SAP・ERPのおすすめ本ランキング10選!【2022年】

SAP・ERPのおすすめ本ランキング10選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

SAP・ERPの担当になったはよいものの、世の中にSAPやERPの情報が少なくて困っていませんか?

この記事では、SAPやERPについての知識を深めてSAP・ERPの実務に役立てたい人向けに、「SAPやERPのおすすめ本」を紹介します。

SAPやERPの本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

SAP・ERPのおすすめ本ランキング10選!

SAP・ERPのおすすめ本を10冊ご紹介します。

世界一わかりやすいSAPの教科書

created by Rinker
¥1,515 (2022/05/29 15:09:05時点 Amazon調べ-詳細)

世界一わかりやすいSAPの教科書」は、SAPと基幹業務について紹介している本。

宅配ピザ屋を例に、最新の基幹業務システム「SAP S/4HANA」など、会社業務の基礎知識について詳しく解説されています。

入門者がつまづきやすいSAPの知識をわかりやすく解説しているので、SAPと基幹業務の基礎知識を短時間で身につけたい人におすすめの本です。

図解入門よくわかる最新SAPの導入と運用

created by Rinker
¥2,178 (2022/05/29 15:09:06時点 Amazon調べ-詳細)

図解入門よくわかる最新SAPの導入と運用」は、SAPの導入と運用について基礎から解説している本。

どのような知識が必要か、どのような仕事をこなしていけばよいのかなど、実際の導入イメージについて詳しく解説されています。

国内2,000社以上が導入しているERPのソリューションと導入方法を解説しているので、SAPの全体像を理解したい人におすすめの本です。

SAP ABAPプログラミング入門

created by Rinker
¥2,376 (2022/05/29 15:09:06時点 Amazon調べ-詳細)

SAP ABAPプログラミング入門」は、演習問題が用意されているので研修用としても使用できる本。

ABAPの基礎知識や、SAPのERPを導入している企業が持っている現場のノウハウなど、SAP社独自のプログラミング言語であるABAPについて詳しく解説されています。

基礎知識から用途、言語仕様、開発方法、ツールまで、実際に使用している企業の情報をもとに掲載されているので、ABAPを使ってSAP製品の開発について理解したい人におすすめの本です。

SAP HANA入門 PoweredbyIBMPowerSystems

created by Rinker
¥3,168 (2022/05/29 15:09:07時点 Amazon調べ-詳細)

SAP HANA入門 PoweredbyIBMPowerSystems」は、SAP HANAの基本から応用までを教えてくれる本。

SAP HANAの機能としての全体説明やIBM Power Systemsの組み合わせによる特徴の説明など、使用する上での基本的なことについて詳しく解説されています。

自分のPCにセットアップする方法も載っているので、自分でSAP HANAをやってみたい人におすすめの本です。

SAP会社を、社会を、世界を変えるシンプル・イノベーター

SAP会社を、社会を、世界を変えるシンプル・イノベーター」は、エンタープライズITの裏方として確固たる地位を築いてきたSAPの現在の姿と強さの秘密に迫った本。

世界を動かす裏方SAPERPやビッグデータ活用をシンプル化することなど、世界最大のビジネスソフトウエア会社であるSAPについて詳しく解説されています。

SAPが見据える未来像やそこに至るイノベーション戦略について収録されているので、これからSAPがどのように進化していこうとしているのか知りたい人におすすめの本です。

図解入門よくわかる最新SAP&Dynamics365

created by Rinker
¥1,782 (2022/05/29 15:09:09時点 Amazon調べ-詳細)

図解入門よくわかる最新SAP&Dynamics365」は、ERPを効果的に実現する2大パッケージであるSAPとDynamics365を使いこなすための現場の知恵をまとめた本。

ERPの基礎知識のほか経営者や業務担当者など様々な立場から検討事項として上がる項目に対する解決方法など、ERPシステムを使いこなすための150項目の問題と解決方法について詳しく解説されています。

ERPシステムを利用して組織全体の業務効率化を果たす手助けとなるべく書かれた本なので、業務現場で問題に直面していてERPシステムでもって問題の解決を図りたい人におすすめの本です。

モデルベース要件定義テクニック

created by Rinker
¥2,317 (2022/05/29 15:09:09時点 Amazon調べ-詳細)

モデルベース要件定義テクニック」は、システム開発の要件定義を作成する方法について解説している本。

要件定義の進め方や、要件定義の何を定義すれば良いかなど、要件定義書の作成手法について詳しく解説されています。

要件分析フレームワークやユーザーインターフェースを含めた入出力などについて詳しく解説しているので、顧客の要望を正確に把握するノウハウを知りたい人におすすめの本です。

あわせて読みたい
要件定義のおすすめ本ランキング14選!【2022年】 システム開発において、要件定義はとても重要な工程です。要件定義を間違うと、思ったのと違うシステムができてしまうからです。 この記事では、要件定義についての知識...

図解入門よくわかる最新システム開発者のための仕様書の基本と仕組み

図解入門よくわかる最新システム開発者のための仕様書の基本と仕組み」は、システム開発全体を見渡せるようになる方法について解説している本。

システム開発の流れ、業務分析、文章作成における注意点など、プロジェクト内で入り混じってしまった情報を整理するための手法について詳しく解説されています。

各ポイントが図解され、仕様書のテンプレートもついてくるので、読むのは勿論「見て学びたい」人におすすめの本です。

ポケット図解要求定義のポイントがわかる本

ポケット図解要求定義のポイントがわかる本」は、情報システム開発の上流工程である要求定義の進め方と要求定義書の内容をコンパクトに解説した本。

BABOKの導入やREBOKの発行、SLCP-JCF2007の改版、非機能要求グレードの公開などの要求定義を取り巻く状況や要求定義の進め方の手順、取りまとめ手法、作成のポイントなど、要求定義書について詳しく解説されています。

コンパクトに整理し図解で解説してあるので、要求定義のポイントの全体像を把握したい人におすすめの本です。

フロントエンド開発入門プロフェッショナルな開発ツールと設計・実装

フロントエンド開発入門プロフェッショナルな開発ツールと設計・実装」は、初級者向けのフロントエンド開発支援ツールの選び方や使いこなし方、効率的に開発をするための基礎知識が身につく入門本。

フロントエンドエンジニアの歴史や開発の現場における仕事の進め方など、さまざまなフロントエンド開発支援ツールを使いこなし効率的に開発をするための基礎知識について詳しく解説されています。

変わり続けるプラットフォームで変わらないことを学ぶための本なので、フロントエンド開発支援ツールの選び方や使いこなし方を知りたい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「SAP・ERPのおすすめ本」について解説しました。

SAPやERPの知識を深めて、業務効率化のための仕組みや活用法をマスターしましょう。

では、また。

目次
トップへ
目次
閉じる