キャスタービズの選考を通過するには?未経験でも大丈夫?

2020-02-26

キャスタービズの選考を通過するには?未経験でも大丈夫?
mono
mono
こんにちは、monoです。

リモートワークの普及によって急速に事業を拡大している「キャスタービズ」。

キャスタービズのオンラインアシスタントは全員リモートワーク・シフト制のため、結婚や出産を機に退職したキャリアウーマンのセカンドキャリア先として人気を集めています。

しかしキャスタービズで働くことを夢見ている人たちに立ちはだかるのが、選考倍率100倍という壁。

「働きやすそうだけど、私なんかが通過できるわけない」と諦めている人も多いでしょう。

そこで当記事ではキャスタービズの選考を通過したい人のために、

  • キャスタービズの選考って何するの?
  • 選考通過するために必要なことは?
  • キャスタービズ以外の会社もあるよ

というテーマで解説します。

キャスタービズとは?

まだキャスタービズについてそこまで知らない人のために、サービスの概要について解説します。

キャスタービズ(CASTER BIZ)は、株式会社キャスターが運営する「オンラインアシスタントサービス」です。本社は宮崎県ですが、リモートワークを推進している会社なので問題ありません。東京にも南青山に事業所があります。

月額96,000円〜で企業のあらゆる業務をオンラインでサポートし、企業が抱える採用・コストの問題を解消するためのソリューションサービスとして人気です。導入企業は1,000社以上にのぼり、その中にはGREEやオプト、ユーザーベースなどの有名企業もあります。

キャスタービズの選考は厳しい?

ここからが本題です。

キャスタービズの選考では何をするのか、ぶっちゃけ難しいのかについて解説します。

選考フローは?

キャスタービズの選考フローは、個人差はあるものの一般的に以下の流れで進んでいくようです。

  1. 書類・課題選考
  2. 1次面接
  3. 最終面接
  4. 内定

まぁ一般的な選考フローですよね。したがって、対策についても一般的な選考対策で良いでしょう。

倍率は100倍

気になる選考難易度ですが、キャスタービズの公式サイトを見ると、最初に述べた通り「倍率100倍」と書いてあります。

「100倍って…」と思われるかもしれませんが、まぁ人気求人だとだいたいこんなもんです。

99人よりも優れているとアピールできるように対策していきましょう。

必要な経験・スキル

効率的に対策するためにも、キャスターがアシスタントに求めている採用要件を確認しておきましょう。キャスターに限らず、企業の選考を受ける際には、ここの要件をクリアしておくことが大切です。

キャスタービズのオンラインアシスタントの場合、採用要件は以下のようになっています。一般的なIT系秘書業務に必要な経験とスキルと思っておけば良いでしょう。

必須スキル

  • 秘書業務経験者(1年以上)
  • ITリテラシーの高い方(新しいITツールをつかうことが得意・好きな方)
  • 中級以上のMS Officeスキル(Excel関数・PowerPointが不自由なく使える程度)
  • コミュニケーションスキル

歓迎スキル

  • カスタマーサポート、コールセンター経験
  • 広告レポート実務経験
  • WEBデザイン実務経験
  • マネジメント経験

キャスタービズの選考に受かるには?

キャスタービズの選考内容についてわかりました。

では、どのような対策をしておけばキャスタービズの選考を通過できるのでしょうか?

PCスキルを磨こう

キャスタービズの選考通過にPCスキルは必須です。

タイピング、Word、EXCEL、PowerPointは最低限できるようにしておきましょう。スクールに通うまではしなくても大丈夫です。

EXCELについては以下の本を読む程度で大丈夫です。

【2019年】スプレッドシートの勉強におすすめの本7選【網羅しました】

経験・実績とスキルを絡めてアピール

自己PRや志望動機をアピールするときのコツは「実績や経験」を企業が求めている「スキル」と絡めて、できるだけ具体的に伝えることです。

例えば「マネジメントスキル」のような役割を求められている場合には、以下のように伝えると良いでしょう。

部下5人を率いるプロジェクトのPMを務めました。経験者2人、未経験者3人、私(リーダー)という6人体制のチームで、オペレーションから戦略立案まで幅広くこなさなければいけない状況でした。

明らかにリソースが足りない状況でしたので、私は「コミュニケーションコストを減らすこと」と「部下のマネジメントスキルを育てること」を目的とし、連絡系統を私↔経験者↔未経験者のようにする施策を実施しました。

そうすることで私は戦略を考えることに専念でき、部下にマネジメント業務を権限移譲できます。始めはトラブルも多く部下から「未経験者をどのように育成すれば良いかわからない」と言った相談を受けることも多かったですが、独学で学んだコーチングのスキルを生かしてアドバイスを続けたところ、1ヶ月後には私のところへ相談に来ることはほとんどなくなり、オペレーションが円滑に回るようになっていました。

その結果、私は戦略を考える時間を確保でき、プロジェクトは目標を150%上回る成功を収めることができました。

御社に入社させていただけた際には、新人アシスタントの戦力化や育成などの場面で、この経験を活かせるのではないかと考えております。

役職としてはありふれたPM経験ですが、仕事やプロジェクトの進め方を具体的に説明して、それを入社後にも再現性の高いスキルとしてアピールできていますよね。

リーダーを作れるリーダーというのは大変貴重な人材なので、企業からの評価も高くなります。

最後は人間性を見られる

PC操作やマネジメントスキルも大切ですが、最後に見られるのはやはり人間性です。採用担当から見て「この人と一緒に働きたいかどうか」ということですね。

面接官との相性や社風とのマッチなどありますが、まずは笑顔でハキハキと、結論から質問に答えることが大切です。

また企業への志望度をアピールするために、具体的な業務の流れや、面接官個人に踏み込んだ質問をするのも良いでしょう。

オンラインアシスタントの求人は他にもある

以上がキャスタービズの選考を通過するための対策方法でしたが、この方法は他のオンラインアシスタントサービスの選考の場合でもほとんど同じです。

キャスタービズ以外にもリモートで働けるサービスはたくさんあるので、万が一キャスタービズに落ちてしまっても仕事に困らないよう複数のオンラインアシスタント求人に同時応募しておくことがおすすめです。

例えばフジア株式会社の「フジ子さん」というオンラインアシスタントサービスは現在採用を強化しているので、スタッフが充足しているときに比べると選考に通りやすいかもしれません。

気になる方は一度「フジ子さん」の求人をチェックしてみてください。

まとめ

今回は「キャスタービズの選考って何するの?」「選考通過するために必要なことは?」「キャスタービズ以外の会社もあるよ」というテーマで解説しました。

キャスタービズの選考は簡単ではありませんが、きちんと対策して実績と経験をアピールできればちゃんと通ります。自分がこれまでやってきたことを惜しみなくアピールしつつ、キャスター側にもメリットがあることを伝えましょう。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂️関東在住のサイドFIREを目指すブロガー/座右の銘は「知識は誰にも奪われない」/ゆるく稼いで楽しく暮らすライフハック情報をお届けします/アイコンは黎(クロイ)さん。

時間を作る オンラインアシスタント

© 2021 monoblog