご紹介します。

ビジネスマンのための新教養 UXライティング

created by Rinker
¥1,663 (2022/12/07 17:01:13時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネスマンのための新教養 UXライティング」は、「読み⼿視点」の言葉選びと表現技法が身につく本。

UXライティングとは何か?から、導入のメリットや成功事例など、ライティングにまつわるビジネスマンのための新たな教養について詳しく解説されています。

UXライティングの初心者向けの解説であり、練習問題もついているので、学びたい本人は勿論、社内研修や授業用として使いたい人事教育部の人におすすめの本です。

UXライティングの教科書 ユーザーの心をひきつけるマイクロコピーの書き方

UXライティングの教科書 ユーザーの心をひきつけるマイクロコピーの書き方」は、世界51カ国で愛読されているユーザー体験を実現するマイクロコピーの完全ガイドの本。

マイクロコピーとは何かという基礎知識や、応用法であるマイクロコピーとユーザビリティなど、だれもがマイクロコピーを書くことができる方法について詳しく解説されています。

本書を読めば、たった一つのマイクロコピーが、ユーザーに行動意欲を高め、 実行をサポートし、エンゲージメントを強化することが理解できるので、Webライターだけでなく、UX/UIデザイナー、マーケティング担当者など、世界標準のマイクロコピー活用法を学びたい人におすすめの本です。

ポチらせる文章術

created by Rinker
¥1,463 (2022/12/07 17:01:13時点 Amazon調べ-詳細)

ポチらせる文章術」は、多くの人が「読んでみたい」と思ってもらえるメッセージが作れるようになる本。

読まれる提案や、キャッチコピーなど、どんな商品にも有効なコピーのポイントについて詳しく解説されています。

文章のプロがネット文章術の全てを教えてくれるので、文章の力で商品・サービスを売りたい人はもちろん、ブログやSNSで発信力を上げたい人におすすめの本です。

UX原論 ユーザビリティからUXへ

created by Rinker
¥3,465 (2022/12/07 17:01:14時点 Amazon調べ-詳細)

UX原論 ユーザビリティからUXへ」は、UX分野の第一人者である著者が、その概念や内容について解説している本。

ユーザビリティからUXに至る歴史的経緯や、その開発と設計についてなど、UXの概念と方法論について詳しく解説されています。

UX分野の変遷から、関連する近未来の課題まで整理されているので、UX従事者やこの分野に関心を持っている人におすすめの本です。

伝わるWebライティングスタイルと目的をもって共感をあつめる文章を書く方法

伝わるWebライティングスタイルと目的をもって共感をあつめる文章を書く方法」は、読者を意識し、わかりやすく、フレンドリーなコンテンツを書くための、最高に親切なWebライティングガイド本。

サイトコンテンツの制作や進行のしかたなど、Webライティングの実践的なアドバイスについて詳しく解説されています。

何に気をつけたらいいのか、どうやって推敲したらいいのか、といった細かいプロセスを教えてくれるので、書くスキルを高めたい人におすすめの本です。

Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー

Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー」は、文章を書くのが苦手な人でもユーザーの心を鷲掴みするようなマイクロコピーが書けるようになる本。

アマゾンやフェイスブック、グーグルなど、世界の有名Webサービス企業が急成長した背景にある「コピーライティング技術」について詳しく解説されています。

世界で実際に使われている事例を、WEBページをキャプチャーして紹介しているので、視覚で捉えて参考にしたい人におすすめの本です。

UXデザインのための発想法

created by Rinker
¥2,299 (2022/12/07 17:01:16時点 Amazon調べ-詳細)

UXデザインのための発想法」は、前著『実践UXデザイン』の続編として、UXデザインを推進するための「発想法」に特化して解説した本。

手法に加えて発想のためのツールや、経過のプロセスなど、ほとんど全ての仕事で必要とされる「発想ワーク」について詳しく解説されています。

著者の企業における豊富な実務・現場経験に基づいて、具体的に詳説されているので、現場のビジネスマンとして実務レベルの洗練されたアイディア出しのヒントを得たい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「UXライティングのおすすめ本」について解説しました。

UXライティングの考え方を身につけて、ユーザーが使いやすいマイクロコピーを適切な場所に設置してあげてください。

では、また。

あわせて読みたい
Webライティングのおすすめ本ランキング12選!【2022年】 Webライティングには、大きく下記3つのライティング技術が必要です。 ロジカルライティング SEOライティング セールスライティング さて、それぞれのライティング技術を...

あわせて読みたい
Webマーケティングのおすすめ本ランキング23選!【2022年】 SEOやアドネットワーク、SNS、CRM、動画広告など、幅広い分野に渡るWebマーケティング。 この記事では、Webマーケティングについての知識を深めて一人前のWebマーケター...

目次