SCM(サプライチェーンマネジメント)のおすすめ本ランキング13選!【2022年】

SCM(サプライチェーンマネジメント)のおすすめ本ランキング13選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

物流が絡むビジネスで重要なSCM(サプライチェーン・マネジメント)。どのような要点を抑えて考えれば良いのでしょうか?

この記事では、SCM(サプライチェーン・マネジメント)についての知識を深めて実生活に役立てたい人向けに、「SCM(サプライチェーン・マネジメント)のおすすめ本」を紹介します。

SCM(サプライチェーン・マネジメント)の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

SCM(サプライチェーン・マネジメント)のおすすめ本ランキング13選!

SCM(サプライチェーン・マネジメント)のおすすめ本を13冊ご紹介します。

世界標準のSCM教本

created by Rinker
¥2,420 (2022/07/06 16:40:43時点 Amazon調べ-詳細)

世界標準のSCM教本」は、SCMの国際標準の基礎を体系的に学ぶための本。

国際標準のSCMの用語や、知識体系など、日本語ではなかなか出版されない知識について詳しく解説されています。

SCMの各分野について整理されているので、SCMの基礎知識を得たい人や応用可能な知識を補強したい人におすすめの本です。

やさしいSCMの本

やさしいSCMの本」は、サプライチェーンマネジメント(SCM)の基本から最新情報までを解説した本。

SCMの発達や基本、導入で得られる成果やスマートサプライチェーンの設計と構築など、戦略的な情報管理・経営管理の実現に必要な知識について詳しく解説されています。

専門的な予備知識がなくとも理解できるようにわかりやすく解説されているので、SCM初心者の人におすすめの本です。

この1冊ですべてわかるSCMの基本

created by Rinker
¥1,870 (2022/07/06 16:40:44時点 Amazon調べ-詳細)

この1冊ですべてわかるSCMの基本」は、SCM(サプライチェーン・マネジメント)の最新情報を踏まえ基本を解説した本。

SCMの基本から販売計画、需給計画など各種計画の注意点など、SCMの導入、成功のポイントについて詳しく解説されています。

IoT、AIの影響など最新情報を盛り込んでいるので、新規導入のみならず見直し中の人におすすめの本です。

図解でわかるSCMいちばん最初に読む本

created by Rinker
アニモ出版
¥1,980 (2022/07/06 16:40:45時点 Amazon調べ-詳細)

図解でわかるSCMいちばん最初に読む本」は、SCMに関連する経営管理などの問題解決にも役立つ本。

サプライチェーン・マネジメントの基礎知識や、実際の活用のしかたなど、サプライチェーン・マネジメントとは何かについて詳しく解説されています。

サプライチェーンの基礎知識からリスク管理、SDGsの課題解決まで優しく理解できるので、初めてSCMの担当者になって学びたい人におすすめの本です。

“数"の管理から“利益"の管理へS&OPで儲かるSCMを創る!

“数"の管理から“利益"の管理へS&OPで儲かるSCMを創る!」は、数量ベースのSCMにお金という単位を持ち込み数量の適正化ではなく利益の適正化について分かりやすく解説した本。

経営者が納得できるサプライチェーン改革など、数量ベースのSCMにお金という単位を持ち込み利益の適正化をはかることについて詳しく解説されています。

最新事例を用いてわかりやすく解説しているので、SCMにS&OPをプラスした取り組みについて勉強したい人におすすめの本です。

ロジスティクス4.0

created by Rinker
¥851 (2022/07/06 16:40:46時点 Amazon調べ-詳細)

ロジスティクス4.0」は、物流関連に革命を行うことを求めた本。

これからの物流の方向性や、物流における技術革新など、これから起こる物流改革とその方向性について詳しく解説されています。

運送業界などで人員不足が厳しきなってきているので、物流における技術革新を取り入れたい人におすすめの本です。

SCM経営を見える化で成功させる実務

SCM経営を見える化で成功させる実務」は、SCMを経営にどのように活かせば良いかということについて書かれた本。

SCMの基本概念や、マネジメントシステムとしてのSCM、サプライチェーンモデリングの手法など、SCMを見直して実務に活かす方法について詳しく解説されています。

SCMの定着が上手くいかなかった企業が多くあることを前提として書かれた本なので、自社の取り組みが上手くいっていないと悩んでいる人におすすめの本です。

需要予測の戦略的活用 マーケティングとサプライチェーンマネジメントをつなぐ

需要予測の戦略的活用 マーケティングとサプライチェーンマネジメントをつなぐ」は、オペレーションズ・マネジメントの各種概念を、アカデミックとビジネスの両目線で体系的に整理した本。

需要予測の効率的な活用や、戦略的な活用など、理論に基づいた需要予測の実践について詳しく解説されています。

理論と実務のどちらもカバーした実用書なので、需要予測に携わる実務家やディレクター層にいる人におすすめの本です。

シン・物流革命迫りくるサプライチェーン崩壊を回避する最後の選択肢

シン・物流革命迫りくるサプライチェーン崩壊を回避する最後の選択肢」は、二名の専門家が協力して筆を執り、新時代の物流の在りかたを提示した本。

スマート物流の情報基盤や、物流革命を支える未来のテクノロジーなど、無人化オペレーション技術について詳しく解説されています。

変化する物流業界のパラダイムシフトについても考察されているので、物流の現状や未来について知識を深めたい人におすすめの本です。

戦略的サプライチェーンマネジメント競争優位を生み出す5つの原則

戦略的サプライチェーンマネジメント競争優位を生み出す5つの原則」は、実践的な知見を提供してくれる本。

「ビジネス戦略といかに結びつけるか」や、「適切なSCM組織をどう構築するか」など、「戦略的サプライチェーンマネジメント」の5大原則について詳しく解説されています。

フレームワークや企業実例をもとにわかりやすく解説されているので、サプライチェーン担当者で、今、悩んでいる人におすすめの本です。

トヨタ式サプライチェーン運営メソッド

created by Rinker
¥1,249 (2022/07/06 16:40:49時点 Amazon調べ-詳細)

トヨタ式サプライチェーン運営メソッド」は、トヨタがいかに賢くサプライチェーン・マネジメントを構築していったのかを見ていき、あなたの会社や業界でどのように応用していけば良いのかについて説明した本。

サプライヤーの管理や、生産スケジューリングとオペレーションなど、トヨタの成功の秘密であるサプライチェーンの運営方法について詳しく解説されています。

医療、保険、銀行、クレジット処理、小売などのサービス産業など、さまざまな分野でトヨタ式のサプライチェーン運営方法が応用されているので、ビジネスマンとしてトヨタの優れたサプライチェーン・マネジメント・エクセレンスを学びたい人におすすめの本です。

考え方がすぐわかるスマートサプライチェーンの設計と構築 物流DXが起こす変化をつかむ

考え方がすぐわかるスマートサプライチェーンの設計と構築 物流DXが起こす変化をつかむ」は、今後も起こるであろう変化に対してもどう対処していくべきかが考えられるようになる本。

裏付けとなる専門的知見とともに社会情勢や、海外のケースなど、今起こっていること、これから起こるであろう変化をどう読み解き、どう対応していくべきかというヒントについて詳しく解説されています。

変化を見通す目や新しい取り組み、考え方を養うように解説されているので、スマートサプライチェーンを学びたい人におすすめの本です。

HBR デジタル変革で強化するサプライチェーンの競争力

HBR デジタル変革で強化するサプライチェーンの競争力」は、サプライチェーンの競争力について書かれた雑誌形式の本。

危機に強いサプライチェーンを築く方法や、サプライチェーンの持続可能性を高める方法など、サプライチェーンの変革について詳しく解説されています。

教授や社長など様々な立場の人々が、それぞれ異なったテーマを手掛けているので、幅広い知見を取り入れたい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「SCM(サプライチェーン・マネジメント)のおすすめ本」について解説しました。

自社の物流やロジを最適化して、配送コスト最小化を目指しましょう。

では、また。

あわせて読みたい
工場・製造業のおすすめ本ランキング15選!【2022年】 かつて日本を支えた製造業。技術者たちがすごいのはもちろんですが、利益を出すために生産管理をしている管理者たちの技術も重要です。 この記事では、工場・製造業の理...
目次
トップへ
目次
閉じる