計量経済学の勉強におすすめの本ランキング15選!【2022年】

計量経済学のおすすめ入門本ランキング14選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

経済学の中でもっとも統計学の知識が必要とされる「計量経済学」。金融業界やデータ分析に興味がある人であれば、計量経済学は知っておいて損のない学問です。

この記事では、計量経済学についての知識を深めて学業や仕事に役立てたい人向けに、「計量経済学のおすすめ本」を紹介します。

計量経済学の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

計量経済学のおすすめ本ランキング15選!

計量経済学のおすすめ本を15冊ご紹介します。

統計学からの計量経済学入門

created by Rinker
¥3,300 (2022/07/06 15:59:02時点 Amazon調べ-詳細)

統計学からの計量経済学入門」は、道筋を追いながら軽量経済学が学べる本。

統計学や、行列操作など、計量経済学について詳しく解説されています。

統計学を用いて順を追った解説がされているので、大学で計量経済学を勉強しようとしているような人におすすめの本です。

部分識別入門 計量経済学の革新的アプローチ

部分識別入門 計量経済学の革新的アプローチ」は、計量経済分野で近年急速に発展している新しい手法の基礎理論が書かれている本。

計量経済学の新たな分析法を論じてるなど、新しい手法を、実証例について詳しく解説されています。

計量経済学の新たな分析法が書かれてるので、計量経済学の基礎の基礎を学んだ人におすすめの本です。

やさしい計量経済学 プログラミングなしで身につける実証分析

やさしい計量経済学 プログラミングなしで身につける実証分析」は、フリー&GUIのソフトで計量経済学の基本が書かれれている本。

gretlを用いて統計学の基礎からていねいに解説など、計量経済学について詳しく解説されています。

経済に関する多くの例題を組み込むとともに、データを提供してるので、計量経済学の基本を学びたい人におすすめの本です。

44の例題で学ぶ計量経済学

created by Rinker
¥3,344 (2022/07/06 15:59:04時点 Amazon調べ-詳細)

44の例題で学ぶ計量経済学」は、経済データを計量経済学的に分析する方法について書かれている本。

経済データを計量経済学的に分析する方法や、複雑な数式をExcelで計算するやり方など、分析結果を解釈するための方法について詳しく解説されています。

44の例題と解釈の仕方について説明されているので、計量経済学を一から学びたいような人におすすめの本です。

計量経済学 NewLiberalArtsSelection

created by Rinker
¥4,180 (2022/07/06 15:59:05時点 Amazon調べ-詳細)

計量経済学 NewLiberalArtsSelection」は、確率・統計の基礎から,ミクロデータを用いた因果関係を識別するための手法,マクロデータを用いた時系列分析手法の解説している本。

学術誌に掲載された実証例など、計量経済学の手法について詳しく解説されています。

練習問題で用いるデータセット,分析コード例などウェブサポートも充実してるので、計量経済学を学びたい人におすすめの本です。

入門空間計量経済学

created by Rinker
¥4,400 (2022/07/06 15:59:05時点 Amazon調べ-詳細)

入門空間計量経済学」は、James P. LeSage 教授とR. Kelly Pace 教授による ”空間計量経済学”の入門的な事が書かれている本。

空間計量経済モデルを用いて実証分析を行うにあたって必要な 理論や実証例など、空間計量経済学について詳しく解説されています。

空間計量経済モデルを用いた理論や実証例がコンパクトにまとめられているので、大学院生や研究者の人におすすめの本です。

計量経済学の第一歩 実証分析のススメ

created by Rinker
¥2,090 (2022/07/06 15:59:06時点 Amazon調べ-詳細)

計量経済学の第一歩 実証分析のススメ」は、仮説に対しの、統計的な分析の方法が学べる本。

計量経済学の回帰分析や操作変数法、パネル・データ分析などの応用手法など、計量経済学で使う分析方法について詳しく解説されています。

分析やデータの処理の方法についてわかりやすく書かれているので、経済学を学んでいる大学生のような人におすすめの本です。

計量経済学のための数学

created by Rinker
¥2,717 (2022/07/06 15:59:06時点 Amazon調べ-詳細)

計量経済学のための数学」は、より進んだ計量経済学を学ぶ際に必要になってくる数学の難所をわかりやすく解説している本。

測度論的確率論の基礎など、測度論的確率論について詳しく解説されています。

計量経済学に必要なポイントのみ絞って非常にわかりやすく説明しているので、学部上級・大学院で計量経済学を学ぼうと考えている人におすすめの本です。

計量経済学

created by Rinker
¥929 (2022/07/06 15:59:07時点 Amazon調べ-詳細)

計量経済学」は、計量経済学について初心者にもわかりやすく理解できる本。

F検定ならびにそれを用いた構造変化の検定方法、分布についてなど、統計学からの計量経済学について詳しく解説されています。

統計学の基礎から計量経済学を学ぶことができるので、統計学をやったことのない学生のような人におすすめの本です。

実証分析のための計量経済学

created by Rinker
¥2,717 (2022/07/06 15:59:08時点 Amazon調べ-詳細)

実証分析のための計量経済学 」は、分かりやすい解説本。

線形回帰分析や、非線形回帰分析など、統計分析について詳しく解説されています。

分析結果の読み方が書かれていますので、入口として最適な本をもとっめるような人におすすめの本です。

新しい計量経済学データで因果関係に迫る

created by Rinker
¥3,080 (2022/07/06 15:59:08時点 Amazon調べ-詳細)

新しい計量経済学データで因果関係に迫る」は、経済データなどの非実験データから因果関係を識別している本。

「非実験データ」から「因果関係」を見極める分析手法など、新しい計量経済学データについて詳しく解説されています。

除外変数バイアス、内生性バイアス、同時方程式バイアスと、因果関係が書かれてるので、経済学部の学生でミクロ計量に関心のある人におすすめの本です。

Rによる計量経済分析 統計科学のプラクティス

Rによる計量経済分析 統計科学のプラクティス」は、必要な仮定はすべて正確に記述,手法の多くにRのコードを明記されている本。

回帰分析/重回帰分析/不均一分析/定常時系列分析/ARCHとGARCHなど、計量経済分析の手法とソフトウェアRによる実行方法について詳しく解説されています。

回帰分析、時系列分析(定常、非定常、GARCHモデルなど)、パネルデータ分析のなかで実際に用いられる手法をなるべく多く取り上げてるので、Rによる計量経済分析を始めたい学生の人におすすめの本です。

Rによる計量経済学

created by Rinker
¥2,926 (2022/07/06 15:59:10時点 Amazon調べ-詳細)

Rによる計量経済学」は、Rを使って統計学の理論や理論経済学を簡潔に解説しながら、Rの手順・アウトプットの解釈を丁寧に解説している本。

「R」を使って統計学の理論や経済モデルを簡潔に解説してるなど、「R」の手順・アウトプットの解釈をについて詳しく解説されています。

計量分析フリーソフトウェアのRを使用方法が書かれれtるので、経済学部で在籍してる学生の人におすすめの本です。

あわせて読みたい
R言語のおすすめ入門本ランキング14選!【初心者向け】 R言語はデータ分析に特化したプログラミング言語です。Pythonは機械学習に秀でているのに対し、R言語は統計モデリングに秀でている特徴があります。 この記事では、R言...

Pythonによる計量経済学入門

created by Rinker
朝倉書店
¥3,740 (2022/07/06 15:59:11時点 Amazon調べ-詳細)

Pythonによる計量経済学入門」は、計量経済学についてをPythonで実践的に学べる本。

確率論の基礎や、回帰分析、因果推論などについて詳しく解説されています。

数理的な内容が出てくるので、経済学部の学生でより深く勉強したい熱心な人におすすめの本です。

あわせて読みたい
Pythonのおすすめ入門本ランキング45選【初心者〜上級者】 「近年需要が高まっているPythonの勉強を始めたいけど、参考書が多すぎてどれを選べばいいか分からない」と悩んでいませんか? Pythonの参考書と一口に言っても、「Pyth...

効果検証入門 正しい比較のための因果推論/計量経済学の基礎

created by Rinker
技術評論社
¥2,948 (2022/07/06 15:59:11時点 Amazon調べ-詳細)

効果検証入門 正しい比較のための因果推論/計量経済学の基礎」は、「単純に比較すると間違った結論に導くデータ」から、より正しい結果を導くための分析手法と考え方について書かれた本。

計量経済学における効果とは何かなど、RCT(ランダム化比較試験)がいかに理想的な方法かを説明について詳しく解説されています。

因果推論の基本から近年の応用的手法まで書かれてるので、ビジネス上多くのデータを取り扱う人におすすめの本です。

あわせて読みたい
因果推論のおすすめ本ランキング12選!【Python・R】 ある事象Aとある事象Bの因果関係を定量的に調べる分析手法を「因果推論」と言います。 この記事では、因果推論の勉強に使える本を探している人向けに、「因果推論のおす...

まとめ

今回は、「計量経済学のおすすめ本」について解説しました。

計量経済学について学んで、経済や金融、データ分析の現場で役立ててください。

では、また。

目次
トップへ
目次
閉じる