PyStan・PyMCのおすすめベイズ本ランキング4選!【2021年】

2021-01-06

PyStan・PyMCのおすすめベイズ本ランキング4選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

「R言語のStanをPythonでも使えたらな〜」「PythonでもMCMC動かしたいな〜」と思ったことはありませんか?

実は「PyStan」「PyMC」というライブラリを使うと、PythonでもMCMCを動かすことができます。

この記事では、PyStan・PyMCについての知識を深めて実生活に役立てたい人向けに、「PyStan・PyMCのおすすめ入門本」を紹介します。

PyStan・PyMCの本を探している人はぜひ参考にしてください。

PyStan・PyMCのおすすめ入門本4選!

PyStan・PyMCのおすすめ入門本を4冊ご紹介します。

いまさら聞けないPythonでデータ分析多変量解析

いまさら聞けないPythonでデータ分析多変量解析」は、基礎的事項の解説本。

多変量解析や、ベイズ分析など、Pythonで行うデータ分析について詳しく解説されています。

基礎的事項を解説しているので、実用的なデータ分析を学びたいような人におすすめの本です。

Pythonによるベイズ統計モデリング

Pythonによるベイズ統計モデリング」は、確率プログラミングのライブラリPyMC3を使ったベイズ統計モデリングの基本をシンプルなデータを使って実践的に解説している本。

PythonのインストールからPyMC3による統計モデルの実装、チェック、拡張まで、特にベイズ流の回帰分析の考え方について詳しく解説されています。

高度な話題についても入門的な解説がされているので、ベイズ統計モデリングの概念や、ベイズ統計のデータ分析への応用についての実践的知識が必要な人におすすめの本です。

Pythonで体験するベイズ推論

created by Rinker
森北出版
¥3,520 (2021/09/20 11:49:13時点 Amazon調べ-詳細)

Pythonで体験するベイズ推論」は、ベイズ推論を用いたデータ解析の方法がわかる本。

ベイズ推論とは何か、統計モデルをPyMCで実装する方法 などについて詳しく解説されています。

ベイズ推論を理解し、実装できるようになるための知識やPythonのコードを知ることができるので、データサイエンティストとして働いているような人におすすめの本です。

Pythonによるベイズ統計学入門

Pythonによるベイズ統計学入門」は、ベイズ統計学を基礎から理解し,Pythonでの実践法を解説した本。

PyMCによるベイズ分析や、マルコフ連鎖モンテカルロ法など、MCMCによるベイズ分析の実践例について詳しく解説されています。

基本的な内容を丹念に解説しているので、初学者や独学者のような人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「PyStan・PyMCのおすすめ入門本」について解説しました。

Pythonでも楽しいStanライフを送ってください。

では、また。

RでStanのおすすめ入門本ランキング5選!【2021年】

続きを読む


MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ法)のおすすめ入門本ランキング10選!

続きを読む

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

スキルを磨く Python・R

おすすめ本

© 2021 monoblog