ソフトウェアテストのおすすめ本ランキング14選!【2022年】

ソフトウェアテストのおすすめ本ランキング13選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

新しい機能をリリースする際にはトラブル防止のためソフトウェアテストをしますが、安全性を担保しつつ、少しでも工数を減らせたら嬉しいですよね。

この記事では、ソフトウェアテストについての知識を深めてに役立てたい人向けに、「ソフトウェアテストのおすすめ本」を紹介します。

ソフトウェアテストの本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

ソフトウェアテストのおすすめ本ランキング14選!

ソフトウェアテストのおすすめ本を14冊ご紹介します。

はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法

created by Rinker
¥2,376 (2022/10/05 14:06:24時点 Amazon調べ-詳細)

はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法」は、最少のテストケースで最大の効果をあげるためのツールを満載した、小さいけれどすごい本。

同値クラステスト、境界値テスト、デシジョンテーブルテスト、直交表と全ペア技法、状態遷移テスト、ドメイン分析テスト、ユースケーステスト、制御フローテスト、データフローテストなど、テスト技法の必須項目の全てについて詳しく解説されています。

平易で実践的な例題を使い、手順を1つ1つ追って説明しているので、新人プログラマや初級のテスト担当者や、「いまさら人に聞けない」ベテランの人におすすめの本です。

知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト【改訂版】

知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト【改訂版】」は、エンジニアとしての心得やソフトウェアテストにできること、できないこと、初心者がまず知っておかなければならない事にはじまり、テスト手法の基礎とポイント、新しい開発手法に対応したテストの考え方など、テスト技術者にとって不可欠な知識と情報が書いている本。

アプリケーション開発、システム開発、組み込み開発、さらにはアジャイル、クラウドまで、テスト界の第一人者による現場で必須の手法+学術的根拠のエッセンスなど、詳しく解説されています。

テスト技術者の入門書や最適の定番書など、ソフトウェア開発現場について詳しく解説されているので、ソフトウェアテストに携わる初歩のエンジニア/テスト技術者を育成・要請したい人におすすめの本です。

【この1冊でよくわかる】ソフトウェアテストの教科書品質を決定づけるテスト工程の基本と実践

【この1冊でよくわかる】ソフトウェアテストの教科書品質を決定づけるテスト工程の基本と実践」は、基礎からしっかり、体系的に学習できる世界一わかりやすい「テストの教科書」な本。

4つのテスト技法を用いた欠陥の検出方法や、品質を決定づけるテスト工程の全体像と実施方法など、詳しく解説されています。

丁寧な解説、平易な文章 で体系的に学ぶことで、実践力を培うことができ、ソフトウェアテストにおける基本的な考え方初学者を対象とした丁寧な解説、平易な文章 ●体系的に学ぶことで、実践力を培うことができる ●ソフトウェアテストにおける基本的な考え方を学べるので、初めから知りたい人におすすめの本です。

マンガでわかるソフトウェアテスト入門テスターちゃんVol.1

マンガでわかるソフトウェアテスト入門テスターちゃんVol.1」は、ソフトウェアテストのやり方や技法、用語をマンガでわかりやすく説明する本。

「テストってこういうものなんだ。大切なんだ」や「こういう風にやるんだ」ということが労なくパッとわかるなど、ということをイメージして詳しく解説されています。

ソフトウェアテストの会社(部署)に入社したばかりの人の教育用に描いてあるので、新しく入った方や、また「テストって何」?というようなソフトウェアテストの考え方を知りたい企画者、開発者したい人におすすめの本です。

ソフトウェアテスト自動化の教科書〜現場の失敗から学ぶ設計プロセス

ソフトウェアテスト自動化の教科書〜現場の失敗から学ぶ設計プロセス」は、自動テストの基礎知識、設計・プロセスに焦点を当て、どのように進めればリスクを抑えながらコスト削減を実現できるかまとめた本。

ソフトウェアテスト自動化の基礎知識や、自動化の進め方、実践方法など、実業務でテスト自動化するための知識について詳しく解説されています。

現場のさまざまな失敗例を交えながら、成功する設計ノウハウについて述べられているので、ソフトウェア開発の現場でテストを担当する人、自動テストに失敗した経験がある人におすすめの本です。

ISO/IEC/IEEE29119ソフトウェアテスト規格の教科書

ISO/IEC/IEEE29119ソフトウェアテスト規格の教科書」は、ソフトウェア国際規格の解説本。

ISO/IEC/IEEE29119ソフトウェア規格の紹介や、それらの規格を用いる場合の例など、日本人向けに詳しく解説されています。

規格に関してWG長だった著者の要所・要所に則つた徹底解説がされているので、規格に初めて触れる人におすすめの本です。

ソフトウェアテスト293の鉄則

created by Rinker
¥1,320 (2022/10/05 14:06:28時点 Amazon調べ-詳細)

ソフトウェアテスト293の鉄則」は、現場でテストをしている人が読むべき本。

テストを実施する上でのポイントや、本当に必要なテスト技術など、テストについて成功に導く方法について詳しく解説されています。

テストの方法のエッセンスを凝縮して記載してので、テストを行う人だけでなくテストを管理していきたい人におすすめの本です。

ソフトウェア・テストの技法第2版

created by Rinker
¥1,760 (2022/10/05 14:06:28時点 Amazon調べ-詳細)

ソフトウェア・テストの技法第2版」は、ソフトウェアテストの概念、取り組む姿勢、実用的な手法など、ソフトウェアテストのあらゆる基礎を納めた本。

作ったソフトウェアが意図した通りに動くことや、意図していないことはしないようにするにはどうしたらよいかなど、もっとも根本的な問題について詳しく解説されています。

第8章を全面的に書き換え、第9章と付録を新たに追加したので、インターネット時代に合ったソフトウェアの品質を確保したい人におすすめの本です。

AIソフトウェアのテスト

created by Rinker
¥2,750 (2022/10/05 14:06:29時点 Amazon調べ-詳細)

AIソフトウェアのテスト」は、正解を定義できないからこそAIを使う」ことから生じる矛盾を乗り越え、読者がAIシステムをテストできるようになる本。

AIシステムのテストの難しさと、考え方の説明や、いくつかのテスト技術について説明するなど、テストを実行するためのソフトウェアの導入方法や実行例も含めながら詳しく解説されています。

AIソフトウェア向けの新しいテストの方法を説明してるので、AIソフトウェアのテスト方法がわからず困っている技術者や、AIシステムに品質問題が発生しないか心配な品質保証担当者、あるいは自社の業務にAIを導入したいけれど、知識不足に不安を抱いている事業を担当している人におすすめの本です。

ソフトウェア品質を高める開発者テストアジャイル時代の実践的・効率的なテストのやり方

ソフトウェア品質を高める開発者テストアジャイル時代の実践的・効率的なテストのやり方」は、アプリ・システム開発において、バグを減らすために 開発者が行うべきテスト(開発者テスト)についてわかりやすく解説された本。

単体テストやリファクタリング、アジャイル開発での品質担保、テストの自動化など、開発者テストを実施し、ソフトウェアの品質を向上するために知っておくべき概念・手法について詳しく解説されています。

品質コンサルタントとして長年培ってきた筆者の経験をもとにした実例が多数掲載されているので、プログラミングや開発者テストでのバグを減らしたい人におすすめの本です。

ソフトウェアテスト技法練習帳~知識を経験に変える40問~

ソフトウェアテスト技法練習帳~知識を経験に変える40問~」は、実践的なシチュエーションを想定した「ソフトウェアテスト技法」に関する問題が掲載されている本。

同値分割法、境界値分析、状態遷移テストや、組合せテストなど、テスト技法の知識を活かすべき実例について詳しく解説されています。

問題集形式で実例と知識を結びつける練習ができるので、ソフトウェアテスト技法を実務に活かす方法、考え方を学びたい人におすすめの本です。

[改訂新版]マインドマップから始めるソフトウェアテスト

[改訂新版]マインドマップから始めるソフトウェアテスト」は、マインドマップを活用したテストパターン抽出方法を記した本。

マインドマップを使って、テストパターンを洗い出す手法や、テスト観点の洗い出しなど、マインドマップの利点をテストケース作成に応用する方法について詳しく解説されています。

まとめるのに手間の掛かるテストパターンやテスト観点をマインドマップでひと目で分かる形で整理できる方法が書かれていますので、テストパターンやテスト観点を解りやすくまとめたい人におすすめの本です。

失敗しないソフトウエアテスト実践ノウハウ

created by Rinker
¥2,475 (2022/10/05 14:06:31時点 Amazon調べ-詳細)

失敗しないソフトウエアテスト実践ノウハウ」は、ソフトウエアテストに関する実践的なノウハウをわかりやすく解説している本。

押さえておくべきテストの基本や、現場が抱える課題への回避策や対処策など、生産性を上げ、品質を効率よく高めるための方法について詳しく解説されています。

現場での豊富な経験を基に実践的な方法が紹介されているので、すでに現場でシステム開発を手掛けていて効率を求めている人におすすめの本です。

Selenium実践入門 自動化による継続的なブラウザテスト

Selenium実践入門 自動化による継続的なブラウザテスト」は、Webブラウザテスト自動化への取り組み方,具体的な手順などについて解説している本。

SeleniumやWebDriver、便利な各種ライブラリなど、エンジニアがWeb アプリケーションテストの自動化を実現するための知識について詳しく解説されています。

サイボウズやDeNAの事例も紹介されているので、他企業の取り組みを参考にしたい人におすすめの本です。

あわせて読みたい
Seleniumのおすすめ本ランキング11選!【2022年】 Seleniumはスクレイピングや自動ウェブテストのソフトウェアによく使われるプログラムです。 この記事では、Seleniumについての知識を深めて業務自動化に役立てたい人向...

まとめ

今回は、「ソフトウェアテストのおすすめ本」について解説しました。

完成度の高いソフトウェアテストを実施して、効率よくプロダクトの品質向上を目指しましょう。

では、また。

目次