サイコパスの勉強におすすめの心理本ランキング10選!【2021年】

2021-02-05

サイコパスの勉強におすすめの心理本ランキング10選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

みなさん「サイコパス」についてどれくらいご存知でしょうか?

「無感情」「冷酷無比」「自己中心」など人によってさまざまな印象を持っているかと思いますが、サイコパスはそのいずれにも当てはまる存在ではありません。

では、サイコパスとは一体どのような存在なのでしょうか。

サイコパスの真の正体を知りたい人向けに、この記事では「サイコパスのおすすめ入門本」を紹介します。

サイコパスの本を探している人はぜひ参考にしてください。

サイコパスのおすすめ入門本10選!

サイコパスのおすすめ入門本を10冊ご紹介します。

サイコパス

created by Rinker
文藝春秋
¥858 (2021/04/13 09:25:55時点 Amazon調べ-詳細)

サイコパス」は、サイコパスについて脳科学的に解明されている事を解説している本。

サイコパスの正体について最新の脳科学の研究で解明された事が詳しく解説されています。

サイコパスについての最新の科学的な研究で解明された知識を得られるので、サイコパス的な人が身近にいる人や、自分がサイコパスかもしれないと考えているような人におすすめの本です。

著者の中野信子さんの本については、下記の記事でまとめています。

中野信子さん著書のおすすめ本ランキング20選【新刊も紹介】

まんがでわかる隣のサイコパス

まんがでわかる隣のサイコパス」は、世間に潜むサイコパスな資質の人たちをわかりやすく紹介する本。

身近にありそうな例を上げて、サイコパスとはどういうものかについて詳しく解説されています。

まんがと解説でわかりやすく書かれているので、サイコパスについて知りたいけど文章だけだとちょっと…というような人におすすめの本です。

サイコパスに学ぶ成功法則

created by Rinker
¥1,760 (2021/04/13 13:14:04時点 Amazon調べ-詳細)

サイコパスに学ぶ成功法則」は、サイコパスが持つ成功法則を体系的にまとめている本。

サイコパスの性質について、本人にとって良い面や成功者としての素質について詳しく解説されています。

自分の中にある内なるサイコパスを目覚めさせる内容なので、サイコパスを学び成功者を目指すような人におすすめの本です。

サイコパスの真実

サイコパスの真実」は、ヴェールに包まれたサイコパスの素顔に迫る本。

魅力的な人柄なのに感情自体は薄っぺらい性格の謎や、犯罪者特有の脳の機能や構造など、サイコパスの正体について詳しく解説されています。

最先端の犯罪学の知見に基づいてサイコパスの特徴を考察しているので、サイコパスがなぜ残虐な犯罪を犯せるのか興味があるような人におすすめの本です。

サイコパス秘められた能力

created by Rinker
¥2,640 (2021/04/13 15:47:09時点 Amazon調べ-詳細)

サイコパス秘められた能力」は、サイコパスの心理について書かれた本。

サイコパスの明るい面の心理や、暗い面の心理について詳しく解説されています。

サイコパスの心理について書かれていて参考になるので、身近にサイコパスがいて困っている人や不安な人におすすめの本です。

良心をもたない人たち

良心をもたない人たち」は、心理セラピストにより25人に一人はいるというサイコパスな人たちの実態を明かし、身を守る方法をまとめた本。

サイコパスの行動や、良心をもたないとされる実態など、彼らの被害者にならないための対処法について詳しく解説されています。

心理セラピスト歴25年の著者がサイコパスの見分け方と対処法をまとめているので、実は身近にいるあの人がそうではないかと不安な人におすすめの本です。

良心をもたない人たちへの対処法

良心をもたない人たちへの対処法」は、自分や家族をソシオパスから守るための本。

「良心をもたない人」(ソシオパス)について詳しく解説されています。

実例をもとに専門家が具体策を提示しているので、「良心をもたない人」から大切なものを守りたい、そんな人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「サイコパスのおすすめ入門本」について解説しました。

サイコパスの本性が気になる人は、ぜひ今回ご紹介した本を読んで参考にしてください。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂️関東在住のサイドFIREを目指すブロガー/座右の銘は「知識は誰にも奪われない」/ゆるく稼いで楽しく暮らすライフハック情報をお届けします/アイコンは黎(クロイ)さん。

体調を整える メンタルケア

おすすめ本

© 2021 monoblog