RでStanのおすすめ入門本ランキング5選!【2021年】

2021-01-01

RでStanのおすすめ入門本ランキング5選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

StanはR言語で用意されている統計モデリングのライブラリです。MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ法)の実装によく用いられます。

この記事ではStanの使い方を知ってMCMCの実装をしたい人向けに、「Stanのおすすめ入門本」について解説します。

Stanの解説本選びの参考にしてください。

Stanのおすすめ入門本5選

Stanのおすすめ入門本を5冊ご紹介します。

ベイズ統計モデリングによるデータ分析入門


ベイズ統計モデリングをデータ分析に活かすことを目的とした入門書です。

ベイズ統計学と統計モデリングの専門書のちょうど間に位置し、実務への適用に視点を向けているのが本書の特徴です。

ライブラリにはR言語のStanを使用しており、理論と実装をバランスよく習得できるでしょう。

StanとRでベイズ統計モデリング

StanとRでベイズ統計モデリング(WonderfulR)」は、フリーソフトであるStanを用いる実際のデータ解析を解説した本。

Stanで記述する階層モデル及び状態空間モデルや、解析者の問題にあわせたオーダーメイドの拡張など、Stanを介した統計モデリングについて詳しく解説されています。

Stanを使ったベイズモデリングの最高峰の入門書なので、学部生や院生でStanを初めて使うような人におすすめの本です。

RとStanではじめるベイズ統計モデリングによるデータ分析入門

実践DataScienceシリーズRとStanではじめるベイズ統計モデリングによるデータ分析入門(KS情報科学専門書)」は、統計、確率、ベイズ推論、MCMCの基本事項が書かれている本。

brmsやbayesplotなどのパッケージの使い方など、一般化線形モデル→一般化線形混合モデル→動的線形モデル)動的一般化線形モデルについて詳しく解説されています。

統計、確率、ベイズ推論、MCMCの基本事項について書かれてるので、大学生や、ソフトウェアエンジニアの様な人におすすめの本です。

時系列分析と状態空間モデルの基礎 RとStanで学ぶ理論と実装

時系列分析と状態空間モデルの基礎 RとStanで学ぶ理論と実装」は、体系的に学べる格好の本。

Box-Jenkins法や、状態空間モデルなど、分析のフレームワークについて詳しく解説されています。

基礎から丁寧に解説しているので、分析のフレームワークを基礎から学びたいような人におすすめの本です。

ベイズ統計モデリング R,JAGS,Stanによるチュートリアル原著

ベイズ統計モデリング R,JAGS,Stanによるチュートリアル原著」は、ベイズアプローチを用いた分析について、三部構成で解説している入門本。

ベイズ推論とモデル・確率の基礎的な考え方から、ベイジアンデータ分析とベイズアプローチのメリットなど、実際のデータにベイズアプローチを適用するまでの、導入・実践・報告までについて詳しく解説されています。

理論と実践のどちらかに偏ることなく、この一冊で導入から報告まで網羅されているので、より高度な分析へとステップアップが必要な人におすすめの本です。

まとめ

今回は「Stanのおすすめ入門本」について解説しました。

Stanの使い方をマスターして、MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ法)実装の役に立てば幸いです。

では、また。

PyStan・PyMCのおすすめベイズ本ランキング4選!【2021年】

MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ法)のおすすめ入門本ランキング10選!

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂️関東在住のサイドFIREを目指すブロガー/座右の銘は「知識は誰にも奪われない」/ゆるく稼いで楽しく暮らすライフハック情報をお届けします/アイコンは黎(クロイ)さん。

スキルを磨く データ分析

R言語 おすすめ本

© 2021 monoblog