リース会計のおすすめ本ランキング12選!【2024年】

リース会計のおすすめ本ランキング12選!【2023年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

この記事では、リース会計について本で勉強したい人向けに、「リース会計のおすすめ本」を紹介します。

リース会計の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

リース会計のおすすめ本ランキング12選!

リース会計のおすすめ本を12冊ご紹介します。

実務入門IFRSの新リース会計

実務入門IFRSの新リース会計」は、2016年1月に公表されたIFRS第16号「リース」がやさしくわかる本。

単なる会計基準の説明や、IFRSのリース会計の新基準を実務において実際に適用する場面で想定される論点など、IFRSの新リース会計について詳しく解説されています。

日本のリース基準からIFRSのリース会計の新基準への移行による影響についても幅広く解説し、設例や図表も多いので、経理・財務を担当している人におすすめの本です。

この1冊でわかるリースの税務・会計・法律

この1冊でわかるリースの税務・会計・法律」は、リースの魅力を徹底解説した本。

陳腐化リスクへの対応や資金調達の問題、管理業務への影響など、リースを有効活用するための知識について詳しく解説されています。

リースにまつわる基礎知識から最新の状況まで幅広く解説した本なので、リースを実務に取り入れたい人におすすめの本です。

リース業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書

リース業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書」は、リース業界の儲けの仕組みと業界の全体像,具体的な仕事の内容をまとめた本。

顧客に資金を貸す代わりに,物件を購入してそれを貸し出すリースのビジネスモデル、いわば一種の金融業であることなど、詳しく解説されています。

リース取引に対する会計基準が変更され,これまで資産としてみられなかった船舶,飛行機,倉庫などにも,バランスシートへの記載が義務づけられようとしているので、リース業界の新人の人におすすめの本です。

リース取引の基本と仕組みがよ~くわかる本

リース取引の基本と仕組みがよ~くわかる本」は、初心者向けにわかりやすく解説した入門書となる本。

基本的な知識や活用方法や、税務、会計、法務といった専門知識など、リースについて詳しく解説されています。

IFRSの新リース会計基準の最新動向および、SDGsとリースの関係について加筆だれ、実務にすぐ役立つ関連資料が収録されているので、リースを活用したい人におすすめの本です。

リース会計のしくみ

リース会計のしくみ」は、実務で使うリース会計の全体像が見える本。

会計処理の比較や、中途解約の会計処理、税務上の取扱い、リース会計の今後など、リース会計の疑問について詳しく解説されています。

ビジュアルを交えて見開2ページで一つの事柄をわかりやすく説明されているので、最初の入門書として勉強したい人におすすめの本です。

キーワードでわかるリースの法律・会計・税務

キーワードでわかるリースの法律・会計・税務」は、IFRSの新基準、新たなリース取引の全容を詳解した本。

「法律・会計・税務」の主要な論点や、最新の動向など、リース取引実務に必要な知識について詳しく解説されています。

関連する重要な用語を「キーワード」として整理し、キーワードをコンパクトに解説することで理解の助けとなるので、新たなリース取引を学びたい人におすすめの本です。

リースの実務いちばん最初に読む本

リースの実務いちばん最初に読む本」は、すぐに役立つ入門実務書の決定版となる本。

利用する際に必須の基礎知識や、法律・会計・税務の貸す側・借りる側の取扱いと処理のしかたなど、リースについて詳しく解説されています。

かしこい活用法まで、リースに関するあらゆる知識と実務手続きを、イラスト図解を交えてやさしく解説してくれるので、経理を担当している人におすすめの本です。

やさしくわかるリース会計

やさしくわかるリース会計」は、リース取引に関する会計基準を効率的に理解できるよう解説している本。

リース会計の基礎から特殊リースとその他の論点など、リース会計について図表化を用いて詳しく解説されています。

主要論点は図表化し、視覚的によって理解を促進している本なので、リース会計の基礎から勉強したい人におすすめの本です。

リース会計実務の手引き 新形態のリースに対応

リース会計実務の手引き 新形態のリースに対応」は、IFRSに関する解説が充実した改訂版となる本。

従来からあるリース取引形態や、新しい取引形態など、リース会計実務の処理方法について詳しく解説されています。

借手側・貸手側双方の処理や実務上の留意点も解説されているので、リース会計の実務を担当している人におすすめの本です。

リースの会計と税務

リースの会計と税務」は、リース取引に関する基礎知識から租税法に関する論点まで幅広く解説している本。

ース取引に関する基礎知識から借手の会計処理と租税法など、リース会計における基礎から租税法の論点まで詳しく解説されています。

会計基準、適用指針及び租税法の構造分析表なども掲載しているので、リース会計を幅広くこれから学びたい人におすすめの本です。

Q&A業種別会計実務10リース

created by Rinker
中央経済社
¥2,530 (2024/03/02 21:49:35時点 Amazon調べ-詳細)

Q&A業種別会計実務10リース」は、 IFRS第16号「リース」や,収益認識会計基準(2021年4月より適用)をフォローした本。

リース取引の範囲や分類判定方法や、セール・アンド・リースバック取引、転リース取引、協調リース取引、リースの種類ごとの信用リスクといった特徴的な会計処理など、リースについて詳しく解説されています。

リース業・リース取引の特性を踏まえて、現行のリース会計の背景にある考え方、リース特有の会計処理等を図表や設例を用いて解説しているので、リース取引の実務をたい人におすすめの本です。

リース会計基準の論理

リース会計基準の論理」は、リース会計基準を理解するために必要な設定根拠・理論、設定の経緯などについて説明している本。

リース会計基準の理論からその設定根拠など、リース会計の専門家が説例も含めながらリース会計について詳しく解説されています。

現行の会計制度にいかなる諸問題がどんな理由で存在しているのかを把握できる内容になっているので、リース会計の今を学びたい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「リース会計のおすすめ本」について解説しました。

今回ご紹介した本が、リース会計の勉強に役立てば幸いです。

では、また。

あわせて読みたい
会計学の勉強におすすめの本ランキング15選!【初心者にもわかりやすい入門書】 ビジネスで欠かせない3つの知識としてよく語られるのが「IT」「会計」「英語」。 事業拡大することも大切ですが、会社の状況を語る上で会計学を避けては通れません。 こ...

この記事を書いた人

28歳♂Webアナリスト/おすすめ本と生活改善グッズ紹介サイトmonoblog.jp他4サイト運営15万PVほど/楽天経済圏/リベ大生/サウナ/筋トレ/お仕事の依頼はこちら

目次