コンテンツマーケティングのおすすめ本ランキング13選!【2022年】

コンテンツマーケティングのおすすめ本ランキング13選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

この記事では、コンテンツマーケティングについて本で勉強したい人向けに、「コンテンツマーケティングのおすすめ本」を紹介します。

コンテンツマーケティングの本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

コンテンツマーケティングのおすすめ本ランキング13選!

コンテンツマーケティングのおすすめ本を13冊ご紹介します。

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り」は、絶対に挫折しないコンテンツマーケティングが身につく本。

コンテンツマーケティングの必要性や、目的に応じたコンテンツを作る重要性など、最新のコンテンツマーケティングの実践方法について詳しく解説されています。

概念の理解だけでなく、「実践」にまで導く絶対に挫折しないようわかりやすく図解で解説されているので、広告による集客効果に疑問を抱いている人におすすめの本です。

KPI・目標必達のコンテンツマーケティング成功の最新メソッド

KPI・目標必達のコンテンツマーケティング成功の最新メソッド」は、顧客を動かす、事業を成長させるマーケティング必勝法がわかる本。

コンテンツマーケティングの基礎知識、コンテンツマーケティングの運用など、コンテンツマーケティング成功のための基本知識について詳しく解説されています。

コンテンツ制作で最も頭を悩ませがちな「ネタ不足」の解決方法まで紹介しているので、これからコンテンツマーケティングをはじめたい人におすすめの本です。

できるところからスタートするコンテンツマーケティングの手法88

できるところからスタートするコンテンツマーケティングの手法88」は、人を呼び込むコンテンツづくりがわかる本。

コンテンツマーケティングとSEOの基本や、オウンドメディアとコンテンツ作成など、読んですぐに試せる実用的なノウハウについて詳しく解説されています。

読みたいところだけ読んで、「やりたいところ」から着手できるので、オウンドメディアの効果的・効率的な運営方法を知りたい人におすすめの本です。

コンテンツマーケティングの教科書“売れる秘訣”はコンテンツにある!

コンテンツマーケティングの教科書“売れる秘訣”はコンテンツにある!」は、BtoBマーケティングにすぐ効く答えがみつかる本。

コンテンツマーケティングが注目されている理由や、期待できる6つの効果など、コンテンツマーケティングが生まれた背景や意義、具体的な実践方法について詳しく解説されています。

コンテンツを生かして売上増やブランディングに成功している企業の具体的な事例も紹介されているので、課題を抱えている企業のマーケティング部門や営業企画の担当をしている人におすすめの本です。

エピック・コンテンツマーケティング顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書

エピック・コンテンツマーケティング顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書」は、コンテンツマーケティングの生みの親とされる著者がその意義、作成、配布、管理まで詳細に解説した本。

ターゲットとなる見込み客のことを理解することや顧客のために何ができるかなど、コンテンツマーケティングの意義や作成、配布から管理について詳しく解説されています。

最小のコストで最大の優良顧客をつかむためのあらゆるテクニックを網羅しているので、コンテンツマーケティングについて勉強したい人におすすめの本です。

コンテンツマーケティング大百科

コンテンツマーケティング大百科」は、コンテンツマーケティングの真髄が凝縮されている本。

コンテンツマーケティングの全体像や、コンテンツマーケティングでやってはいけないことなど、コンテンツマーケティングの極意について詳しく解説されています。

著者が実践するある種邪道なマーケティング手法も紹介されているので、多数派と同じ生き方ができないで悩んでいる人におすすめの本です。

BtoB企業のためのマーケティングコンテンツ制作ガイド

BtoB企業のためのマーケティングコンテンツ制作ガイド」は、マーケティングに対して不安や問題を抱える企業に対してBtoB企業のコンサルタントを例を参考にしたコンサルタントの提案する本。

BtoBのマーケティングやその仕組みなど、実際の企業の事例をもとにしてセールスツールなどについて詳しく解説されています。

実際の企業の例を元にし、比較をしながら分かりやすく説明をしているので、企業のマーケティングで、仕事を実際取り組んでいる方だけでなく、これからマーケティングを始めようと勉強をしている方など幅広くマーケティングを学びたい人におすすめの本です。

脱キーワード思考のコンテンツマーケティング

脱キーワード思考のコンテンツマーケティング」は、筆者が感じる日本におけるコンテンツマーケティングの間違いを指摘した本。

対策キーワードの選定やキーワードごとにコンテンツを作るなど、筆者が感じる日本のSEOの間違いや今後どのように製作すべきかについて詳しく解説されています。

海外事例を例に具体的にこれからの製作すべき方向性について書かれているので、SEOについて極めたい人や行き詰った人におすすめの本です。

あわせて読みたい
SEOライティングのおすすめ本ランキング11選!【2022年】 サイトの検索順位を上げるには、SEOの基礎知識、およびSEOライティングのスキルが必須です。 この記事では、SEOについての知識を深めてSEO改善に役立てたい人向けに、「...

強いマーケティング組織と骨太コンテンツの作り方デジタルマーケティングをはじめる前に読む本

強いマーケティング組織と骨太コンテンツの作り方デジタルマーケティングをはじめる前に読む本」は、変革の方法論と周囲の巻き込み方がわかる本。

マーケティング組織の改革や、デジタル化の優先順位など、強いマーケティング組織と骨太コンテンツの作り方について詳しく解説されています。

マーケティングの在り方を見直し、あるべき組織、業務、システムに改革していくためのノウハウが盛り込まれているので、抜本的なマーケティング改革に取り組みたい人におすすめの本です。

Webコンテンツマーケティングサイトを成功に導く現場の教科書

Webコンテンツマーケティングサイトを成功に導く現場の教科書」は、コンテンツの“設計力”が身につく本。

コンテンツマーケティングの基本概念や、コンテンツマーケティングの4つの型など、コンテンツの制作・拡散・チューニングの具体的なノウハウについて詳しく解説されています。

ビジネスゴールや商品タイプに応じてコンテンツマーケティングの手法を分類し、コンテンツの方向性や戦略の違いも詳説されているので、コンテンツマーケティングに関わっている人におすすめの本です。

コンテンツマーケティングに生かせる新聞記者の思考法

コンテンツマーケティングに生かせる新聞記者の思考法」は、新聞記者の仕事術を知りたいというニーズに答えた本。

情報はギブ・アンド・テイクであることや見出しを意識して書くなど、コンテンツマーケティング業界やライティング業界においてニーズが高まっている新聞記者の仕事術について詳しく解説されています。

実際に先輩の新聞記者から新聞記者としてのノウハウ、心構えについてレクチャーを受けた元新聞記者の筆者が書いた本なので、新聞記者の仕事術について興味のある人におすすめの本です。

DX時代のコンテンツマーケティング

created by Rinker
¥1,280 (2022/12/07 21:28:48時点 Amazon調べ-詳細)

DX時代のコンテンツマーケティング」は、最新コンテンツマーケティング実践術が身につく本。

DX時代のコンテンツマーケティングや、キャッチフレーズから考えるコンテンツ発想法など、DX時代に最適化した、次世代のコンテンツマーケティング手法について詳しく解説されています。

実際のマーケティングの現場の議論とノウハウが元となっているので、DXとマーケティングを上手く組み合わせていきたい人におすすめの本です。

あわせて読みたい
DXのおすすめ本ランキング26選【デジタルトランスフォーメーション】 近年の経済トレンドとして「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が話題になっていますよね。 この記事では、DX(デジタルトランスフォーメーション)についての知識を...

コンテンツ・マーケティング64の法則

created by Rinker
¥2,230 (2022/12/08 00:13:23時点 Amazon調べ-詳細)

コンテンツ・マーケティング64の法則」は、記事を書くためのルールを知ることができる本。

記事を書くための理由や、著作権についてなど、オンライン記事を書くための方法について詳しく解説されています。

ブログでもキュレーションサイトでも、フェイスブックなどのSNSでも、 Eメールでも使えるので、文章を書くのは苦手だけど記事を書きたい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「コンテンツマーケティングのおすすめ本」について解説しました。

今回ご紹介した本が、コンテンツマーケティングの勉強に役立てば幸いです。

では、また。web

あわせて読みたい
Googleマイビジネス・MEO対策のおすすめ本6選!使い方の勉強におすすめの書籍を紹介! クリニックや美容室、飲食店など、実店舗を構えるビジネスで大切なのが「MEO対策」です。 日本ではGoogleマップやGoogleマイビジネスの利用者がほとんどなので、MEO対策...
目次