腸内細菌のおすすめ本ランキング11選!【2022年】

腸内細菌のおすすめ本ランキング11選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

「腸活」という言葉が流行ってしばらく立ちますが、腸内環境を整える上で腸内細菌の活動は欠かせません。

この記事では、腸内細菌の働きについて勉強したい人向けに、「腸内細菌のおすすめ本」を紹介します。

腸内細菌の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

腸内細菌のおすすめ本ランキング11選!

腸内細菌のおすすめ本を11冊ご紹介します。

腸すごい!医学部教授が教える最高の強化法大全

腸すごい!医学部教授が教える最高の強化法大全」は、腸内細菌と健康について書かれた本。

水溶性食物繊維の重要性や、腸内フローラを良好に保つなど、腸を強くする方法について詳しく解説されています。

最新の治療法についても書かれているので、健康に興味があって、どうすればいいのか詳しく知りたい人におすすめの本です。

すべての臨床医が知っておきたい腸内細菌叢〜基本知識から疾患研究、治療まで

すべての臨床医が知っておきたい腸内細菌叢〜基本知識から疾患研究、治療まで」は、これ一冊読めば腸内細菌叢のことが全て網羅できる本。

「腸内細菌叢と疾患研究でわかっていること,いないこと」や、「腸内細菌叢を標的にした治療にはどんなものがあるか 」など、飛躍的に進展する腸内細菌研究について詳しく解説されています。

基礎的な腸内細菌の働きからpre/proバイオティックス、IBDなど様々な疾患と腸内細菌叢の関係および治療法など腸内細菌叢の研究の成果が網羅されているので、腸内細菌叢に興味があり学びたい人におすすめの本です。

腸内細菌が健康寿命を決める

腸内細菌が健康寿命を決める」は、便を研究し続けた著者が研究秘話とともに、腸内細菌と健康・美容に関する最新知識を紹介する本。

便と腸内環境の関係や長寿菌と生活習慣など、便から紐解いた腸内細菌を整え健康になる方法について詳しく解説されています。

便秘やダイエットの他新型コロナに対する腸活についても書かれているので、その悩みを解決し腸活について最新の情報を得たい人におすすめの本です。

おなかにいるよ!ゆかいな仲間腸内細菌キャラ図鑑

おなかにいるよ!ゆかいな仲間腸内細菌キャラ図鑑」は、腸内の代表的な細菌をキャラクター化している本。

乳酸菌やビフィズス菌など、善玉菌や悪玉菌、日和見菌に分けて、細菌の役目について詳しく解説されています。

最新トピックも満載し、腸内細菌の特徴を楽しみながら学べるので、腸内環境を整えて健康になりたい人におすすめの本です。

もっとよくわかる!腸内細菌叢

created by Rinker
¥4,180 (2022/05/29 01:52:29時点 Amazon調べ-詳細)

もっとよくわかる!腸内細菌叢」は、腸内細菌についての基礎知識がまとめられた本。

腸内細菌の分類やはたらきなど、腸内細菌叢の研究をしていくにあたり必要となる知識について詳しく解説されています。

化学的な知見がまとめられているので、腸内細菌叢についての研究に興味のある人や腸活の知識を深めたい人におすすめの本です。

人の健康は腸内細菌で決まる 善玉菌と悪玉菌を科学する

人の健康は腸内細菌で決まる 善玉菌と悪玉菌を科学する」は、善玉菌・悪玉菌という用語を世に広めた光岡知足が腸内細菌と健康の関係をわかりやすく説明している本。

薬に頼らない健康法など、体の複雑なバランスを再調整し自然治癒力を促す物質を利用する“バイオジェニックス”について、腸内細菌の面から詳しく解説されています。

腸内を整えるいわゆる腸活で健康になる方法が書かれているので、西洋医学や漢方に頼らず手軽に健康増進や健康維持を図りたい人におすすめの本です。。

心と体を健康にする腸内細菌と脳の真実

心と体を健康にする腸内細菌と脳の真実」は、「第2の脳」とも呼ばれる腸が人の心と体にとっていかに大事なのか、最新研究を踏まえて解説している本。

「腸内細菌の悪化」によって発達障害などの心の病やアトピー性皮膚炎などが引き起こされることなど、腸内細菌が脳と行動を変えることについて詳しく解説されています。

腸によい食事や薬、生活習慣が紹介されているので、病気を予防して健康でい続けたい人におすすめの本です。

腸内細菌のチカラ 心と体を健やかに

腸内細菌のチカラ 心と体を健やかに」は、腸内細菌と心と体の健康の関係を紹介している本。

腸内細菌が免疫力にもたらす影響や、腸内細菌と心の問題の関係など、腸内細菌の心身の健康への影響と健康を維持するためにやるべきことについて詳しく解説されています。

腸内細菌について身体だけでなく心の健康も解説しているので、心の健康も気になる人や心身ともに健康になりたい人におすすめの本です。

腸内細菌叢生態学

腸内細菌叢生態学」は、多種多様な細菌群を生態学的に捉え、モデル化・予測する研究を紹介した本。

微生物生態系の分析から予測、制御、設計など、38兆個にもおよぶ腸内細菌叢の生態学について詳しく解説されています。

健康や疾患と細菌叢の関係に迫るアプローチとして腸内細菌叢の生態学を詳しく解説しているので、腸内環境をデザインすることで、健康維持や疾患の予防や治療に役立てたい人におすすめの本です。

腸内細菌の逆襲お腹のガスが健康寿命を決める

腸内細菌の逆襲お腹のガスが健康寿命を決める」は、腸内細菌が異常に増えることで、お腹の張り、ガス、下痢や便秘を招く小腸内細菌増殖症を防ぐ食事と生活習慣について解説した本。

がんや動脈硬化や心不全など、あらゆる症状や病気につながる小腸内細菌増殖症を防ぐための食事と生活習慣について詳しく解説されています。

現在1700万人もの日本人がSIBOによるお腹の不調に悩まされているといわれているので、お腹の張りやガスや下痢や便秘にお悩みの人におすすめの本です。

腸内細菌のベストバランスが病気にならない体をつくる

腸内細菌のベストバランスが病気にならない体をつくる」は、アミノ酸、ビタミン、免疫、刺激物を作っている腸内細菌についての解説本。

人が健康に生きていくための基本である腸内細菌を元気にする方法など、今話題の腸内細菌について詳しく解説されています。

アミノ酸もビタミンもミネラルも酵素もホルモンも免疫刺激物質も作っている腸内細菌についての本なので、今話題の腸内細菌について知りたい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「腸内細菌のおすすめ本」について解説しました。

腸内細菌の働きや種類を知って、自分に合った腸活を実践してみてください。

では、また。

あわせて読みたい
腸活したい人におすすめの本ランキング13選!【腸内環境を改善】 腸は脳とつながっていると言われ、腸内環境を整えることで脳や自律神経も整える働きが期待できます。 この記事では、腸活で腸内環境を改善したい人向けに、「腸活のおす...
目次
トップへ
目次
閉じる