医療経済学のおすすめ本ランキング7選!【2022年】

医療経済学のおすすめ本ランキング7選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

医療経済学とは、医療に関わる経済活動を分析し、病院経営、医療費、製薬などによってどのように経済に影響を与えるのか、あるいは経済が医療に影響を与えるのかを考える学問です。

この記事では、医療経済学についての知識を深めて実生活に役立てたい人向けに、「医療経済学のおすすめ本」を紹介します。

医療経済学の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

医療経済学のおすすめ本ランキング7選!

医療経済学のおすすめ本を7冊ご紹介します。

日本再生のためのプランB 医療経済学による所得倍増計画

日本再生のためのプランB 医療経済学による所得倍増計画」は、医療・教育・芸術を融合させた新たな分野で雇用を創出し所得を倍増させるアイデアをまとめた本。

1%の富裕層ではなく残り99%の人々の生活を豊かにする具体的な方法を提示するなど、著書が提唱する日本再生のためのプランBについて詳しく解説されています。

内田樹氏や平田オリザ氏も絶賛している日本再生のためのプランBについて学ぶ本なので、地方の生き残りをかけ日々考えている人におすすめの本です。

医療経済学講義

created by Rinker
¥3,520 (2022/07/07 09:38:54時点 Amazon調べ-詳細)

医療経済学講義」は、医学系学生と社会科学系学生がそれぞれ相互理解できるように内容を組み立て、日本で行われてきた実証研究の成果を取り込んでいる本。

医療市場のメカニズムや医療サービスの需要など、医療経済学について詳しく解説されています。

医療需要の実証分析や 医療サービス生産とその計量分析などが解説されているので、医療経済に興味がある人におすすめの本です。

経済学を知らずに医療ができるか!?医療従事者のための医療経済学入門

経済学を知らずに医療ができるか!?医療従事者のための医療経済学入門」は、医療従事者が知っておくべき医療経済学の基礎知識をまとめた本。

社会保障制度や公的医療保険についてなど、経済学の予備知識がゼロでも分かるように医療分野における経済学について詳しく解説されています。

経済学について学ぶ機会に恵まれていない医療従事者の人が通読できるように書かれているので、今まで全く経済学を学ぶ機会がなかった医療従事者の人におすすめの本です。

新医療経済学 医療の費用と効果を考える

created by Rinker
¥1,265 (2022/07/06 14:11:38時点 Amazon調べ-詳細)

新医療経済学 医療の費用と効果を考える」は、医療への限られた財源の効率的な使い方を経済学的にアプローチすることを目的とした本。

医療情報を正しく理解することやそれを患者や市民に正しく伝えることなど、医療分野の経済学的思考について詳しく解説されています。

日本の保険医療制度の改善に必要な課題を提示しているので、超高齢化や高騰する社会保障費の問題に関心のある人におすすめの本です。

医療の経済学 経済学の視点で日本の医療政策を考える

医療の経済学 経済学の視点で日本の医療政策を考える」は、日本の医療制度が直面する問題を医療経済学の立場からわかりやすく説明している本。

医療サービスの自由競争や、公的医療保険の必要性など、医療の経済に関する政策課題について詳しく解説されています。

医療経済に関する基礎的なミクロ経済学理論の解説から実証研究の紹介までしてあるので、初歩から医療経済を学びたい人におすすめの本です。

医療経済学15講

created by Rinker
¥2,640 (2022/07/07 09:38:56時点 Amazon調べ-詳細)

医療経済学15講」は、経済学の理論の精密さや、美しい体系の紹介よりも、現実の問題を解決するツールとして書かれている本。

時代の流れと共に産業全体が大きな問題に直面してるなど、この問題を解決するには大きな視点で解決策を試行錯誤する必要がある事など、問題解決の為の医療経済学について詳しく解説されています。

医療や教育ではバラバラな論争が起きがちで、対し個々の立場より全体像を重視し経済理論を用いれば関係者の立場や行動を客観的に構造的に把握できると解説しているので、医療教育に携わってる人におすすめの本です。

医療現場の行動経済学 すれ違う医者と患者

created by Rinker
¥2,376 (2022/07/07 09:38:57時点 Amazon調べ-詳細)

医療現場の行動経済学 すれ違う医者と患者」は、医師と患者のそれぞれの心理について解説している本。

人間心理のクセや、情報の受け止め方など、行動経済学を通した意思決定におけるバイアスについて詳しく解説されています。

医者と患者それぞれの思いとその溝を解消する方法について書かれているので、問診時などになんとなく思いがすれ違ってしまうと感じているような人におすすめの本です。

あわせて読みたい
行動経済学のおすすめ入門本ランキング22選!【2022年】 行動経済学は、人間の経済活動を心理学、経済学の観点から考える学問です。少し前に、西野亮廣さんがVoicyで行動経済学の重要性をお話されていましたよね。 この記事で...

まとめ

今回は、「医療経済学のおすすめ本」について解説しました。

医療経済学はあまり馴染みのない学問ですが、医療経済が日本や世界に与えるインパクトは絶大です。

医療経済学の原理原則を学ぶことで、身近な経済ニュースが医療にどのような影響が出るのか考えるきっかけになるので、試しに一冊読んでみることをおすすめします。

では、また。

あわせて読みたい
経済学のおすすめ本ランキング18選!【2022年】 経済学は世の中にあるお金の流れを考える学問です。政治家や行政における経済政策だけでなく、民間企業では事業戦略や経営戦略を考える上でも経済学の知識は欠かせませ...
目次
トップへ
目次
閉じる