SUBSTITUTE関数の使い方!複数文字列を置換する方法についても解説

2020-01-06

SUBSTITUTE関数の使い方!複数文字列を置換する方法についても解説
考える人
考える人
スプレッドシートで文字列を置換できる関数を知りたい。複数の文字列を置換する方法も知りたい

スプレッドシートで文字列を置換するなら「SUBSTITUTE関数」を使うのがおすすめです。

SUBSTITUTE関数を使えば複数文字列を同時に置換したり、他の関数と組み合わせることで複数セルの文字列を置換することもできます。

当記事では、

  1. SUBSTITUTE関数とは何か
  2. SUBSTITUTE関数の構文・使い方
  3. SUBSTITUTE関数で複数置換を同時にする方法
  4. 複数文字列を置換する方法
  5. 複数セルを置換する方法

について解説します。

SUBSTITUTE関数とは何か

SUBSTITUTE関数は「文字列内の既存のテキストを新しいテキストに置換する関数」です。

文字列の文字を置換して別の文字列を生成したい場合には、SUBSTITUTE関数を使いましょう。

SUBSTITUTE関数の構文・使い方

SUBSTITUTE関数は以下の構文で動作します。

=SUBSTITUTE(検索対象のテキスト, 検索, 置換, 出現回数)

文字列で指定する場合は「""」もしくは「''」で囲うのを忘れないようにしましょう。

SUBSTITUTE関数で複数置換を同時にする方法

「SUBSTITUTE関数」で検索すると、サジェストで「SUBSTITUTE関数 複数」というキーワードが出てきました。

というわけで、ここからはSUBSTITUTE関数の応用編として

  • 複数文字列を置換する方法
  • 複数セルを置換する方法

複数文字列を置換する方法

複数文字列を同時に置換するには、下記のようにSUBSTITUTE関数を複数組み合わせることで実現できます。

=SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(検索対象のテキスト)))

数が多くなると少し見にくいと思うので、改行するなどして見やすいように工夫してください(「Ctrl + Enter」で改行)。

複数セルを置換する方法

複数セルを置換するには、ARRAYFORMULA関数を組み合わせます。

=ARRAYFORMULA(SUBSTITUTE(検索対象のセル範囲,検索,置換))

指定したセル範囲すべてにSUBSTITUTE関数が適用されるので、1セルだけで完結するので管理がとても楽になります。

まとめ

今回は「SUBSTITUTE関数とは何か」「SUBSTITUTE関数の構文・使い方」「SUBSTITUTE関数で複数置換を同時にする方法」について解説しました。

SUBSTITUTE関数を使えば、簡単に複数文字列を同時に置換したり、他の関数と組み合わせることで複数セルの文字列を置換することができます。

一度の記述で自動的に置換できて、いちいち手動で置換するのが億劫な人は特におすすめなので、ぜひ使ってみてください。

では、また。

【保存版】スプレッドシート関数一覧!業務が爆速化する関数33選

続きを読む


【2019年】スプレッドシートの勉強におすすめの本7選【網羅しました】

続きを読む

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

スキルを磨く スプレッドシート

スプレッドシート関数

© 2021 monoblog