働き方のおすすめ人気本ランキング14選!【2022年】

2021-12-04

働き方のおすすめ人気本ランキング14選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

人生100年時代。幸せな働き方は人それぞれです。自分にとって理想の働き方は何かを考え、少しずつ理想とする働き方へ近づけていく努力が必要になってきています。

この記事では、世の中に存在する働き方についての考えを知って、今後のキャリアや働き方について考えたい人向けに、「働き方のおすすめ人気本」を紹介します。

働き方の本を探している人はぜひ参考にしてください。

働き方のおすすめ人気本ランキング14選!

働き方のおすすめ人気本を14冊ご紹介します。

商品画像
商品名できる人の仕事のしかた[新版]働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」トヨタだけが知っている早く帰れる働き方あなたの会社、その働き方は幸せですか?タニタの働き方革命 (日本経済新聞出版)働き方 完全無双働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社 (毎日新聞…ニトリの働き方働き方5.0~これからの世界をつくる仲間たちへ~(小学館新書)働き方のデジタルシフト —— リモートワークからはじめる、しなや…働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける組織と働き方を「変える・変えない・先延ばす」さて、どうする?ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<202…ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
価格¥1,568¥1,540¥1,282¥1,568¥1,568¥773¥1,500¥1,463¥902¥1,881¥1,155¥1,485¥1,650¥1,960
商品リンク

できる人の仕事のしかた[新版]

created by Rinker
¥1,568 (2022/01/18 09:49:54時点 Amazon調べ-詳細)

できる人の仕事のしかた[新版]」は、世界のどこでも通用する世界標準の仕事のルールがコンパクトにまとめられている本。

仕事への情熱を労働時間で示さないことや、職場のしきたりには黙って従うことなど、突き抜けるための世界標準の行動原則について詳しく解説されています。

当たり前だけれどなかなか実行できない仕事で大切なことがだけが集められているので、仕事でスランプに陥っている人や仕事のやり方で悩んでいるような人におすすめの本です。

働き方 なぜ働くのか いかに働くのか

created by Rinker
¥1,540 (2022/01/18 09:49:55時点 Amazon調べ-詳細)

働き方 なぜ働くのか「いかに働くのか」は、「なぜ働くのか」「いかに働くのか」──混迷の時代だからこそ、あえて「労働が人生にもたらす、素晴らしい可能性」を問いかけている本。

人生において価値あるものを手に入れる法、平凡な人を非凡な人に変えるものなど、働き方の価値観について詳しく解説されています。

なぜ働くのか、など著者の考え方が自身の体験をふまえ わかりやすく書かれていてるので、働く意義を考えてる様な人におすすめの本です。

トヨタだけが知っている早く帰れる働き方

created by Rinker
¥1,282 (2022/01/18 09:49:56時点 Amazon調べ-詳細)

トヨタだけが知っている早く帰れる働き方」は、トヨタが培ってきた生産性を高める働き方をイラスト満載で解説した本。

全てのふつうの人の生産性を上げる働き方や、自分の仕事のムダに気づいて本質的な仕事に集中できるようになることなど、トヨタの強みである独自の仕事観について詳しく解説されています。

自分でできる「働き方改革」の始め方がわかる内容なので、トヨタの働き方に興味のある人だけでなく仕事のやり方に悩んでいるような人におすすめの本です。

あなたの会社、その働き方は幸せですか?

created by Rinker
¥1,568 (2022/01/18 09:49:57時点 Amazon調べ-詳細)

あなたの会社、その働き方は幸せですか?」は、長時間労働、年功序列などの日本型経営からの脱却など、幸せになる働き方について書かrている本。

日本型経営からの脱却など、これからの働き方について詳しく解説されています。

野氏と出口氏が、働くということについて対話したものと、各人が独自に語ったものを、まとめたものなので、これから社会人になる様な人におすすめの本です。

タニタの働き方革命

created by Rinker
¥1,568 (2022/01/18 09:49:57時点 Amazon調べ-詳細)

タニタの働き方革命(日本経済新聞出版)」は、タニタの谷田社長が挑むタニタ流働き方改革を描いたノンフィクション本。

希望すれば雇用からフリーに転換し、主体性と報酬を追求できる社内制度を始めたタニタが挑む働き方改革について詳しく解説されています。

時間より主体性を中心に考えるべきだ、との持論をもつ谷田社長が挑んだ健康経営の試行錯誤を描いているので、会社経営者はじめ仕事をしているすべての人におすすめの本です。

働き方 完全無双

created by Rinker
¥773 (2022/01/18 09:49:58時点 Amazon調べ-詳細)

働き方完全無双」は、会社に搾取されないための理論武装を徹底的に解説している本。

スキル✕理論✕経営者視点✕環境など、会社に依存せずに生きて行く方法について詳しく解説されています。

基本的には、ベーシックインカムの導入で、生きるために働かざるを得ない人を無くし、かつ働きたい人・金持ちを応援し賞賛するべき事が書かれてるので、様々なプラットフォームで稼ぎたい様な人におすすめの本です。

働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社

働き方改革生産性とモチベーションが上がる事例20社(毎日新聞出版)」は、さまざまな業界での働き方改革取り組み事例とノウハウが満載な本。

働き方改革の背景や概要、具体的手順など、働き方改革の全てについて詳しく解説されています。

民間や官公庁など様々な事例が詳しく紹介されているので、働き方に悩む現代人におすすめの本です。

ニトリの働き方

created by Rinker
¥1,463 (2022/01/18 09:49:59時点 Amazon調べ-詳細)

ニトリの働き方」は、ニトリ創業者が社員に語り続けた33の「仕事の原理原則、商売の心得」を大公開した本。

「観察・分析・判断」をする力を磨き上げることや、「即断・即決・即行」でなければ、成功はつかめないことなど、増収増益日本一のニトリの仕事の仕方について詳しく解説されています。

ニトリ創業者による成功する仕事の仕方が解説されているので、ニトリに興味のある方だけでなく仕事のやり方に悩んでいるような人におすすめの本です。

働き方5.0 これからの世界をつくる仲間たちへ

働き方5.0~これからの世界をつくる仲間たちへ~(小学館新書)」は、機械では代替できない能力を持つ人材=「クリエイティブ・クラス」として生きていくには、社会とどう向き合うべきなのかが書かれている本。

人間がやるべき仕事とは何かなど、これからのAIテクロノジーの時代における人間の働き方について詳しく解説されています。

コンピューターとの共生について書かれているので、これから働き方に興味がある様な人におすすめの本です。

働き方のデジタルシフト リモートワークからはじめる、しなやかな組織づくりの処方箋

働き方のデジタルシフト——リモートワークからはじめる、しなやかな組織づくりの処方箋」は、現状のリモートワークでの課題を提示し、今後の主流となる働き方を解説している本。

リモートワークの問題の克服方法や、リモートワークの延長にある道筋など、働き方のデジタルシフトがもたらす変化について詳しく解説されています。

社会情勢の変化によりリモートワークを推進する企業が増えており、本書ではその対応策について書かれているので、こうした状況に不安を持つビジネスマンの人におすすめの本です。

働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける

働き方1.9君も好きなことだけして生きていける」は、1人キャンプで成功したヒロシが新しい生き方や働き方を解説している本。

「しがらみ」を脱する働き方・生き方について詳しく解説されています。

新しい生き方や働き方について解説しているので、仕事がつらい、生きづらい人におすすめの本です。

組織と働き方を変える・変えない・先延ばすさて、どうする?

組織と働き方を変える・変えない・先延ばすさて、どうする?」は、現在の組織は、働き方など様々な変化に対応していく事が求められているが、組織として適応すべきなのか、変えていいのかかが書かれている本。

これからの時代、変化に適応できない会社は衰退していくなど、これからの会社組織の在り方について詳しく解説されています。

働き方への配慮と顧客への提供は両立できる事などが書かれているので、これからの働き方や会社組織の在り方に悩んでる様な経営者の様な人におすすめの本です。

ワーク・シフト 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

ワーク・シフト─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>」は、あらゆる角度から近未来の働き方を予測し、 複数の選択肢を提示した話題の本。

グローバル化されるビジネス環境において、誰と、どこで、どうやって働きたいかを主体的に決めるワーク・シフトについて詳しく解説されています。

どのように働くかで下流民か自由民か、人生が二極化するともいわれるワークシフトについて綴っているので、人生や働き方について考えるすべての人におすすめの本です。

ワーク・ルールズ! 君の生き方とリーダーシップを変える

ワーク・ルールズ! 君の生き方とリーダーシップを変える」は、Googleの人事トップが答えるGoogleが行う採用から評価方法など人事活動を公開した本。

Googleが行っている採用、育成、評価の仕組みのすべてについて詳しく解説されています。

Googleだでけということはなく、あらゆる組織に応用できる普遍性を持っているので、今までの働き方に疑問や窮屈さを覚え、新しい働き方にチャレンジしたい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「働き方のおすすめ人気本」について解説しました。

偉人や各社が考える働き方についての考えを知って、「自分ならどういう働き方をするか?」を考えるきっかけになれば幸いです。

では、また。

商品画像
商品名できる人の仕事のしかた[新版]働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」トヨタだけが知っている早く帰れる働き方あなたの会社、その働き方は幸せですか?タニタの働き方革命 (日本経済新聞出版)働き方 完全無双働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社 (毎日新聞…ニトリの働き方働き方5.0~これからの世界をつくる仲間たちへ~(小学館新書)働き方のデジタルシフト —— リモートワークからはじめる、しなや…働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける組織と働き方を「変える・変えない・先延ばす」さて、どうする?ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<202…ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
価格¥1,568¥1,540¥1,282¥1,568¥1,568¥773¥1,500¥1,463¥902¥1,881¥1,155¥1,485¥1,650¥1,960
商品リンク
  • この記事を書いた人

mono

27歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資350万/お仕事の依頼はこちら

お金を増やす キャリア・働き方

おすすめ本

© 2022 monoblog