GASの勉強におすすめ!Google Apps Script入門本ランキング13選!【2021年】

2019-11-17

【GAS】Google Apps Scriptの勉強におすすめの本3選
考える人
考える人
GAS(Google Apps Script)を勉強したいけど、体系的にまとまっている学習書や良い本ってないかな

「プログラミングは体系的に学ぶより、都度調べてやるものだ」という風潮もありますが、まったく知識がない状態なら、まずは体系的に学ぶことをおすすめします。

GAS(Google Apps Script)でできることは広範なので「そもそもGASで何ができるか?」みたいなところを最初に本で勉強しておけば、最小限のインプットで最大のアウトプットを出すことができるでしょう。

当記事では、

  1. GASの勉強方法・手順
  2. GASの勉強におすすめの入門本

について解説します。

この記事で紹介する本一覧

GAS(Google Apps Script)の勉強方法・手順

GASの学習手順は、大きく以下の3ステップです。

  1. GASの本を1冊読む
  2. 手を動かして効率化ツールを作る
  3. ①②を繰り返す

1つずつ解説します。

GASの本を1冊読む

まずはGASの本をどれでも良いので1冊読みましょう。そもそもGASとは何か、どうやって使うのか、何ができるのかがわからないと何もできません。

GASはそこまで難しいプログラミング言語ではないので、基本的にどの書籍も初心者が読める内容になっています。

初めてGASをやるなら、まずは1冊の参考書を読むことから始めましょう。

特にこだわりがなければGAS本で有名な「詳解!GoogleAppsScript完全入門」が、わかりやすくて網羅的に解説していておすすめです。

下記の記事で本の内容を詳しく解説しています。

GASの勉強はこれ一冊でOK!「詳解!GoogleAppsScript完全入門」

続きを読む

手を動かして効率化ツールを作る

GASの参考書を1冊読んだら、何でも良いのでGASのツールを作ってみましょう。

先ほども言ったように、GASはそこまで難しいプログラミング言語ではないので、技術力を上げるよりはできるだけ早い段階で実生活で役に立つものを作った方がコスパが良いですし、なんだかんだ技術力も上がります。

作るツールは本当に何でもいいですが、「何でも良いと言われると逆にわからない」という人は、下記の記事でGASでできることをたくさん紹介しているので、参考にしてみてください。

【GAS入門】Google Apps Scriptでできることを徹底解説!

続きを読む

①②を繰り返す

GASの参考書を1冊読んで、何かしらのツールを作ったら、あとは①と②を繰り返すだけです。本当にこれだけ。

最初は1冊の書籍を読めば十分ですが、とはいえ1冊だけだと情報や解説に抜け漏れがあります。

数冊読めばその抜け漏れもカバーできるので、新しい書籍を読みつつ、新しいツールを作っていれば、いつの間にか知識も技術力もパワーアップします。

ちなみにすでにある程度GASやプログラミングの経験がある人は、①から始める必要は全くないので、①をすっ飛ばして②に進んでいただいてOKです。

GASの勉強におすすめの本13冊

それではGAS(Google Apps Script)の勉強におすすめの本を13冊紹介します。

まずは本を読んで、「GASで何ができるか」を理解しましょう。

1冊ずつ、本の概要から特徴、どんな人におすすめの本なのかまで、詳しく解説します。

詳解!GoogleAppsScript完全入門

詳解!GoogleAppsScript完全入門」は、実務者からも高い評価を得ているGASの入門書。

初心者からGASでのコーディングに慣れた玄人まで、参考書や辞書代わりに使えるほど、詳細かつ親切にGASについて書かれています。

584ページとかなり大ボリュームなので、この本を読み込めば基本的なGASの実装はほぼマスターできるでしょう。

1冊で網羅的にGASの勉強をしたい人におすすめの本です。

GASの勉強はこれ一冊でOK!「詳解!GoogleAppsScript完全入門」

続きを読む

GoogleAppsScriptクイックリファレンス

Google Apps Script唯一のリファレンス本です。

GASのリファレンスはネット上でも確認できますが、手元に本として置いてあった方が使いやすいときもありますよね。

紙の本で1冊、手元にリファレンスが欲しい人におすすめの本です。

ちなみに当ブログでもGASのリファレンスを記事にしているので、良かったら参考にしてください。

Google Apps Scriptリファレンス【36万字で一覧を紹介】

続きを読む

仕事で使える!Google Apps Script

こちらの本は「仕事でGASを使う!」をテーマに書かれた本です。

そのため技術力を高めるというよりは、「いかに仕事に活用するか」「そのためにはどのようにコーディングすれば良いか」について重点的に解説されています。

GASを使ってすぐにでも業務効率化したい人におすすめの1冊です。

仕事がはかどるGoogle Apps Script自動処理

仕事がはかどるGoogle Apps Script自動処理」は、GASを使ってさまざまなGoogleアプリを操作する方法を網羅的に解説した本。

スプレッドシートだけでなく、Gmailやカレンダー、ドキュメントなど、使用頻度の高いであろうGoogleアプリをGASで操作する方法をわかりやすく解説しています。

最低限の知識だけインプットして、短期間で実務の効率化・自動化にGASを役立てたい人におすすめの本です。

GoogleAppsScript実践プログラミング

created by Rinker
秀和システム
¥3,080 (2021/08/02 08:37:51時点 Amazon調べ-詳細)

Google Apps Scriptの使い方について、1から10まで丁寧に解説した本です。

スクリプトエディタの開き方や管理画面の使い方を画面キャプチャ付きで解説しているので、初めてGASを触る人でもつまずかないように配慮されています。

「IT少し苦手だな」という人や、コーディングよりツールや画面の使い方を知りたい人におすすめの本です。

サーバーレスでお手軽自動化!Google Apps Script活用入門

身の回りにあるスプレッドシートやGmailなどの業務を、GASを使って自動化する活用法を解説した本です。

身近な具体例やサンプルコードが多数紹介されており、GASをどのように活用すれば良いかのイメージを掴みやすくなっています。

GASの具体的な活用例をサンプルコード付きで勉強したい人におすすめの本です。

現役公認会計士が解説!GASで自動化する経営管理

現役の公認会計士が、GASを使って経理業務を効率化する方法を解説した本です。

経理業務に絞られてはしまいますが、実際の経理業務へどのようにGASを適用させていくかが丁寧に解説されており、現場への適用方法について参考になる1冊です。

現場への適用方法について勉強したい人におすすめの本です。

Google Apps Script Webアプリ開発 超入門

こちらの本は「GASでWebアプリを作ろう!」というテーマで書かれた本です。そのため、難易度はやや高めの本となっております。

また、Amazonのレビューを見るとコードの誤植が多いようで、プログラムをそのまま写経しても動かないことがあるようです。

その場合は自分で直す必要があるので、自分の頭で考えるトレーニングになるでしょう。

Google Apps Scriptビギナーズガイド

「Google Apps Scriptって何?」というところから、一気に「Gmailの自動化」や「スプレッドシートの操作まで」解説している本です。

9つの章に分けてGoogle Apps Scriptを使った活用例とその実装方法を解説しているので、読めばすぐに業務に活かすことができます。

GASを使って一刻も早く業務効率化したい人におすすめの本です。

Google Apps Scriptステップアップガイド

Google Apps Scriptをサーバーサイド言語として捉えて解説している本です。

書いてある内容はかなりハイレベルで、GASと「Google Cloud SQL」や「BigQuery」、「Google Maps API」などとの連携方法まで解説しています。

これらの情報はネットにもあまり出回っていないので、GASの技術レベルを今よりステップアップさせたい人におすすめの本です。

Google Apps Scriptパーフェクトガイド

先ほど紹介した「Google Apps Scriptビギナーズガイド」と「Google Apps Scriptステップアップガイド」の2冊を1冊にまとめた本です。

書いてある内容は同じですが、1冊にまとまっているので両方買う予定の人はこちらを買った方が安くなります。

GASの基礎から応用まで網羅的に学習したいやる気のある人におすすめの本です。

Google Apps Script【オライリー英語】

オライリーから出ているGAS入門本です。

すべて英語で書かれているので注意が必要ですが、コード自体は全世界共通なので意外と読めますし、オライリーなので非常にわかりやすく丁寧に解説しています。

英語アレルギーじゃない人、オライリーが好きな人におすすめの本です。

Going GAS【オライリー英語】

エクセルのマクロからGASへ移行する方法について書かれた本です。

クラウドで管理するニーズが増えるにつれ、エクセルからスプレッドシートで管理する会社も増えてきています。

マクロを使って業務効率化しているエクセルファイルを、スプレッドシートとGASに移行したい人におすすめの本です。

まとめ

今回は「GASの勉強方法・手順」「GASの勉強におすすめの入門本」について解説しました。

GASはJavascriptをベースに作られた言語なので「GASを体系的に勉強した後はそのままJSに挑戦…!」というのも良いでしょう。

Google Apps Scriptをきっかけに、プログラミングライフが始まれば幸いです。

では、また。

今回ご紹介した本一覧

monoおすすめのGAS本

【2019年】スプレッドシートの勉強におすすめの本7選【網羅しました】

続きを読む


RPAのおすすめ入門本ランキング一覧9選【2020年】

続きを読む

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

スキルを磨く Google Apps Script

おすすめ本

© 2021 monoblog