メンタリストDaiGoおすすめ歯ブラシ・歯磨き粉「クラプロックス」の特徴・口コミを解説!

メンタリストDaiGoおすすめ歯ブラシ「クラプロックス」の特徴・メリットを解説!
mono
mono
こんにちは、monoです。

身の回りの持ち物にこだわるDaiGoさん。これまでたくさんの歯ブラシを試してきて、ついに見つけたというお気に入りの歯ブラシが「クラプロックス」というメーカーの歯ブラシ。

この記事では「メンタリストDaiGoさんのおすすめ歯ブラシ3選」というテーマで、動画内で紹介していたクラプロックス社製の歯ブラシについて解説します。

クラプロックス社製の歯ブラシが気になる人はぜひ参考にしてください。

クラプロックスとは?

curaprox_logo

クラプロックスはスイスのプレミアム歯ブラシメーカー。磨き心地にこだわり、すべての歯ブラシにクーレン素材を使用。ふわふわもちもちな磨き心地を実現しています。

クーレン素材の他、撥水がよく丈夫なポリエステルファイバーの配合により、歯ブラシの交換頻度は3ヶ月に1回でOK(一般的な歯ブラシは1ヶ月に1回)。

市販の歯ブラシより割高なものの、歯の健康や磨き心地への意識が高い層からの人気を集め、オーラルケアブランドとして地位を築くに至りました。

徹底して品質にこだわる企業姿勢が、DaiGoさんも気に入る歯ブラシの誕生に繋がったのかもしれませんね。

クラプロックス歯ブラシおすすめ3選

クラプロックスからはさまざまな種類の歯ブラシが発売されていますが、今回はその中でもおすすめの歯ブラシ3本を紹介します。

メンタリストDaiGoさんが動画で紹介していた歯ブラシもあるので、「クラプロックスといえばこれ!」という歯ブラシを知りたい人はぜひ参考にしてください。

【おすすめ1】クラプロックス超極細毛歯ブラシ「CS5460ウルトラソフト」

created by Rinker
Curaprox
¥990 (2022/01/18 20:38:36時点 Amazon調べ-詳細)

最初に紹介するのは、クラプロックスの中では安価で根強い人気を誇るベストセラー歯ブラシ「CS5460ウルトラソフト」です。

1,000円以下で購入することができ、1ヶ月あたりに換算すると約330円。市販の歯ブラシより少し高いくらいの金額で利用できます。

クーレン繊維ブラシでふわふわもっちり

cs5460_クーレン繊維

「CS5460ウルトラソフト」はクーレン繊維を使用し、ふわふわもっちりの磨き心地です。

毛の固いブラシで強く歯を磨くと歯茎を痛めてしまうことがありますが、クーレン繊維の柔らかブラシなら歯茎への負担を少なく磨けます。

5,460本の超極細毛で優しく汚れを除去

「CS5460」という名のとおり、「CS5460ウルトラソフト」には5,460本の超極細毛が植えられています。

毛の密度が濃いので、細かい隙間に付着した汚れにもアプローチ可能。

磨き残しが多い人や、ついつい歯を強く磨いてしまう人におすすめの歯ブラシです。

【おすすめ2】クラプロックス「ブラックイズホワイト」

続いて紹介するのは、白×黒のクールなデザインが特徴の「ブラックイズホワイト」。

「CS5460」より少しだけ高額ですが、その分「CS5460ウルトラソフト」にはない特徴があります。詳しく見ていきましょう。

CS5460より少し固めの歯ブラシ

歯ブラシの真ん中に白いライン上に植えられた毛は、CS5460より少しだけ固い毛。固さの異なる2種類の毛を使うことにより、汚れの除去力アップが期待できます。

毛の本数は約5,100本と「CS5460」よりやや少なめですが、汚れの除去力が不十分という心配は無用です。なお、毛が固いと言っても少しなので、歯茎にやさしい歯ブラシなのは変わりません。

活性炭粒子を使用したカーボン配合ブラシ

ブラックイズホワイトのブラシには、活性炭粒子が配合されたカーボンブラシが採用。

カーボンブラシは歯のエナメル質を傷つけないので、歯を傷つけずに着色汚れを取り除いて美しい歯に仕上げられます。

歯にはやさしく、着色汚れにはしっかりとアプローチしてくれるのがカーボンブラシ。

専用粉歯磨き粉で驚きの白さへ

created by Rinker
Curaprox
¥1,980 (2022/01/18 20:38:36時点 Amazon調べ-詳細)

「ブラックイズホワイト」を使う際は、専用の粉歯磨き粉(カーボン入りホワイトニングパウダー)を使いましょう。

汚れや黄ばみだけなく、歯石や歯垢の沈着も防ぎ、歯本来の白さを取り戻します。

また、ストロングミントフレーバー配合で口臭ケアにもアプローチ。

【おすすめ3】クラプロックス音波式電動歯ブラシ「ブラックイズホワイト」

最後に紹介するのは、音波式振動機能を搭載した電動歯ブラシ「ブラックイズホワイト」。

先ほど紹介した「ブラックイズホワイト」に電動機能が搭載されたモデルです。

機能について詳しく見ていきましょう。

1分間最大42,000回振動で細かい汚れを除去

ブラックイズホワイト_最大42000回の振動

電動歯ブラシで重要な振動回数は、1分あたり最大42,000回。高速な微細振動が歯に付着した汚れを除去します。

振動回数は3段階に調節可能なので、1分あたり42,000回だと多すぎる人は22,000回/分、32,000回/分へ調節しましょう。

フルパワー60分間使用/USB充電で使いやすい

ブラックイズホワイト_充電方法と時間

満充電時なら、フルパワーで動かしても60分使用可能。さらにUSBで充電できるので、電池交換不要で手軽に充電できます。

旅行先や出先でも荷物がかさばらず、家以外の場所でも家と同じようにオーラルケアできます。

歯の奥に届きやすいブラシ形状

ブラックイズホワイト_奥歯に届く10度の角度

「ブラックイズホワイト」の電動歯ブラシには、奥歯にも当てやすいようブラシに10度の角度がついています。

奥歯には汚れが溜まりやすいので、角度のついたブラシでしっかり汚れを除去しましょう。

また、ブラシが細かく振動しているので、ブラッシングは歯に当てるだけでOKです。

替えブラシの交換は3ヶ月に1回

電動歯ブラシの「ブラックイズホワイト」もブラシの交換は3ヶ月に1回です。

手用歯ブラシの2倍ほどの値段になりますので、「ブラックイズホワイト」の電動歯ブラシにするか手用歯ブラシにするかはランニングコストを考えて選ぶようにしましょう。

ブラックイズホワイトの使い方

最後に、「ブラックイズホワイト」の使い方について紹介します。

粉歯磨き粉、電動歯ブラシなど通常の歯ブラシとは使い方が異なる部分があるので、購入前・使用時には確認するようにしましょう。

  1. ブラシヘッドを濡らさずに粉歯磨き粉を少しつける。
  2. ブラシを口の中に入れてブラシの半分が歯に、残りの半分が歯茎に優しく当たるように「45度」の角度で当てる。
  3. スイッチを入れて1本ずつ歯を磨く。
  4. 「45度」を保った状態で2〜3秒間歯に当てる。強く当てすぎないように注意。
  5. 上下・表裏の4ブロックに分けて磨く。
  6. 磨き始めて30秒経つと0.2秒間の短い中断があり、次の部位へ移動する時間になったことをお知らせ。
  7. 2分経つと一度停止するが、すぐにまた作動する。
  8. 4分経つと自動的に電源が切れる。

実際にクラプロックスを使った人の口コミ評判

最後に、実際にクラプロックスを使った人たちの口コミを紹介します。

利用者の声なので、クラプロックスの購入を検討している人は参考にしてください。

【口コミ評判1】他の歯ブラシだと毛が固く感じる・物足りない

一度クラプロックスを使うと、他の歯ブラシだと毛を固く感じるようです。

それほど、クラプロックスのクーレン繊維ブラシは柔らかいということですね。

【口コミ評判2】強く磨いてしまう人や磨き残し多い人におすすめ

クラプロックスのクーレン繊維ブラシは、少々強めに磨いても歯茎への負担が少なくて済みます。

普段強い力で歯を磨いてしまう人や、磨き残しが多い人にもおすすめですね。

【口コミ評判3】人気ブランドの電動歯ブラシより良い

https://twitter.com/d2c_maestro/status/1434386727334924288

使った人によっては、人気ブランドの電動歯ブラシより良いという声もありました。

あくまで個人の見解で、機能性能を保証するものではありませんが、人気メーカーの電動歯ブラシと悩んでいる人は参考にしてみてください。

まとめ

今回は「メンタリストDaiGoさんのおすすめ歯ブラシ3選」「クラプロックス歯ブラシの特徴・メリット」について解説しました。

クラプロックスの歯ブラシは良い値段がしますが、歯の健康にとってプラスになることは間違いありません。

「何か良い歯ブラシないかな?」「DaiGoさんが気に入った歯ブラシってどんなのだろう?」と気になる人は、ぜひ一度試してみてください。

「CS5460」なら1,000円からクーレン繊維の歯ブラシをお試しできます。

メンタリストDaiGoおすすめガジェット25選!生活の質を高めるアイテム!

続きを読む

  • この記事を書いた人

mono

27歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資350万/お仕事の依頼はこちら

人生を楽しむ ガジェット

メンタリストDaiGo 買ってよかったもの

© 2022 monoblog