GASで明日・n日後・nヶ月後の日付を取得する方法【コード付き】

2021-02-08

GASで明日・n日後・nヶ月後の日付を取得する方法【コード付き】
mono
mono
こんにちは、monoです。

GAS(Google Apps Script)を使っていると、コード内で「明日の日付」を取得したくなるときはありませんか?

「明日の日付」をコード内で取得できたら色々と便利ですよね。

そこで当記事では「GASで明日の日付を取得する方法」について解説します。

GASで明日の日付を取得する方法

GASで明日の日付を取得するには、「getDate()」で取得した日付に「+1」した日付を「setDate()」ですれば取得できます。

 command
//現在時刻を取得
var date = new Date();
//明日の日付を取得
var date.setDate(date.getDate() + 1);
//明日の日付を出力
Logger.log(Utilities.formatDate( date, 'Asia/Tokyo', 'yyyy/MM/dd'));
}

GASでn日後の日付を取得する方法

GASでn日後の日付を取得するには、「getDate()」で取得した日付に「+n」した日付を「setDate()」ですれば取得できます。

 command
//現在時刻を取得
var date = new Date();
//n日後の日付を取得(n=7)
var n = 7;
var date.setDate(date.getDate() + n);
//n日後の日付を出力
Logger.log(Utilities.formatDate( date, 'Asia/Tokyo', 'yyyy/MM/dd'));
}

GASでnヶ月後の日付を取得する方法

GASでnヶ月後の日付を取得するには、「getMonth()」で取得した月に「+n」した日付を「setDate()」ですれば取得できます。

 command
//現在時刻を取得
var date = new Date();
//nヶ月後の日付を取得(n=3)
var n = 3;
var date.setDate(date.getMonth() + n);
//n日後の日付を出力
Logger.log(Utilities.formatDate( date, 'Asia/Tokyo', 'yyyy/MM/dd'));
}

まとめ

今回は「GASで明日の日付を取得する方法」について解説しました。

GASで明日の日付を取得したいときはぜひご活用ください。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

スキルを磨く Google Apps Script

© 2021 monoblog