エクセルVBAスクレイピングのおすすめ本ランキング5選!【2022年】

エクセルVBAスクレイピングのおすすめ本ランキング5選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

エクセルのVBAでWebスクレイピング出来たら、そのままエクセル上でさらにデータ加工ができて便利ですよね。

この記事では、エクセルVBAスクレイピングについて勉強したい人向けに、「エクセルVBAスクレイピングのおすすめ本」を紹介します。

エクセルVBAスクレイピングの本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

エクセルVBAスクレイピングのおすすめ本ランキング5選!

エクセルVBAスクレイピングのおすすめ本を5冊ご紹介します。

データを集める技術

created by Rinker
¥1,320 (2022/10/04 18:02:58時点 Amazon調べ-詳細)

データを集める技術」は、ExcelやGoogleスプレッドーシート、APIなどを使ってクローラーをプログラミングし、簡単な操作で効率的にデータを集める手法を解説した本。

Twitterのエゴサーチや、iTunes/Google Playのアプリランキングなど、さまざまな役立つデータを収集する方法について詳しく解説されています。

本書で紹介されているプログラムやツールは、パソコンの基本的な使い方が理解できれば、誰でも作れる簡単なものなので、これからデータ収集の勉強をしたい人におすすめの本です。

あわせて読みたい
IMPORTXML関数の使い方!スプレッドシートでWebスクレイピングしよう! webスクレイピングと言えばPythonやGASがよく使われますが、実はxpathを使った簡単なスクレイピングなら「IMPORTXML」というスプレッドシート関数1つでできる場合もあり...

あなたのワークシートがインターネットにつながるExcelVBAでクローリング&スクレイピング

あなたのワークシートがインターネットにつながるExcelVBAでクローリング&スクレイピング」は、非プログラマーでも使えるデータ取得の具体例について書かれた本。

タグの解析や、PDFファイルの読み込みなど、Visual Basic for Applicationsについて詳しく解説されています。

詳しい言語の解説はほとんどされていないので、Excel VBAを使ったことがあり、出来る範囲をもっと拡げたい人におすすめの本です。

ExcelVBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術

ExcelVBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術」は、Visual Basic for Applicationsの活用方法を書いた本。

Internet Explorerの起動や、ハイパーリンクの制御など、自動化ついて詳しく解説されています。

今まで、人の力で繰り返し行われていた作業から解放されるので、パソコンを効率的に使いたい人におすすめの本です。

プログラマーの本気がExcelを覚醒させる 超絶ExcelVBA

プログラマーの本気がExcelを覚醒させる 超絶ExcelVBA」は、プログラマーがマクロやVBAの知識を使ってExcelを改造したテクニックを紹介した本。

インターネットのクローリングや形態素解析で文章を加工など、マクロやVBAの知識を持つプログラマーが行ったExcel改造のテクニックについて詳しく解説されています。

Pythonを知らなくても作業ができるようになっているので、マクロやVBAの知識のあるプログラマーでExcelをもう少し使いやすく改良したい人におすすめの本です。

Excelでできる!Webデータの自動収集&分析実践入門

Excelでできる!Webデータの自動収集&分析実践入門」は、Excelを使ってWebからデータを収集し、集めたデータを整理・分析するテクニックを解説した本。

Excelの「データの取得」機能、「Webクエリ」機能を使ったデータ収集の方法や、Web関数を使った収集方法など、データの取り込み方法と取り込んだデータの集計・分析の方法について詳しく解説されています。

Excelだけで、Webデータ収集&分析ができる方法を丁寧に詳しく解説しているので、Excelで効率よくWebの情報を収集・分析したい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「エクセルVBAスクレイピングのおすすめ本」について解説しました。

VBAを使いこなして、データ収集(スクレイピング)からデータ加工までエクセルで一気通貫を目指しましょう。

では、また。

あわせて読みたい
Webスクレイピングの勉強におすすめの入門本8選!【Python・VBA・Ruby】 効率的にネットの情報を収集するのに便利なWebスクレイピングですが、本を読んでしっかりと技術を身につけている人は少ないのではないでしょうか。 最近はライブラリが...
目次