仕組み化のおすすめ本ランキング13選!【2022年】

仕組み化のおすすめ本ランキング12選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

事業を大きくする上で業務効率化や仕組み化は重要です。

この記事では、仕組み化のノウハウを知りたい人向けに、「仕組み化のおすすめ本」を紹介します。

仕組み化の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

仕組み化のおすすめ本ランキング13選!

仕組み化のおすすめ本を13冊ご紹介します。

結果が出る仕事の仕組み化

created by Rinker
¥1,568 (2022/07/07 09:27:46時点 Amazon調べ-詳細)

結果が出る仕事の仕組み化」は、これまで業務改善コンサルタントの秘中の秘であった現場でできる「仕組み化」の実践的ノウハウを余すことなく開示した本。

「見える化」「標準化」「マニュアル化」「ツール化」や、業務の自動化、半自動化など、働き方改革に欠かせない「仕事の仕組み化」について詳しく解説されています。

現場で実践できる生産性向上の切り札が学べるので、働き方改革を掛け声だけで終わらせず、生産性向上という果実を引き出したい人におすすめの本です。

あわせて読みたい
業務効率化のおすすめ本ランキング10選!【2022年】 限られたリソース、人員、時間の中で最大の成果を出すためには業務効率化が欠かせませんよね。 この記事では、業務効率化したい人向けに、「業務効率化のおすすめ本」を...

最少の時間と労力で最大の成果を出す仕組み仕事術

最少の時間と労力で最大の成果を出す仕組み仕事術」は、10万部突破のベストセラーにして仕事術の定番書でもある『「仕組み」仕事術』が、図解版になって再登場した本。

「ルーチンワークの仕組み化」や、「自分がやったほうが早いをやめる」など、イヤでも仕事がうまくいく「仕組み」について詳しく解説されています。

才能に頼らない、意思の力に頼らない、記憶力に頼らない―できるビジネスマンの「仕組み」づくりが学べるので、仕事効率を改善し、時間を活かしたい人におすすめの本です。

図解仕組み仕事術

created by Rinker
¥880 (2022/07/07 09:27:48時点 Amazon調べ-詳細)

図解仕組み仕事術」は、ビジネスマンが仕事を効率よくすすめるための仕組みが書かれている本。

チェックシートや、ToDoListなど、仕事を正確に遂行しスケジュール管理をする手法について詳しく解説されています。

そもそもなぜ「仕組み」があると仕事ができる人になるかという理由から書かれているので、同僚がなぜ仕事ができるのかと知りたい人におすすめの本です。

あわせて読みたい
仕事術のおすすめ本ランキング19選!【2022年】 効率的に仕事ができる人、仕事で大きな成果を残せる人は自分なりの仕事術を持っていることがほとんどです。 この記事では、自分に合った仕事術を身につけたい人向けに、...

無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい

無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい」は、赤字38億円からのV字回復を実現したシンプルな仕事哲学を紹介した本。

18時30分以降は自分の時間や、報・連・相はいらないなど、決まったことを、決まった通り、キチンとやるというシンプルな経営哲学について詳しく解説されています。

無印良品を蘇らせた経営者が語るシンプルな経営哲学なので、どのようにして現在の無印になったのかを知りたい人におすすめの本です。

無印良品のPDCA 一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!

無印良品のPDCA一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!」は、結果を出し自らの成長を促す手帳の使い方について紹介した本。

無印良品時代の経験を絡めたマネジメントと経営のための思考など、無印良品をV字回復させ、常勝経営を実現した名経営者の秘密である手帳の使い方について詳しく解説されています。

シンプルにPDCAサイクルを回すツールとして欠かせない手帳の使い方について書かれているので、手帳の果たす役割について興味のある人におすすめの本です。

あわせて読みたい
PDCAサイクルのおすすめ本ランキング13選!【2022年】 PDCAサイクルは、目標達成を目指す改善活動の基本ですよね。しかし、PDCAサイクルについて深く考えたり自分なりの意見を持つ人は少ないのではないでしょうか? この記事...

ガーバー流社長が会社にいなくても回る仕組み経営

ガーバー流社長が会社にいなくても回る仕組み経営」は、社長がいなくても成長する驚異の仕組みについて解説した本。

社員を社長の頭に変える、マニュアルが会社を成長させるなど、社長がいなくても成長する驚異の仕組みについて詳しく解説されています。

世界NO.1スモールビジネスコンサルタントであるマイケル・E・ガーバーの教えを書いた本なので、事業の仕組み化について興味がある人におすすめの本です。

年商1億円を目指す社長の仕組化の教科書

created by Rinker
¥1,568 (2022/07/07 09:27:50時点 Amazon調べ-詳細)

年商1億円を目指す社長の仕組化の教科書」は、実際に複数の会社を経営している、本物の経営者が経営の仕組化について書いた本。

現在進行系で経営している会社に適用した改善事例や、経営者が最短で事業を自走化、安定化させるためのエッセンスなど、経営の仕組化について詳しく解説されています。

社長がいなくても社員が判断して遂行する組織の作り方が学べるので、これから起業するにあたって組織のあり方を勉強したい人におすすめの本です。

アイデアのつくり方を仕組み化する

created by Rinker
¥1,760 (2022/07/06 23:55:39時点 Amazon調べ-詳細)

アイデアのつくり方を仕組み化する」は、誰でも、クリエイティブなアイデア発想を身につけることができるようになる本。

クリエイティブなアイデアへのルート探査や、目の前の課題を解決するヒラメキ発想を生むルート実行など、アイデア発想から実行までのプロセスについて詳しく解説されています。

アイデア発想の暗黙知を初めて可視化した最強のビジネスマニュアルが学べるので、誰もが憧れる発想豊かなビジネスパーソンになりたい人におすすめの本です。

あわせて読みたい
アイデア・発想力のおすすめ入門本ランキング16選!【DaiGo著書も紹介】 「仕事やプライベートの問題を打破する画期的なアイデアを考えても、出てくるのは平凡なアイデアばかり…もっと優れた発想力があったらなぁ」と悩んでいませんか? この...

ファンをつくる力デジタルで仕組み化できる、2年で25倍増の顧客分析マーケティング

ファンをつくる力デジタルで仕組み化できる、2年で25倍増の顧客分析マーケティング」は、川崎ブレイブサンダースのマーケティング領域を統括してきた藤掛直人氏によるファン層を広げてきたその取り組みを余すところなく公開した本。

観客動員数リーグ1位やTikTokフォロワー国内プロスポーツクラブ2位など、ファンをつくるノウハウについて詳しく解説されています。

川崎ブレイブサンダースでのNFTもいち早く導入や最先端のデジタル戦略について紹介されているので、日本のプロスポーツクラブにおいてファンを増やす方法について知りたい人におすすめの本です。

営業を仕組み化し、部下のやる気を最大化する、最強のチーム創りザ・マネジメント

営業を仕組み化し、部下のやる気を最大化する、最強のチーム創りザ・マネジメント」は、伝説のトップマネジャーが、 現場で培った生々しい経験から綴る、 超実用的ビジネス・ストーリーの本。

「個々の経験やスキルには関係なく、誰がやっても同じ程度の成果が期待できる仕組みを作ること」や、「プロセスの見える化と付帯業務削減」など、今すぐ実行できる具体的な革新のアイディアについて詳しく解説されています。

一人ひとりの意識を変える営業マネジメントを改革手法が学べるので、管理職で働き方を改革し自分のチームのステージを上げたい人におすすめの本です。

営業は仕組みで9割決まる 仕組みで常勝営業チームをつくる方法

営業は仕組みで9割決まる 仕組みで常勝営業チームをつくる方法」は、どんな人でも成果が出る「仕組み」のつくり方を教授する本。

営業活動の定義づけや、情報の共有など、営業の仕組み化とデータをもとにした「科学的」な営業方法について詳しく解説されています。

どんなバックグラウンドを持っていても、能力が足りなくても成果を出せる営業の仕組み化が学べるので、マネージャー・経営者で営業チームの成績を底上げしたい人におすすめの本です。

自分とチームの生産性を最大化する最新仕組み仕事術

自分とチームの生産性を最大化する最新仕組み仕事術」は、仕事に「仕組み」を取り入れることで仕事量と労働時間を減らし、さらに安定した成果を上げることを提唱した前作の『「仕組み」仕事術』が最新のIT・クラウド事情に合わせて、9年ぶりに「最新版」として帰ってきた本。

「Gmail式プロジェクト管理術」や、「共同編集型会議」など、「仕組み」を最大限に取り入れる「究極の仕事術」について詳しく解説されています。

「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方と実践法が学べるので、仕事を人に振れずいつも一人で抱え込んでいて、業務を効率化したい人におすすめの本です。

マネジャーの最も大切な仕事95%の人が見過ごす小さな進捗の力

マネジャーの最も大切な仕事95%の人が見過ごす小さな進捗の力」は、組織が成果を出すためにマネージャーが心がけるべきコツが書かれている本。

社員が仕事に遣り甲斐を感じる手法や、仕事がうまくいくように支援するなど、社員の生産性をあげる手法について詳しく解説されています。

社員を組織を置くことで成果をだす思想が掲載されているので、社員を成長させモチベを向上させることで組織的な成果をだしたい人におすすめの本です。

あわせて読みたい
マネジメントのおすすめ本ランキング21選!【2022年】 「マネージャーになったはいいけど、マネジメントって何をすればいいんだ?」と悩んでいませんか? この記事では、マネージャーやリーダーとして必要なマネジメントスキ...

まとめ

今回は、「仕組み化のおすすめ本」について解説しました。

仕組み化の手順を知って、正確かつ効率的なオペレーションの構築を目指しましょう。

では、また。

目次
トップへ
目次
閉じる