子どもの貧困のおすすめ本ランキング13選!【2022年】

子どもの貧困のおすすめ本ランキング13選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

子どもの貧困問題は深刻です。未来を担うはずの子どもたちが、自分の夢を叶えるどころか日々の生活で精一杯というのは悲しい限りですよね。

この記事では、子どもの貧困について理解を深めたい人向けに、「子どもの貧困のおすすめ本」を紹介します。

子どもの貧困の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

子どもの貧困のおすすめ本ランキング13選!

子どもの貧困のおすすめ本を13冊ご紹介します。

子どもの貧困とライフチャンス

created by Rinker
¥2,420 (2022/07/07 02:44:22時点 Amazon調べ-詳細)

子どもの貧困とライフチャンス」は、貧困とライフチャンスについて解説した本。

ライフチャンスという考え方や、子どもたちのメンタルヘルスと貧困とライフチャンスなど、ライフチャンスに関する政策や議論に詳しく解説されています。

ライフチャンス改善と子供の貧困問題について事例を通じて書かれているので、問題の議論や政策を知りたい人におすすめの本です。

搾取都市、ソウル韓国最底辺住宅街の人びと

搾取都市、ソウル韓国最底辺住宅街の人びと」は、韓国の貧困ビジネスの構造を暴く本。

最底辺の住宅「チョッパン」や、学生街の新チョッパンなど、韓国の貧困ビジネスについて詳しく解説されています。

チョッパン街住民の声、自身の貧困経験や徹底した調査をもとにしているので、韓国の貧困層の実態を知りたい人におすすめの本です。

なんとかする子どもの貧困

created by Rinker
¥792 (2022/07/07 02:44:23時点 Amazon調べ-詳細)

なんとかする子どもの貧困」は、子供の貧困を減らそうとする最前線を見ている本。

今現在の貧困家庭の子供の状況や、貧困家庭の子供の認識力など、貧困家庭の現実とその解決について詳しく解説されています。

子供の貧困について、現場では実際どうなっているのかを知りたいので、現実の貧困にある事ども状況を知りたい人におすすめの本です。

子どもの貧困 日本の不公平を考える

子どもの貧困 日本の不公平を考える」は、大人になっても続く、人生のスタートラインにおける不利や本当に必要な貧困対策について豊富なデータをもとに検証した本。

学力、健康、親との交流など、貧困が招く人生のスタートラインの不利と本当に必要な貧困対策について豊富なデータを用いて詳しく解説されています。

貧困の世代間連鎖を断つために本当に必要な子ども対策とは何かについて考察しているので、子どもの貧困について客観的な視点から勉強したい人におすすめの本です。

子どもの貧困II 解決策を考える

子どもの貧困II 解決策を考える」は、子供の貧困についての社会政策を知れる本。

子供の貧困に関する様々な政策のメリットやデメリットなど、実際に検討される政策内容について詳しく解説されています。

貧困改定に対する支援策のことを知りたいので、政策の具体例やそのメリットデメリットについて知りたい人におすすめの本です。

子どもの貧困 未来へつなぐためにできること

子どもの貧困 未来へつなぐためにできること」は、ひと目ではわからない子どもの貧困を社会問題と関連づけて考察した本。

生活保護など増大する福祉コストや高止まりする非婚率など、子どもの貧困と様々な社会問題と関連づけて詳しく解説されています。

子ども食堂やフードバンク事業などの取り組みも紹介しているので、一目で分からない子どもの貧困と問題解決のためにできる取り組みについて関心がある人におすすめの本です。

なんとかする子どもの貧困

created by Rinker
¥792 (2022/07/07 02:44:26時点 Amazon調べ-詳細)

なんとかする子どもの貧困」は、子供の貧困を減らそうとする最前線を見ている本。

今現在の貧困家庭の子供の状況や、貧困家庭の子供の認識力など、貧困家庭の現実とその解決について詳しく解説されています。

子供の貧困について、現場では実際どうなっているのかを知りたいので、現実の貧困にある事ども状況を知りたい人におすすめの本です。

増補版子どもと貧困

created by Rinker
¥648 (2022/07/07 02:44:26時点 Amazon調べ-詳細)

増補版子どもと貧困」は、子どもの貧困の実態を浮き彫りにし、支援策や制度、専門家の提言などから解決策を探る本。

風呂に入れない子ども、菓子パンを万引きする保育園児など、7人に1人といわれる子どもの貧困の実態や、親から子への貧困の連鎖について詳しく解説されています。

朝日新聞取材班による子どもの貧困に関するルポルタージュですので、目に見えない貧困に対して、極端過ぎず、過激でもない、冷静で客観的な事実に基づく情報を知りたい人におすすめの本です。

徹底調査子供の貧困が日本を滅ぼす社会的損失40兆円の衝撃

徹底調査子供の貧困が日本を滅ぼす社会的損失40兆円の衝撃」は、子供の貧困について調査した本。

子どもの貧困がもたらす社会的損失や、社会的損失を防ぐために何が必要かなど、貧困のもたらす影響や施策などについて詳しく解説されています。

データ分析や国内外の取り組み事例を紹介しているので、子供の貧困問題解決について知りたい人におすすめの本です。

日本の大課題子どもの貧困社会的養護の現場から考える

日本の大課題子どもの貧困社会的養護の現場から考える」は、児童養護施設の現場から課題と展望を明快にえがいた本。

児童養護施設とは何か、親の代わりになり得るのか、18歳で自立する難しさなど、児童養護施設を通して考える貧困問題について詳しく解説されています。

TVでも有名な池上彰と施設運営に携わる専門家などとの対談も含まれる構成なので、優しく理解しやすい内容を求める人におすすめの本です。

子どもの貧困調査 子どもの生活に関する実態調査から見えてきたもの

子どもの貧困調査 子どもの生活に関する実態調査から見えてきたもの」は、調査が実態と施策の架け橋となることを期待して書かれた本。

貧困概念と貧困調査や生活上のニーズに着目した貧困の諸相など、データが示す子どもたちの実態について詳しく解説されています。

学術的な面が強く、データに基づく議論の展開を目指している本なので、研究や行政の活動に携わる人におすすめの本です。

子どもの貧困対策と教育支援 より良い政策・連携・協働のために

子どもの貧困対策と教育支援 より良い政策・連携・協働のために」は、子供の貧困問題解決のための本。

子どもの貧困対策と教育支援や、貧困からの大学進学と給付型奨学金の制度的課題など、貧困と教育について詳しく解説されています。

子供の貧困問題の現状や取り組みについて紹介されているので、問題の具体的な解決方法が知りたい人におすすめの本です。

おやこで話す子どもの貧困

created by Rinker
¥1,485 (2022/07/07 02:44:30時点 Amazon調べ-詳細)

おやこで話す子どもの貧困」は、身近だけど意外と知らない、貧困について学べる本。

お金のしくみや、困った人を助けるしくみ、世界の貧困の状況など、広く優しく貧困について詳しく解説されています。

とても優しい文章で書かれているので、小中学生はもちろん、貧困について知りたいけれど難しいのではと尻込みしてしまっている人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「子どもの貧困のおすすめ本」について解説しました。

子どもの貧困問題を考えるきっかけになれば幸いです。

では、また。

あわせて読みたい
貧困問題のおすすめ本ランキング19選!【2022年】 貧困問題は世界だけでなく日本でも大きな問題となっています。 この記事では、貧困問題について理解を深めたい人向けに、「貧困問題のおすすめ本」を紹介します。 貧困...
目次
トップへ
目次
閉じる