スプレッドシートで複数列・表を一列にまとめる方法【FLATTEN関数】

2021-07-25

スプレッドシートで複数列・表を一列にまとめる方法【FLATTEN関数】
mono
mono
こんにちは、monoです。

スプレッドシートで「複数列や表に散らばったデータを一列にまとめたい」と思ったことはありませんか?

その願いは「FLATTEN関数」を使うことで簡単に実現できます。

この記事では、

  • FLATTEN関数の使い方
  • 表を一列にまとめる方法
  • 複数列を一列にまとめる方法

について解説します。

FLATTEN関数の使い方とは?

FLATTEN関数は以下の構文で動作します。

指定した範囲内のデータを一列で出力してくれる関数です。

FLATTEN関数の構文

=FLATTEN(範囲)

関数の具体的な使い方や動作例は次の見出しで紹介します。

表を一列にまとめる方法

まずはFLATTEN関数を使って「表を一列にまとめる方法」を解説します。

やり方は簡単で、一列にまとめたい表の範囲をFLATTEN関数に渡してあげばOKです。

FLATTEN関数で表をまとめる動作例

 command
=FLATTEN(B2:D4)

FLATTEN関数_01

複数列・複数行を一列にまとめる方法

続いてはFLATTEN関数を使って「複数列・複数行を一列にまとめる方法」を解説します。

複数列・複数行の場合でもやり方は同じで、一列にまとめたい複数列・複数行の範囲をFLATTEN関数に渡してあげましょう。

ただしこのままだと「空白セル」まで一緒に渡してしまうので、一列の中に空白を混じらせたくない場合は、頭に「SORT関数」を付けてあげましょう。

空白セルが列の末尾に並び替えられるので見やすくなります。

FLATTEN関数で複数列をまとめる動作例

 command
=SORT(FLATTEN(B2:D5))

FLATTEN関数_02

FLATTEN関数で複数行をまとめる動作例

 command
=SORT(FLATTEN(B2:E4))

FLATTEN関数_03

まとめ

この記事では「スプレッドシートで複数列・表を一列にまとめる方法」というテーマでFLATTEN関数について解説しました。

FLATTEN関数を使いこなして、複数行・複数列・表、どんな場合でも綺麗にデータを一列にまとめられるようになりましょう。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

スキルを磨く スプレッドシート

スプレッドシート関数

© 2021 monoblog