スポーツ栄養学の勉強におすすめの入門本5選【初心者向け】

2020-01-03

スポーツ栄養学の勉強におすすめの入門本5選【初心者向け】
mono
mono
こんにちは、monoです。

スポーツのパフォーマンスと食事や栄養は、切っても切り離せない関係があります。

多くの時間をかけて筋トレや技術練習に励んだとしても、体を作るのに十分な栄養素を摂取できていなければ、その効果が薄まってしまうこともあります。

当記事では、

スポーツ栄養学の勉強におすすめの入門本

について解説します。

スポーツ栄養学の勉強におすすめの入門本5選

スポーツ栄養学の勉強におすすめの入門本を5冊紹介します。

基礎から学ぶ!スポーツ栄養学


肉体を進化させる上で「何を食べるか?」はとても重要な問題です。

この本はジュニアからトップまで、幅広い年齢のアスリートへ栄養指導を行っているプロによって書かれており、科学的根拠と経験の両方から信頼できる1冊となっています。

パフォーマンス向上に欠かせないスポーツ栄養学の基礎知識をバランスよく網羅しているので、本を読んだらすぐ食事改善に動き出すことができます。

スポーツ栄養学 科学の基礎から「なぜ?」にこたえる


ふとしたときに私たちが疑問に思う、栄養の「なぜ?」についてたくさん答えている本です。

たとえば、以下のことに疑問を持ったことはありませんか?

  • 人はなぜ食べ過ぎる?
  • エネルギーをためる脂肪と消費する脂肪の違いは?
  • 腹八分目のメリットとは?
  • 筋肉はなぜ肥大するのか?
  • 筋肉と食事の関係は?
  • 高糖質食、糖質制限食、高脂肪食、ケトン食どう違うの?

どれも不思議には思っているけど、そのままにしている人が多いのではないでしょうか?

このような身近な疑問から、スポーツ栄養学を始めてみたい人におすすめの本です。

理論と実践 スポーツ栄養学

created by Rinker
日本文芸社
¥2,200 (2021/04/13 04:36:23時点 Amazon調べ-詳細)

スポーツの現場で活躍するすべての指導者、選手、保護者におすすめしたいスポーツ栄養学のメソッド本です。

食事、サプリメント、水分補給、目的別の栄養管理、コンディショニングなど、スポーツ選手の栄養マネジメントに関する情報を完全網羅しています。

ケースや目的別に書かれているので、自分の状況に合ったアクションをすぐに取ることができます。

長い競技人生ですので、手元に1冊置いておいて損はない1冊です。

アスリートのためのスポーツ栄養学 栄養の基本と食事計画


アスリートが強靭な肉体を作り、ライバルとの試合に勝つための食事方法を解説した本です。

スポーツ栄養学の基本から、強い体を作るための食事計画、試合に向けた食事計画、競技力向上のための食事計画など、シチュエーション別の食事計画を徹底解説しています。

ジュニアから成人まで幅広い年齢を対象としており、全年齢のアスリートと指導者におすすめしたい本です。

女子アスリートの「食事と栄養」 パフォーマンスを高める体のつくり方


男性には男性の、女性には女性の肉体の作り方があります。特に女性には女性ならでは生理周期があるので、体調管理は男子絵よりシビアです。

本書は女性アスリートを対象に、月経や体型管理など、女性ならではの悩みや問題に焦点を当て、それを食事や栄養の知識を駆使して解決していきます。

肉体改造系の本は男性向けが多いですが、本書は100%女性向けの本ですので、女性アスリートの方は必見の1冊です。

まとめ

今回は「スポーツ栄養学の勉強におすすめの入門本」について解説しました。

競技パフォーマンスと肉体コンディションの関係は言わずもがな大切です。強い肉体を手に入れるためには、まずは食事から変えていきましょう。

食事改善は、始めるのが早ければ早いほど効果が出ます。始めるなら、まさに「今」が1番ベストなタイミングですからね。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂️関東在住のサイドFIREを目指すブロガー/座右の銘は「知識は誰にも奪われない」/ゆるく稼いで楽しく暮らすライフハック情報をお届けします/アイコンは黎(クロイ)さん。

体調を整える ヘルスケア

おすすめ本 トレーニング 栄養学

© 2021 monoblog