【FLEXISPOTの天板】サイズ・厚さ別におすすめの天板5選を紹介!

2021-05-01

【FLEXISPOTの天板】サイズ・厚さ別におすすめの天板5選を紹介!
mono
mono
こんにちは、monoです。

電動昇降式スタンディングデスクの中でも圧倒的人気を誇る「FLEXISPOT(フレキシスポット)」。

「足の部分はFLEXISPOTにして、上に載せる天板はどうしよう…?」と悩んでいる人も多いのはないでしょうか。

この記事では「FLEXISPOTに載せる天板おすすめ5選」を紹介します。

FLEXISPOTと相性の良いう天板を見つけて、最高のデスク環境を構築しましょう。

FLEXISPOTの天板の選び方

まずはFLEXISPOTの天板の選び方について説明します。

どのような観点で天板を選べば良いか把握しておきましょう。

FLEXISPOTとの相性

まずは当たり前ですが、FLEXISPOTと天板の相性を考えましょう。

FLEXISPOTから純正の天板も発売されており、FLEXISPOTに設置することを前提に作られているので、ネジ穴やサイズ感、耐久度などFLEXISPOTで使いやすいように設計されています。

特に純正でない天板とFLEXISPOTをネジで固定するには天板にネジ穴を開ける必要があるので、純正ではない天板だと設置時に作業が増えることを知っておきましょう。

天板のサイズ(幅・奥行)

こちらも当たり前ですが、ちょうどいいサイズの天板を選ぶようにしましょう。

デスクの一般的な天板サイズは120×60cmですが、広い作業環境を用意したい場合は120×60cmよりも大きな天板も選択肢に入ります。

120×60cmより大きいサイズだと、140×70cmや180cm×60cmなどのサイズがあるので、自分の作業にはどの程度のスペースが必要か考えて選びましょう。

天板の耐久度・重さ

最後に以外と見落としがちなのが、天板の耐久度と重さです。

天板に重いものを置く予定がある場合は厚みがあって耐久度の高い天板の方が安定感があるでしょうし、軽作業しかしない場合は持ち運びのしやすい軽量な天板で十分でしょう。

ただ、よっぽど特殊な使い方をしない限りは天板が割れたりなどのトラブルが発生することはありません。

FLEXISPOTの天板おすすめ5選

FLEXISPOTに合うおすすめ天板を5つ紹介します。

FLEXISPOT 天板 120×60×2.5cm

一般的な120×60cmサイズの天板を探しているなら、同じFLEXISPOTの天板がおすすめです。

そもそもFLEXISPOTの電動昇降式スタンディングデスク用に作られているので、最初からネジ穴が用意されていて結合も簡単です。ネジ穴を開ける必要がありません

色も「ブラック」「メープル」「ホワイト」と3色展開されているので、部屋のインテリアに合わせて好きな色を組み合わせられます。

120cm
奥行 60cm
厚さ 2.5cm
ブラック・ホワイト・メープル

FLEXISPOT 天板 140×70×2.5cm

少し大きめの天板を探している人は、同じFLEXISPOTから出ている140×70cmサイズの天板がおすすめです。

先ほど紹介した天板のサイズ違いで同じく3色展開。広々デスクで快適に作業したい人、デスクに色々と物を置く予定がある人は大きめの天板を用意しておきましょう。

メモリやSSDと同じで、机の上も大容量の方が捗りますよ。

140cm
奥行 70cm
厚さ 2.5cm
ブラック・ホワイト・メープル

FLEXISPOT カーブ天板 140×70×2.5cm

created by Rinker
FLEXISPOT
¥22,000 (2021/07/31 01:44:14時点 Amazon調べ-詳細)

「天板が大きくなると、机の奥に手が届きにくい…」そんな人の悩みを解決するのが、FLEXISPOTの「カーブ天板」です。

天板の手前部分が湾曲してカーブしているので、天板の奥にも手が届きやすい仕様になっています。

カーブの形状がおしゃれで、他の天板とは一味違うデザインの天板を探している人にもおすすめです。

140cm
奥行 70cm
厚さ 2.5cm
ブラック・ホワイト・メープル

山善 天板 100・120・150×60×3cm

厚みのある天板を探している人は、山善の厚さ3cmの天板がおすすめです。

サイズは100・120・150×60cmの3展開なので、好みの大きさを選べるのも嬉しいポイント。

重いディスプレイを置く予定がある人は、厚みがあって耐久度の高い天板も検討してみてください。

100・120・150cm
奥行 60cm
厚さ 3.0cm
重さ 14.5kg
ダークブラウン・ホワイト・ナチュラル

アイリスオーヤマ 化粧棚板 90・120・180×20〜60×1.8cm

軽い設置しやすい天板を探している人は、アイリスオーヤマ「厚さ1.8cmの天板」がおすすめです。

重さは9.0kgと10kg以下に抑えられており、先ほど紹介山善の天板(14.5kg)と比較すると5kg以上も差があります。しかしながら厚さは1.8cmしかないため、耐久度は山善よりも低い可能性が…。

天板に重いものを置く予定がない人や、180cmなど長いサイズの天板を探している人におすすめの天板です。

90・120・180cm
奥行 20・25・30・35・40・45・60cm
厚さ 1.8cm
重さ 9.0kg(120×60cmの場合)
ブラック・ホワイト・ハニービーチ

まとめ

今回は「FLEXISPOTに載せる天板おすすめ5選」を紹介しました。デスクの天板は、部屋のインテリアだけでなく作業時の機能性にまで影響します。

特にこだわりがなければ「FLEXISPOT純正の天板」がもっとも使い勝手が良いと思いますが、暑くて丈夫な天板軽い天板が良いという人は、山善やアイリスオーヤマの天板も検討してみてください。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

人生を楽しむ ガジェット

スタンディングデスク

© 2021 monoblog