環境経営のおすすめ入門本ランキング10選!【2021年】

2021-09-11

環境経営のおすすめ入門本ランキング10選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

21世紀ではただ利益を追求するだけでなく、環境にも配慮した持続可能な経営「環境経営」に取り組む必要があります。

この記事では、環境経営についての知識を深めて会社の経営に役立てたい人向けに、「環境経営のおすすめ入門本」を紹介します。

環境経営の本を探している人はぜひ参考にしてください。

環境経営のおすすめ入門本ランキング10選!

環境経営のおすすめ入門本を10冊ご紹介します。

環境の科学が一冊でまるごとわかる

created by Rinker
¥1,540 (2021/09/20 03:44:08時点 Amazon調べ-詳細)

環境の科学が一冊でまるごとわかる」は、「環境」と人間のかかわりについて、水問題からプラスチック、エネルギー、SDGsまで広く簡潔に優しく説明した本。

環境問題の基礎知識や、人間と環境の関係の歴史など、人々の関心の高いさまざまな環境とその問題について詳しく解説されています。

全体像が見える入門書で、環境問題を考えるための基礎知識を与えてくれるので、環境問題に興味を持ってこれから学ぼうとしているような人におすすめの本です。

エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ

エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ」は、エネルギー問題に関心がある読者向けに専門情報をコンパクトにまとめた本。

エネルギー問題を取り巻く外的要因から最新技術の動向や、原子力発電のあり方など、2050年のエネルギーのあり方について詳しく解説されています。

エネルギー関連の研究者や実務家には役立つ最新情報が含まれているので、業界の枠を超えた新たな産業創出と次世代エネルギービジネスに関心を持つような人におすすめの本です。

エコの波をチャンスに変える わかる!環境経営

エコの波をチャンスに変える わかる!環境経営」は、環境問題を経営に生かす具体策を説いた本。

環境経営の最新事情や背景など、環境経営について詳しく解説されています。

エコの波をチャンスに変える具体策について説いているので、環境経営を勉強中な人におすすめの本です。

環境経営入門

created by Rinker
¥946 (2021/09/20 03:44:10時点 Amazon調べ-詳細)

環境経営入門」は、環境インパクトを勘案したマネジメントの意義と実践をやさしく解説した本。

排出量取引問題や、グローバルな取り組み状況など、環境経営の基本知識について詳しく解説されています。

なぜ環境経営が必要なのか、 どのように役立てることができるのかなどが分かりやすく解説されているので、企業の環境問題担当者や経営者で新しい価値観を学ぼうとしているような人におすすめの本です。

利益を生み出す 環境経営のすすめ

created by Rinker
¥3,000 (2021/09/20 03:44:11時点 Amazon調べ-詳細)

利益を生み出す 環境経営のすすめ」は、環境経営について、基本的から始まり、具体的な実践方法まで詳しく説明された本。

環境問題に対する企業の責任や、地球温暖化(環境問題)に対応していく実践力など、企業の環境経営について詳しく解説されています。

環境問題は個人だけではなく企業が動かなければ意味がないことが説明されているので、これからの新しい環境施策に興味があるような人におすすめの本です。

戦略環境経営エコデザイン ベストプラクティス100

戦略環境経営エコデザイン ベストプラクティス100」は、環境経営の在り方やエコデザインの手法について書かれた本。

環境技術革新や、環境効率経営など、環境経営において企業がすべきことについて詳しく解説されています。

エコデザインに取り組む日本企業の事例が多数書かれているので、日本企業における環境経営について勉強中な人におすすめの本です。

よくわかる環境経営

よくわかる環境経営」は、環境対策を企業活動・戦略にどのように位置づけて展開しているのかについて書かれている本。

企業の環境対策の事など、環境経営について詳しく解説されています。

現実の企業経営内における環境活動について書かれてるので、環境活動に興味がある様な人におすすめの本です。

環境経営とイノベーション

created by Rinker
¥440 (2021/09/20 03:44:13時点 Amazon調べ-詳細)

環境経営とイノベーション」は、環境問題と企業活動の新たな関係について書かれている本。

環境問題を解決するためには、企業の創造するイノベーションが欠かせない事など、環境経営を実践している企業について詳しく解説されています。

環境経営について7つの業界の取り組みを紹介してるので、企業における環境活動経営を学びたい様な人におすすめの本です。

中小企業の環境経営イノベーション

中小企業の環境経営イノベーション」は、中小企業における環境経営について書かれた本。

中小企業に環境経営が普及する条件など、中小企業における環境経営を推進するために必要なことについて詳しく解説されています。

中小企業における環境経営が促進するために必要なことが書かれているので、中小企業において環境経営を進めるために模索中な人におすすめの本です。

グリーン・イノベーション 環境経営イノベーション

グリーン・イノベーション 環境経営イノベーション」は、グリーン・イノベーションを経済学と経営学の視点から究明した本。

環境・エネルギー問題への対応や、経済発展を達成するための革命的技術であるグリーン・イノベーションについて経済学・経営学の視点から詳しく解説されています。

環境重視のイノベーションについて書かれているので、グリーン・イノベーションを経済学や経営学からアプローチする手法を研究中な人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「環境経営のおすすめ入門本」について解説しました。

環境経営は利益以外にも考慮することがあって企業にとっては負担ですが、市民や株主に応援されながら末長く経営していくためには欠かせない考え方です。

自社の財務を圧迫しない範囲で、少しずつ環境経営に取り組んでみてはいかがでしょうか。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

スキルを磨く 思考法

おすすめ本

© 2021 monoblog