前処理のおすすめ入門本ランキング6選!【2021年】

2021-04-02

前処理のおすすめ入門本ランキング6選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

データ分析業務の8割は前処理」とも言われています。良い分析は良いデータ、ないしは「良い前処理」から生まれるということですね。

この記事では、前処理についての知識を深めて実生活に役立てたい人向けに、「前処理のおすすめ入門本」を紹介します。

前処理の本を探している人はぜひ参考にしてください。

前処理のおすすめ入門本6選!

前処理のおすすめ入門本を6冊ご紹介します。

前処理大全[データ分析のためのSQL/R/Python実践テクニック]

前処理大全[データ分析のためのSQL/R/Python実践テクニック]」は、データサイエンスに取り組む上で欠かせない前処理スキルの効率的な処理方法を網羅的に習得できる本。

様々なデータ処理のレシピや、R,Python,SQLを用いた実装方法など、前処理のテクニックについて詳しく解説されています。

データサイエンスの現場で重宝する内容なので、データサイエンティストやエンジニアでデータ分析に興味があるような人におすすめの本です。

pandasデータ前処理入門機械学習・データサイエンスで役立つ前処理手法

pandasデータ前処理入門機械学習・データサイエンスで役立つ前処理手法」は、データ処理に必要な定番のライブラリであるpandasを用いた前処理の基本と様々な手法について紹介している本。

初歩的な要約統計量の算出やグループ化やダミー変数、文字列や時系列データの基本操作などについて詳しく解説されています。

初学者向けにシンプルでわかりやすいサンプルを用いて解説されているので、pandasの基本操作方法やデータ構造、さらに前処理の基本理解が必要な人におすすめの本です。

AI、IoTを成功に導くデータ前処理の極意

AI、IoTを成功に導くデータ前処理の極意」は、AIモデルの精度向上を実現する実践的なノウハウをやさしく伝授する本。

データ利活用におけるデータ前処理の重要性や、データ分析ツールを用いた実践方法、IoTやAIにおけるデータ活用プロセスについて詳しく解説されています。

データの前処理に関する実践的なノウハウが事例に基づいてまとめられているので、IoT、AI、ビッグデータ解析の導入に興味があり、実務的なデータ活用プロセスの知識が必要な人におすすめの本です。

Splunkユーザーのためのデータ分析実践バイブル

Splunkユーザーのためのデータ分析実践バイブル」は、あらゆるデータの収集・検索・分析・可視化ができるデータ分析プラットフォーム×機械学習を目的別に解説した本。

データ分析をする上で必要な基礎知識や、データ加工方法の紹介から実際にサンプルケースを用いた分析など、Splunk上で機械学習を実現するMLTKについて詳しく解説されています。

Splunkでの効果的なデータの可視化の方法や機械学習の方法を徹底的に解説しているので、Splunkを用いてデータ分析・機械学習に取り組みたいような人におすすめの本です。

現場のプロが伝える前処理技術

現場のプロが伝える前処理技術」は、テーブルデータ」「自然言語」「画像」の3種類のデータを取り上げ、それぞれの前処理について書かれている本。

「テーブルデータ」「自然言語」「画像」の3種類のデータを取り上げ、それぞれについての前処理を、詳しく解説されています。

データ分析や機械学習についてわかりやすく説明されているので、データ分析をこれから学びたいような人におすすめの本です。

機械学習のための前処理入門

機械学習のための前処理入門」は、「予測」を分析目標とし、構造化データ、画像データ、時系列データ、自然言語について、機械学習における前処理の手順について書かれている本。

データ前処理の基本的なテクニックについて、詳しく解説されています。

実務に近い形で前処理のテクニックが学べるので、手を動かして機械学習に触れたいような人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「前処理のおすすめ入門本」について解説しました。

効率の良い前処理のやり方を身につけて、データ分析業務の効率化に役立ててください。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

スキルを磨く Python・R

おすすめ本

© 2021 monoblog