データ可視化・ビジュアライゼーションのおすすめ入門本ランキング9選!

2021-09-08

データ可視化・ビジュアライゼーションのおすすめ入門本ランキング9選!
mono
mono
こんにちは、monoです。

高度なデータ分析スキルを持っていても、他人にわかりやすく伝えるデータ可視化(データビジュアライゼーション)スキルを持っていないと、よくわからない人というレッテルを貼られる可能性があります。

この記事では、わかりやすいデータ可視化の方法を知りたい人向けに、「データ可視化・データビジュアライゼーションのおすすめ入門本」を紹介します。

データ可視化のわかりやすい本を探している人はぜひ参考にしてください。

データ可視化・データビジュアライゼーションのおすすめ入門本ランキング9選!

データ可視化・データビジュアライゼーションのおすすめ入門本を9冊ご紹介します。

プロ直伝伝わるデータ・ビジュアル術 Excelだけでは作れないデータ可視化レシピ

プロ直伝伝わるデータ・ビジュアル術 Excelだけでは作れないデータ可視化レシピ」は、Excelで作れない、統計グラフ、地図、インフォグラフィック、ネットワークツール等の加工方法を解説している本。

データ分析や資料作成に使える12のテクニックなど、統計グラフ、地図、インフォグラフィック、ネットワーク、Webツールの分野別に選りすぐりのツールを使った加工方法について詳しく解説されています。

データビジュアライズの複数の手法を一つの本でまとめて書いてあるので、データ可視化に興味はあるが何から始めたら分からない学生、小中学校の教師、マーケター、文系コンサルタントの様な人におすすめの本です。

データ視覚化のデザイン

created by Rinker
¥1,980 (2021/09/20 11:40:15時点 Amazon調べ-詳細)

データ視覚化のデザイン」は、データ視覚化の手法について書かれている本。

データ視覚化のデザインを考える上で基本について、詳しく解説されています。

何を伝えたいのかについて書かれているので、データの視覚化を行ってExcelを使用しているような人におすすめの本です。

データビジュアライゼーション データ駆動型デザインガイド

データビジュアライゼーション データ駆動型デザインガイド」は、Data Visualisation: A Handbook for Data Driven Design"第2版の翻訳し解説してる本。

データ可視化の習得など、ビジュアライザーよるデータのデザインについて詳しく解説されています。

批判的思考と合理的な意思決定による最適なデザイン。チャートの選択から配色・レイアウトまで解説してるので、データの可視化デザインを学びたい様な人におすすめの本です。

データビジュアライゼーションの教科書

created by Rinker
¥2,138 (2021/09/20 11:40:17時点 Amazon調べ-詳細)

データビジュアライゼーションの教科書」は、データビジュアライゼーションの本質とテクニックが書かれている本。

分析の結果を、正しく伝える!データを効果的に表現するコミュニケーションの技術!考え方とテクニックなど、データビジュアライゼーションについて詳しく解説されています。

ビジュアライゼーションを実践するための、基本+少しの応用が書かれてるので、プレゼンに綺麗なグラフを用いたい様な人におすすめの本です。

統計学の基礎から学ぶExcelデータ分析の全知識

統計学の基礎から学ぶExcelデータ分析の全知識」は、Excelを用いて、統計学の基礎から学んでデータ分析スキルが身に付く仕方を書いている本。

データ分析をビジネスに活かすことの必要性の事など、「統計学の基礎からしっかり学ぶ」「学んだことをExcelを使って実践する」事について詳しく解説されています。

ビジネスでの活用を前提にして、データ分析の基本的な考え方や全体像を分かりやすく解説しているので、これからデータ解析を学びたい様な人におすすめの本です。

エクセルの勉強におすすめ本ランキング7選!【2020年】

続きを読む

Python実践データ加工/可視化100本ノック

created by Rinker
¥2,138 (2021/09/20 11:40:18時点 Amazon調べ-詳細)

Python実践データ加工/可視化100本ノック」は、様々なデータを扱う上で必須となるデータの加工、可視化から機械学習の、前処理までが解説している本。

Excel・時系列・言語・画像・音データ・特殊な加工・可視化など、Pythonを用いたデータ加工、可視化ついて詳しく解説されています。

システムデータの加工・可視化から機械学習の前処理まで解説してあるので、データ可視化と一緒に機械学習やデータ分析も学びたい人におすすめの本です。

データ分析者のためのPythonデータビジュアライゼーション入門

データ分析者のためのPythonデータビジュアライゼーション入門」は、数値データ・位置のデータ・文章のデータ等を、一目で分かりやすく見える形にする方法が掛かれている本。

Pythonのライブラリを利用して、分析したデータをビジュアライゼーションする手法など、基本的なビジュアライゼーション手法について詳しく解説されています。

効果的なビジュアライゼーションの手順書という傾向が強いので、Pythonのライブラリを用いてグラフ作成をしたい様な人におすすめの本です。

Pythonインタラクティブ・データビジュアライゼーション入門

Pythonインタラクティブ・データビジュアライゼーション入門」は、対話的・探索的可視化をPythonで実践.データ解析Plotly,アプリ化ユーザインタフェースを作成などが書かれている本。

グラフ(棒グラフ,散布図や表,地図,ネットワーク図など,簡潔なコードですばやく可視化など、Python やPlotly/Dashによるデータ可視化とWebアプリ構築について詳しく解説されています。

コールバック、アニメーションなどの機能の事など書かれているので、大規模データを簡潔に可視化したい様な人におすすめの本です。

Pythonの勉強におすすめの入門本ランキングまとめ10選【初心者〜中級者】

続きを読む

実践DataScienceシリーズデータ分析のためのデータ可視化入門

実践DataScienceシリーズデータ分析のためのデータ可視化入門」は、ggplotとtidyverseの事前知識ゼロでも、すぐに実践でき、可視化の手順迄書かれている本。

学生や実務家がデータを定量的可視化して研究結果を最大限に活用するために必要な実践的なスキルなど、データ可視化がなぜ優れた社会学において不可欠なものであるのかについて詳しく解説されています。

本書は描画の文法(Grammar of Graphics)の考え方を伝えることが主眼に置いて書かれてるので、データを定量的可視化して研究したい様な学生や実務家の様な人におすすめの本です。

データ分析・データサイエンスの勉強におすすめの本9選!【2020年】

続きを読む

まとめ

今回は、「データ可視化・データビジュアライゼーションのおすすめ入門本」について解説しました。

使うツールは違えど、わかりやすいデータ可視化には共通する考え方があります。データの分析結果を発表する機会のある人は、分析手法だけでなく可視化のやり方についても学んでみてはいかがでしょうか。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

スキルを磨く Python・R

おすすめ本

© 2021 monoblog