【Python】GANのおすすめ入門本ランキング3選!【2021年】

2021-01-27

【Python】GANのおすすめ入門本ランキング3選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

GASとは「Generative Adversarial Networks」の略で、いわゆる画像識別器です。入力されたIMG画像が、本物か偽物かを識別し、返り値で正否を教えてくれます。

この記事では、GANについての知識を深めてデータ分析・機械学習システムの開発に役立てたい人向けに、「GANのおすすめ入門本」を紹介します。

GANの本を探している人はぜひ参考にしてください。

GANのおすすめ入門本3選!

GANのおすすめ入門本を3冊ご紹介します。

実践GAN敵対的生成ネットワークによる深層学習

実践GAN敵対的生成ネットワークによる深層学習」は、敵対的生成ネットワークの初歩から理解できる本。

敵対的生成ネットワークを学びたい方のために入門から実装までや、Python、Keras言語による実装方法について詳しく解説されています。

実物と区別ができない程のリアル画像を生成するGAN(敵対的生成ネットワーク)の事に書かれてるので、機械学習とニューラルネットワーク、Pythonプログラミングの経験がある様な人におすすめの本です。

GANディープラーニング実装ハンドブック

created by Rinker
秀和システム
¥3,850 (2021/04/18 12:14:14時点 Amazon調べ-詳細)

GANディープラーニング実装ハンドブック」は、PythonによるGAN学習本。

GANの基礎についてや、画像生成など応用まで、GANについて詳しく解説されています。

GANの基礎から応用まで網羅された本なので、GANについて一から勉強する熱心な人におすすめの本です。

はじめてのディープラーニング2

はじめてのディープラーニング2」は、Udemyの人気講師が教えるディープラーニングの基礎を教えている本。

数学、Python、畳み込みニューラルネットワークの復習について、RNNと派生モデルであるLSTMとGRUによる自然言語処理の実装、VAE、GANによる画像生成の実装について詳しく解説されています。

ベストセラーの第二弾として詳しく記載されているので、第一弾を読み知識を深めたい上級者な人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「GANのおすすめ入門本」について解説しました。

GANの知識を深めて、より簡単で高精度なモデルを構築しましょう。

では、また。

深層学習(ディープラーニング)のおすすめ入門本ランキング12選!【2021年】

Pythonの勉強におすすめの入門本ランキングまとめ10選【初心者〜中級者】

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂️関東在住のサイドFIREを目指すブロガー/座右の銘は「知識は誰にも奪われない」/ゆるく稼いで楽しく暮らすライフハック情報をお届けします/アイコンは黎(クロイ)さん。

スキルを磨く データ分析

Python おすすめ本

© 2021 monoblog