キューブタイマーの使い方とは?DaiGoさんおすすめ「TickTime」も紹介!

キューブタイマー「TickTime」の使い方!DaiGoさんおすすめのポモドーロを実践!
mono
mono
こんにちは、monoです。

メンタリストDaiGoさんの動画を見て、キューブタイマーがどんなものか気になったのではないでしょうか?

この記事では「キューブタイマーの使い方」や「おすすめのキューブタイマー」について詳しく解説します。

キューブタイマーとはどんなツールなのか、気になる人はぜひ参考にしてください。

目次

キューブタイマーとは?

そもそもキューブタイマーとはどんな道具なのかについて解説します。

キューブタイマーとは、立方体や六角柱など物理的に複数の面を持っていて、「上に向けて置いた面によって設定時間を変えられるタイマー」のことです。

キューブタイマーは、

  1. タイマーを手に持つ
  2. 好きな時間の面を上に向けて置く

という2ステップで時間を設定できるので、キッチンタイマーやスマホのタイマーと違い、一瞬で使い始められるのが特徴です。

スマホだと、SNSやゲームなど誘惑や選択肢が多いため、タイマーを使うだけでも脳の選択力(ウィルパワー)を酷使してしまいます。

キューブタイマーは「持つ・置くの2動作」だけなので、本来の目的のために最短で時間を設定することができます。

キューブタイマーの使い方

キューブタイマーの概要が分かったところで、ここからはキューブタイマーの具体的な使い方について解説します。

使い方と言っても、道具としての使い方は「①持つ」「②置く」だけなので、今回は使う場面や用途について解説します。

瞑想・マインドフルネス

キューブタイマーは、瞑想やマインドフルネスの時間を測るタイマーとしておすすめです。

先ほど説明した通り、スマホのタイマーなどを使ってしまうとSNSやアプリの誘惑があります。さらに、タイマーを起動させるまでの設定も必要です。

キューブタイマーなら「よし、瞑想するぞ」と思ってからすぐにタイマーを開始できるので、意思がブレないうちに瞑想をスタートできます。

瞑想やマインドフルネスのハードルを低くしたい人に、キューブタイマーはおすすめです。

あわせて読みたい
マインドフルネス瞑想のおすすめ入門本ランキング7選【DaiGo著書も紹介】 集中力を向上させたり、ストレスを低減させたりと、近年マインドフルネス瞑想をするメリットが注目され始めています。 これ期にマインドフルネス瞑想の勉強を始めたいと...

勉強・仕事のポモドーロ用タイマーとして

キューブタイマーは、ポモドーロ・テクニックを使って勉強や仕事をするときにもおすすめです。

45分作業して15分休憩する」など、ルーティンで決まった時間を何度も繰り返すときにもキューブタイマーは便利です。

キューブタイマーなら操作の手間がほとんどかからないので、勉強や仕事の集中力を乱すことなく、ポモドーロの時間を測ることができます。

あわせて読みたい
【スマートウォッチでポモドーロ】おすすめはアップルウォッチとFitbit! 「ポモドーロ・テクニック」とは作業時間と休息時間を数十分単位で交互にとることで、作業時間の集中力や効率を高めるテクニックです。 この記事では、 おすすめのスマ...

簡易タイマーとして

キューブタイマーは、シンプルに簡易的なタイマーとしても使えます。

測れる時間は面に応じて決まっていますが、一瞬でタイマーの計測を開始できるので、普通のタイマーより楽に計測できて便利です。

細かな時間を測るのではなく、よく使われるような時間を測るのにもキューブタイマーはおすすめです。

おすすめのキューブタイマー

ここからはおすすめのキューブタイマーを紹介します。

DaiGoさんの動画で紹介されていたタイマーも紹介するので、気になる人は参考にしてください。

【BIOBEY】立方体キューブタイマー

created by Rinker
BIOBEY
¥2,600 (2022/12/07 12:14:00時点 Amazon調べ-詳細)

安価で手頃に使えるキューブタイマーが良い人は「BIOBEY」というサイコロ型のキューブタイマーがおすすめです。

真っ白いシンプルなデザインなので、机の上に置いてあっても邪魔になりにくく、インテリアとしても馴染みやすいのが特徴。

値段も2,000円程度と安価なので、「まずは安くて手頃な値段のキューブタイマーから使いたい」という人はこちらから使い始めると良いでしょう。

【TickTime】正六角柱キューブタイマー

時代に適した高機能なキューブタイマーを使いたい人は「TickTime」という六角柱のキューブタイマーがおすすめです。

TickTimeは自分好みに任意の時間を設定できるのが特徴。3分/5分/15分/30分用のキューブタイマーを買ったらそれしか測れないということはなく、最大で「99分55秒」までカウントダウンが可能です。

また、5段階の音量調整やストップウォッチ機能など、タイマー以外の機能も充実しています。せっかくなら小型で高機能なキューブタイマーが欲しい人は、こちらのTickTimeがおすすめです。

まとめ

今回は「キューブタイマーの使い方やおすすめのキューブタイマー」について解説しました。

キューブタイマーは瞑想やマインドフルネス、仕事や勉強でポモドーロ・テクニックを使うときになどに便利なアイテムです。

スマホでタイマーを使うとSNSやアプリで気が散ってしまいやすい人は、一度キューブタイマーを使って時間を測ってみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい
メンタリストDaiGoさん愛用ガジェット・おすすめ商品20選! メンタリストDaiGoさんは動画内で、仕事や健康に役立つ「人生を変えるガジェット」をたくさん紹介してくれています。 あまりにたくさんの愛用商品を紹介してくれている...
目次