組織マネジメントのおすすめ入門本ランキング15選!【2021年】

2021-03-04

組織マネジメントのおすすめ入門本ランキング15選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

組織が大きくなればなるほど、効率的なマネジメント手法が大きな効果を発揮します。しかし、小規模チームのマネジメントは経験していても、大きなチームになるとどうやってマネジメントすればいいかわからず悩む人も多いでしょう。

そこで当記事では、組織マネジメントについての知識を深めて仕事や組織作りに役立てたい人向けに、「組織マネジメントのおすすめ入門本」を紹介します。

組織マネジメントの本を探している人はぜひ参考にしてください。

組織マネジメントのおすすめ入門本15選!

組織マネジメントのおすすめ入門本を15冊ご紹介します。

マネジメントへの挑戦復刻版

created by Rinker
日経BP
¥1,980 (2021/04/13 15:52:46時点 Amazon調べ-詳細)

マネジメントへの挑戦復刻版」は、現実に即した経営学の本。

きれいごとで終わらない現実の経営に生かせるマネジメント論について詳しく解説されています。

理論だけのうわべでなく、現実に即した内容となっているので、企業のマネジメントにたずさわっているような人におすすめの本です。

図解人材マネジメント入門

図解人材マネジメント入門」は、人材マネジメントの基礎知識を図解と文章で設置した本。

現場で使える知識や、組織を成長させるための理論と実践について詳しく解説されています。

図解で分かりやすく体系的に書かれているので、人事担当者・管理職・経営者・人材業界などで「人材マネジメント」をはじめて学ぶ方、あらためて基礎から学びたいようなな人におすすめの本です。

ティール組織

ティール組織」は、生命型組織とも言われるティール組織の概要やメリット、構築方法について書かれている本。

組織というものがどのように変化してきて、なぜ今「ティール組織」が注目されているのかについて詳しく解説されています。

ティール組織とはどのような組織なのか一番詳しく書かれている本なので、ティール組織について学びたい人におすすめの本です。

組織行動のマネジメント 入門から実践へ

組織行動のマネジメント 入門から実践へ」は、組織がどのように行動するのかについて書かれた本。

組織の行動科学や組織で働く人々について詳しく解説されています。

組織がどのようにして行動していくのかがはっきりとわかるので、組織の上に立ち会社の経営をしているような人におすすめの本です。

短期間で組織が変わる行動科学マネジメント

短期間で組織が変わる行動科学マネジメント」は、やる気が出て継続する力が身に付く本。

科学的根拠に基づいた実践的な方法について、詳しく解説されています。

しなくてはいけないをしたいに変える実践法が書かれているので、しないといけないのにできないような人におすすめの本です。

マネジャーの最も大切な仕事

マネジャーの最も大切な仕事」は、仕事の生産性やモチベーションを高める本。

メンバーのメンタルの影響の関係や、チームのモチベーションについてなど、マネジャーがするべきことが詳しく解説されています。

マネジャーがすべきことについて書いてありますので、マネージメントに悩んでいるような人におすすめの本です。

学習する組織入門

学習する組織入門」は、変化に柔軟に適応し、進化し続ける組織(ラーニング・オーガニゼーション)について解説している本。

「個人の成長」と「組織の成長」を相乗的に実現するノウハウを、 日本における第一人者がわかりやすく詳しく解説されています。

イメージのしやすさ、実践しやすさを意識して各章に「事例」と「演習」を掲載しているので、自分や組織・チームを成長させたいと感じているというような人におすすめの本です。

他者と働く

他者と働く」は、ナラティヴについて詳しく書かれている本。

不要な対立を避けて、組織の未来を明るくすることについて詳しく解説されています。

人間関係で対立した時の対処法について書かれているので、つらい人間関係を抱えているような人におすすめの本です。

STARTUP アイデアから利益を生みだす組織マネジメント

STARTUP アイデアから利益を生みだす組織マネジメント」は、スタートアップという新しい時代の経営手法を実体験できる本。

新事業や、新商品開発など、大企業も注目する新しい時代の経営について詳しく解説されています。

起業の際に大事な点をポーカーゲームに絡めて理解しやすい形で説いてくれているので、これから起業を考えているような人におすすめの本です。

グロービスMBA組織と人材マネジメント

グロービスMBA組織と人材マネジメント」は、個を生かす組織と経営のポイントについてまとめている本。

人と組織のマネジメントについて詳しく解説されています。

理論に基づき新しい観点も盛り込んでいるので、リーダーとして組織の人を活かしていきたいと考えているような人におすすめの本です。

マンガでやさしくわかる組織開発

マンガでやさしくわかる組織開発」は、職場活性化を実現する考え方+実現のヒントが詰まった本。

組織開発とは一体どのようなものなのか?という概念的で、どこかつかみどころがなかった「組織開発」の考え方をマンガのストーリーを元に詳しく解説されています。

ストーリーで疑似体験しながら解説で理解を深め、「組織開発」のエッセンスをつかめるので、もっといい職場・組織にしたいけれどその方法がよくわからないというような人におすすめの本です。

組織論と行動科学から見た人と組織のマネジメントバイアス

組織論と行動科学から見た人と組織のマネジメントバイアス」は、人と組織のマネジメントに関する間違った常識を正してくれる本。

競争環境や、相対評価など、学術研究からわかった組織運営の常識・非常識について詳しく解説されています。

人と組織のマネジメントにまつわるバイアスを紐解いてくれるので、誤った思い込みを正して組織のリーダーとして成功したいような人におすすめの本です。

ScalingTeams 開発チーム組織と人の成長戦略

Scaling Teams 開発チーム組織と人の成長戦略」は、組織の急成長を支える戦略と戦術の事例を紹介した本。

採用や、マネジメント、コミュニケーションの秘訣について詳しく解説されています。

米IT企業の実証済みの解決策を集約しているので、組織を拡大したり再編したりしようと考えているような人におすすめの本です。

サイエンス・マネジメント

サイエンス・マネジメント」は、営業の現場を劇的に変えるマネジメントを教えてくれる本。

組織変革・新規事業を成功に導くマネジメントのステップや、過去の勝ちパターンを踏襲しない再現性のある営業マネジメントなど、サイエンスマ・ネジメントついて詳しく解説されています。

営業の現場を劇的に変えるサイエンス・マネジメントの実践方法が解説されているので、営業マネジャーとして成果が出ずに悩んでいるような人におすすめの本です。

無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論

無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論」は、組織がイキイキする上下関係の作り方を紹介している本。

組織論のなかでも人と組織のマネジメントについて蓄積されてきた膨大な基礎的・学問的知識をわかりやすく実例を使って詳しく解説されています。

誰でも一定程度までは人と組織のマネジメントのプロになれることを目指した本なので、組織のトップやチームのリーダーというような人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「組織マネジメントのおすすめ入門本」について解説しました。

組織作りは1人のリーダーシップではなく、効果的なマネジメント手法を取り入れることが大切です。あなたの組織に合ったマネジメント手法を取り入れて組織に団結力を持たせ、成果の出る組織を作り上げましょう。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂️関東在住のサイドFIREを目指すブロガー/座右の銘は「知識は誰にも奪われない」/ゆるく稼いで楽しく暮らすライフハック情報をお届けします/アイコンは黎(クロイ)さん。

スキルを磨く 思考法

おすすめ本

© 2021 monoblog