スマホ依存症のおすすめ支援本ランキング10選!【2021年】

2021-03-09

スマホ依存症のおすすめ支援本ランキング10選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

スマホは便利な反面、中毒性が高いツールです。使い方を間違えると、人生を狂わす凶悪な道具になってしまうことも。

この記事では、スマホ依存症についての知識を深めて、スマホとの正しい付き合い方を知りたい人向けに、「スマホ依存症のおすすめ支援本」を紹介します。

スマホ依存症の本を探している人はぜひ参考にしてください。

スマホ依存症のおすすめ支援本10選!

スマホ依存症のおすすめ支援本を10冊ご紹介します。

スマホ脳

created by Rinker
新潮社
¥1,078 (2021/08/01 22:43:04時点 Amazon調べ-詳細)

スマホ脳」は、現代人の多くが10分に1回は手に取っているスマホによるうつ、睡眠障害、学力の低下など恐るべき真実を語っている本。

スマホが人間に与える様々な体や脳の変化や、IT業界のトップたちが我が子にスマホなどを触らせなかった理由など、現代人がスマホに依存するとどうなってしまうかが詳しく解説されています。

教育大国のスウェーデンで社会現象になったので、子供のスマホ依存症が心配な人におすすめの本です。

スマホが学力を破壊する

スマホが学力を破壊する」は、スマホに依存して学力が下がる理由について書かれている本。

スマホ使用のリスクについて詳しく解説されています。

スマホ依存がもたらす影響について書かれているので、スマホ依存気味な人におすすめの本です。

スマホ依存から脳を守る

created by Rinker
朝日新聞出版
¥869 (2021/08/01 22:43:05時点 Amazon調べ-詳細)

スマホ依存から脳を守る」は、スマホとうまく付き合うことについて考えさせてくれる本。

スマホ依存症について詳しく解説されています。

スマホとうまく付き合う方法が書いてあるので、スマホを使って疲れてしまうような人におすすめの本です。

マンガで分かる心療内科依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ)

マンガで分かる心療内科依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ)」は、精神科医である著者が、ネットやスマホなどの娯楽への依存症の説明と対処法をマンガ形式で紹介している本。

ポルノ依存やスマホゲームの課金、やめられないSNSやネットゲームをする際にしがちなマルチタスクの弊害など、生活に支障が出るレベルになっている依存症とはどういうものか詳しく解説されています。

依存症を抜ける方法もマンガで分かりやすく描いてくれるので、薄々ネットやスマホで生活が乱れていることは気がついているけれど、厳しく叱られたくない人や難しい文章が苦手な人におすすめの本です。

Q&Aでわかる子どものネット依存とゲーム障害

created by Rinker
少年写真新聞社
¥1,760 (2021/08/02 16:15:00時点 Amazon調べ-詳細)

Q&Aでわかる子どものネット依存とゲーム障害」は、スマホにネットと現代の子供たちの抱える問題について書かれている本。

依存症となった子供への接し方や受診の方法・治療法など詳しく解説されています。

ただ問題を提示するだけでなく対策についてもきちんと書かれているので、現状をどうにかしたいと悩んでいるような人におすすめの本です。

しくじりから学ぶ13歳からのスマホルール

しくじりから学ぶ13歳からのスマホルール」は、リアルな事例でわかるネットでしくじらないためのルール本。

中高生のスマホの失敗談を紹介して、SNSで加害者にも被害者にもならない自分なりの使い方を詳しく解説されています。

中学生・高校生で、SNSで全てを発信して受信してい依存症と思われる子供達に、その実態を講演などしている著書が警笛を鳴らしてくれるので、中学生・高校生も含み親御さんなど心配な人におすすめの本です。

スマホ廃人

スマホ廃人」は、シニアまでスマホを持つ時代となり、スマホに思考を支配されつつある人を救う本。

手放せないスマホ、育児やすぐに返信しなければ仲間外れになってしまうのではないかというグループラインの恐怖、そこから抜け出せる様に賢しこくスマホと付かある方法を詳しく解説されています。

一日中スマホに縛られて生きていくこに苦痛を強いたらていたので、いかにスマホ便利な機器として利用したいスマホに縛られている人の様な人におすすめの本です。

脱ネット・スマホ中毒ver.2.0 炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術

脱ネット・スマホ中毒ver.2.0 炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術」は、ネット依存についての知識を深め、賢くネットと付き合う方法を紹介する本。

著者に寄せられた相談をもとに、依存のきっかけや実態について詳しく解説されています。

漫画や事例を交えて紹介されているので、文章を読むのが苦手な人におすすめの本です。

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教えるそのもの忘れはスマホ認知症だった

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教えるそのもの忘れはスマホ認知症だった」は、スマホ認知症にならないようにする方法が書かれている本。

スマホの使い方、スマホで疲れた脳の休ませ方について詳しく解説されています。

スマホが物忘れの原因になっている可能性があるので、最近、物忘れが多いなと感じるような人におすすめの本です。

親子で読むケータイ依存脱出法

親子で読むケータイ依存脱出法」は、知らず知らずのうちに陥ってしまうケータイ依存の実態と解決方法について書かれた本。

脳科学から見たケータイ依存にハマってしまうカラクリや、わが子がケータイ依存にならないために親としてできることなど、依存症の予防や回復へのヒントについて詳しく解説されています。

ケータイ依存の恐ろしさやその対処法について詳しくわかるので、対応に悩んでいる学校の先生や親子で克服したいというような人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「スマホ依存症のおすすめ支援本」について解説しました。

スマホ依存は誰でもなりうる症状です。トイレやお風呂など、どこでもスマホを手放せなくなっている人は注意してくださいね。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

体調を整える メンタルケア

おすすめ本 依存症

© 2021 monoblog