QUERY関数で文字列を「含まない」行を抽出する2つの方法とは?

2020-01-17

QUERY関数で文字列を「含まない」行を抽出する2つの方法とは?
考える人
考える人
スプレッドシートのQUERY関数で特定の文字列を含まない行を抽出するにはどうしたら良いんだろう

スプレッドシートのQUERY関数で特定の文字列を「含まない」行を抽出したい場合は「NOT+LIKE」もしくは「NOT+CONTAINS」を使いましょう。

当記事では、

  1. NOT+LIKEで文字列を含まない行を抽出する方法
  2. NOT+CONTAINSで文字列を含まない行を抽出する方法

について解説します。

文字列を「含まない」条件の考え方・作り方

QUERY関数で文字列を含まない行を抽出するための考え方としては、以下のように考えるとシンプルです。

=QUERY(範囲,"where NOT(含むの条件式)"

要するに、「含むの条件式をNOTで逆にする」ということです。含むの逆は「含まない」なので、上記の考え方で条件式を記述していきます。

QUERY関数で文字列を含まない行を抽出する2つの方法

QUERY関数で文字列を含まない行を抽出する方法は大きく2種類あります。

  • NOT+LIKEを使う方法
  • NOT+CONTAINSを使う方法

では、「どちらの方法が良いのか?」についてですが、ぶっちゃけどちらでも良いです。

返ってくる結果は同じなので、やりやすい方、構文を覚えている方で問題ありません。SUM関数も「SUM(A1:A2」と書いても「SUM(A1,A2)」と書いても結果は同じですよね?それと同じです。

NOT+LIKEを使う

NOT+LIKEは以下の構文で動作します。

=QUERY(範囲,"where not(列 like '%文字列%')")

NOT+CONTAINSを使う

NOT+CONTAINSは以下の構文で動作します。

=QUERY(範囲,"where not(contains 列 '文字列')")

まとめ

今回は「NOT+LIKEで文字列を含まない行を抽出する方法」「NOT+CONTAINSで文字列を含まない行を抽出する方法」について解説しました。

QUERY関数で文字列を含まない行のみ抽出するには、「NOT(含むの条件式)」を記述すればOKです。初めは構文がややこしく感じるかもしれませんが、気にせずバンバン使って、徐々に慣れていきましょう。

では、また。

[ninki postid="309"]

QUERY関数の解説本【kindle unlimitedで無料】

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

スキルを磨く スプレッドシート

QUERY関数 スプレッドシート関数

© 2021 monoblog