中田敦彦さんのおすすめリュック・ノート・ボールペンを紹介!

中田敦彦さんのおすすめリュック・ノート・ボールペンを紹介!
mono
mono
こんにちは、monoです。

常に高い品質の動画を投稿し続ける中田敦彦さん。仕事道具とも言えるリュック、ノート、ボールペンは何を使っているのか気になりますよね。

今回は「NAKATA TALKS」にて中田敦彦さんが紹介していた「おすすめのリュック、ノート、ボールペン」を紹介します。

中田敦彦さんが普段使っている道具が気になる人はぜひ参考にしてみてください。

目次

中田敦彦さんの買ってよかったもの3選【リュック・ノート・ボールペン】

それでは早速、中田敦彦さんがおすすめしていたリュック、ノート、ボールペンを紹介します。

僕が実際に使ってみたアイテムもあるので、体験談や感想も交えながらレビューしていきますね。

おすすめリュック「Aer Daypack2」

created by Rinker
Aer(エアー)
¥24,200 (2022/07/07 08:55:26時点 Amazon調べ-詳細)

中田敦彦さんおすすめのリュックは「Aer Daypack2」という黒いリュック。

実用性を追求した機能的なデザインと、どんな服にも合わせやすいシンプルなデザインが魅力です。

中田さんの動画を見て僕も購入しましたが、実際に使ってみて、確かに洗練された機能美で使いやすいと感じました。PCを入れても肩が痛くならないのが良いですね。

シンプルでおしゃれな機能性リュックが好きな人におすすめのリュックです。

同じAerというメーカーのボディバックもおすすめしていました。

Aer Daypack2の特徴

  • リュック単体でしっかり自立する
  • 吸収性のある柔らかい肩ベルト
  • パソコン収納ポケット付き
  • 荷物が底に滞留しにくいポケット構造
  • ペンや小物は縦ポケットに小分けして収納

おすすめノート「ライフノート(無地B5)」

created by Rinker
ライフ
¥1,090 (2022/07/07 07:02:09時点 Amazon調べ-詳細)

中田敦彦さんのおすすめノートは「ライフノート(無地B5)」です。

「ノートのスペースは脳のスペース」。良質なアイデアは良質な空間(ノート)から生まれるのが中田さんの考え方。

1冊1,000円と聞くと少し高い気もしますが、品質の良さは中田さんとAmazonレビューが証明しています。

ちなみに僕はライフノートではなく「アピカのプレミアムCDノート」派です。表紙が黒なので…。書き比べをしてみましたが、両者ほとんど同じの書き心地なので、デザインが好きな方を選んで使えば良いかと。

こちらはDaiGoさんもおすすめしていました。

created by Rinker
アピカ
¥601 (2022/07/07 08:55:24時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい
メンタリストDaiGoのおすすめ文房具5選!【ノート・万年筆・ボールペン】 日々のルーティンから仕事に使う道具など、すべてのモノに徹底して意味や目的を追求するDaiGoさん。 今回は、動画内で「DaiGoさんがおすすめしていた文房具」についてま...

ライフノート(無地B5)の特徴

  • 無地だから何も気にせず書き込める
  • 書き心地の良い紙質で書くのが楽しみに
  • 高級感のある表紙で自己肯定感アップ

おすすめボールペン「伊東屋ロメオNo.3&イージーフロー」

created by Rinker
伊東屋
¥14,800 (2022/07/07 07:02:10時点 Amazon調べ-詳細)

中田敦彦さんのおすすめボールペンは「伊東屋のロメオNo.3&イージーフロー」です。

1万円以下で買えるちょっと良い値段のボールペン。「ボールペンにそこまでお金はかけられないけど、そろそろジェットストリームは卒業したい…」そんな人にピッタリです。

軸を回すことでペン先の出し入れができるので、書いてる途中で引っ込んでしまうことや、筆箱の中でペン先が出てしまうこともありません。

ロメオNo.3と合わせて使いたいのがイージーフローインク。圧倒的な滑らかさで、字を書くのが楽しみになる書き心地です。

僕も中田敦彦さんの動画を見て購入し、毎日ロメオNo.3で日記を書いています。ちなみに10年日記です。

created by Rinker
アピカ
¥3,436 (2022/07/07 07:02:11時点 Amazon調べ-詳細)

伊東屋ロメオNo.3&イージーフロー

  • 1万円以下のちょうどいい価格帯
  • 回転繰り出し式で誤作動しにくい
  • 滑らかな書き心地のイージーフロー

まとめ

今回は「中田敦彦さんのおすすめリュック、ノート、ボールペン」を紹介しました。

どれも少し値が張りますが、実際に使ってみて確かな品質の高さを感じました。

安物買いの銭失いをするくらいなら、少しくらいお金を払っても間違いない買い物をしたいという人は、今回紹介したアイテムを一度使ってみてください。

質の良いものを使っていると、少しだけ幸せな気持ちになれますよ。

では、また。

目次
トップへ
目次
閉じる