環境経済学のおすすめ本ランキング10選!【2022年】

環境経済学のおすすめ本ランキング10選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

環境経済学は、環境問題の原因やメカニズムを解明し、その経済ダメージや解決にかかる経済コスト、解決した際の経済的インパクトなど、環境と経済を絡めて考える学問です。

この記事では、環境経済学についての知識を深めて環境問題の解決やビジネス、研究に役立てたい人向けに、「環境経済学のおすすめ本」を紹介します。

環境経済学の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

環境経済学のおすすめ本ランキング10選!

環境経済学のおすすめ本を10冊ご紹介します。

環境経済学のフロンティア

created by Rinker
¥3,553 (2022/12/07 21:28:10時点 Amazon調べ-詳細)

環境経済学のフロンティア」は、環境経済学の最先端の研究を紹介した本。

産業活動と環境問題や途上国と資源管理など、環境経済学の最先端の研究について詳しく解説されています。

卒業論文はもとより、修士論文、博士論文のテーマを見つける助けとなる著書なので、環境経済学について学びたい人におすすめの本です。

環境経済学入門

created by Rinker
¥3,520 (2022/12/08 00:56:22時点 Amazon調べ-詳細)

環境経済学入門」は、環境経済学のスタンダードな内容をふまえながら、コラムを多数掲載し、最新のトピックを読者に提供している本。

市場と環境 や 保全のためのインセンティブなど、環境経済学について詳しく解説されています。

自然環境を保全する事が、将来における人々の幸福度に影響する事などが書かれているので、環境経済学を学びたい人におすすめの本です。

入門環境経済学 環境問題解決へのアプローチ

入門環境経済学 環境問題解決へのアプローチ」は、経済学の基本から、ごみ有料制、排出量取引まで、環境経済学のすべてをやさしく解説しいている本。

ゴミを捨て、排気ガスや二酸化炭素をまきちらし、環境を汚染している。このようなライフスタイルは持続可能ではないことなど、環境経済学を通じて環境問題解決のアプローチについて詳しく解説されています。

環境経済学の基礎理論、日本の環境問題と環境政策の二部構成で、環境問題に対してとるべき政策を明解に主張している本なので、環境問題解決について学びたい人におすすめの本です。

環境経済学

created by Rinker
¥3,520 (2022/12/08 00:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

環境経済学」は、環境問題を有限な希少資源の効率的利用という経済問題としてみる立場から一貫して分析、解説している本。

環境と社会システム 、環境劣化の経済分析、市場の失敗など、環境問題を経済学の観点から詳しく解説されています。

地球環境問題を地球上の有限な(希少)資源の効率的利用という経済問題としてみる立場から分析し、解決の道筋を探ろうとしている本なので、地球環境問題に興味がある人におすすめの本です。

環境経済入門

created by Rinker
¥880 (2022/12/08 00:56:24時点 Amazon調べ-詳細)

環境経済入門」は、脱原発、持続可能社会へ。成長とどう両立させるか。再生可能エネルギー、温暖化対策の新枠組みまで網羅している本。

環境関連の法律から環境政策・グリーン経営など、環境経済について詳しく解説されています。

ワンウェイ型の経済システム(大量生産→大量消費→大量廃棄)から循環型の経済システム(消費→リサイクル)に転換するため にはどうしたら良いか等が書かれているので、地球環境に優しい経済システムを学びたい人におすすめの本です。

コア・テキスト 環境経済学

コア・テキスト 環境経済学」は、実際の環境問題については最近の話題まで書かれている本。

廃棄物や公害といった(主に日本の)環境問題など、環境経済学について詳しく解説されています。

経済学の視点から環境問題をどのように理解するか、価値評価の難しい環境をどのように評価するか等がかかれているので、経済学の視点から環境問題を考えたい人におすすめの本です。

環境経済学 入門講義

created by Rinker
¥2,200 (2022/12/08 00:56:25時点 Amazon調べ-詳細)

環境経済学 入門講義」は、環境経済学とはどのような学問か? 市場メカニズムと環境問題などについて書かれている本。

環境評価手法 や環境管理のためのアプローチなど、環境経済学の入門について詳しく解説されています。

環境政策の理論 や 環境政策の実際などが解説されているので、環境経済学とは、どんな学問なのか興味がある人におすすめの本です。

環境経済学をつかむ

環境経済学をつかむ」は、具体的な環境問題を取り上げて丁寧に解説している本。

環境問題・政策の近年の動向を反映してるなど、環境経済学の観点から環境問題の現状について詳しく解説されています。

地球温暖化、廃棄物、生態系の破壊など具体的な環境問題の現状をふんだんに取り上ており、経済実験、環境評価、環境経営、生物多様性などの新しいトピックスも紹介しているので、現在の環境問題に興味がある人におすすめの本です。

環境経済学の第一歩

created by Rinker
¥2,200 (2022/12/08 00:56:26時点 Amazon調べ-詳細)

環境経済学の第一歩」は、さまざまな環境問題の発生メカニズムを経済学の予備知識がなくとも理解できるよう、分析フレームワークを基礎概念から丁寧に解説している本。

ラスチックごみ,カーボン・プライシング,生態系サービスへの支払(PES),ESG投資などの新しい動向も多数紹介してるなど、環境問題の発生メカニズムについて詳しく解説されています。

経済と環境外部性と市場の失敗、 汚染地球温暖化、エネルギー廃棄物、 枯渇資源、 再生可能資源、生物多様性、 企業と環境配慮などが章ごとに書かれているので、現在の環境問題に興味がある人におすすめの本です。

環境経済学 環境・資源問題を経済学はどう捉えるか

環境経済学 環境・資源問題を経済学はどう捉えるか」は、人間の経済活動がなぜ環境問題を生み出しているのか、どのような経済政策が経済活動による環境負荷を緩和するが書かれている本。

環境問題と経済学的手法など、人間の経済活動による環境問題について詳しく解説されています。

温暖化・エネルギー問題・廃棄物問題など、環境問題は深刻化する一方である事が書かれているので、環境問題の深刻さについて知りたい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「環境経済学のおすすめ本」について解説しました。

環境経済学の考え方を知って、環境問題と経済を絡めて思考したり議論したりできるレベルを目指しましょう。

では、また。

あわせて読みたい
経済学のおすすめ本ランキング18選!【2022年】 経済学は世の中にあるお金の流れを考える学問です。政治家や行政における経済政策だけでなく、民間企業では事業戦略や経営戦略を考える上でも経済学の知識は欠かせませ...
目次