資金繰りのおすすめ本ランキング10選!【2022年】

資金繰りのおすすめ本ランキング10選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

会社を倒産させないためにも、経営者や財務担当者が意識すべきは安全な資金繰り

しかし、資金繰りのやり方なんて学校で習うはずもありませんから、初めての人は何に気をつければいいかわからない人も多いでしょう。

この記事では、資金繰りについての知識を深めて実生活に役立てたい人向けに、「資金繰りのおすすめ本」を紹介します。

資金繰りの本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

資金繰りのおすすめ本ランキング10選!

資金繰りのおすすめ本を10冊ご紹介します。

売上が半分になっても慌てない!中小企業の資金繰り

売上が半分になっても慌てない!中小企業の資金繰り」は、現在は様々な補助金や助成制度で何とか景気は持ちこたえているもののこれからの悪化に備え、中小事業所が知っておくべき資金繰りのポイントを紹介した本。

資金繰りの作成や、ビジネスモデルの見直しなど、ウィズコロナ、ポストコロナ時代を生き抜く、賢いお金の回し方について詳しく解説されています。

新型コロナ禍で窮する中小事業者に向けて、資金繰りの考え方、 対応のしかたをメインに、中小企業事業者がつかえる助成金などについても焦点を当てて解説しているので、中小企業の経営者、経理・会計士責任者でこれからの激動の時代に会社を対応させたい人におすすめの本です。

資金繰りの不安がなくなる最高の方法

created by Rinker
¥1,540 (2022/12/07 12:58:44時点 Amazon調べ-詳細)

資金繰りの不安がなくなる最高の方法」は、中小企業や一人親方などの個人事業主のために自社の資金繰りを見直すことができる本。

日次資金繰り表(日繰り表)の教科書や、目的別預金口座で資金繰りを良くする技術など、キャッシュフロー経営の方法について詳しく解説されています。

◯◯◯会計の知識がなくても自分たちの力で資金繰りはできることを教えてくれるので、利益はでているものの、 毎回綱渡りのような資金のやり繰りを行っていて、節税しているはずなのにお金が貯まりづらい会社経営者で、自信の力で会社にお金を残したい人におすすめの本です。

給付金・協力金・融資・助成金・補助金・納税猶予・支払猶予 新型コロナ資金繰り対策がすべてわかる本

給付金・協力金・融資・助成金・補助金・納税猶予・支払猶予 新型コロナ資金繰り対策がすべてわかる本」は、次々と登場する新型コロナ関連の公的な支援策を わかりやすく整理して一挙に解説した本。

給付金・協力金・融資・助成金・補助金や、納税猶予・支払猶予など、次々と登場する新型コロナ関連の資金繰り対策について詳しく解説されています。

先が見えず、どんなことが起こるかわからない「有事」に経営をするとき、役立つ財務対策を提案しているので、企業の経営者や人会計責任者で、長期戦になるといわれている新型コロナとの戦い、withコロナを見越した財務対策やさらなる天変地異に備えたい人におすすめの本です。

中小企業経営者のための絶対にカネに困らない資金繰り完全バイブル

中小企業経営者のための絶対にカネに困らない資金繰り完全バイブル」は、日次・月次の資金繰り表の作り方はもちろん、経営計画の立て方、売掛金回収の方法、融資の受け方、支払時期の調整などが書かれている本。

資金繰りが厳しい会社の経営者の、なんと9割が、経営計画を立てず、決算書を読めず、資金繰り管理を行っていないなど、中小企業経営者の為の資金繰りについて詳しく解説されています。

中小企業の社長がどう考え動くべきかの初歩的なことは分かりやすく書かれおり、金融機関から資金を調達するかがページの大半を占めているので、中小企業経営者の人におすすめの本です。

はじめて資金繰りに悩む社長を担当したときに読む本 経営改善計画の活用による業績改善コンサルティングの実践手法

はじめて資金繰りに悩む社長を担当したときに読む本 経営改善計画の活用による業績改善コンサルティングの実践手法」は、資金繰りの悩みの原因、悩みの解決の経営改善計画の制度概要と流れが書かれている本。

経営立て直しの道筋が明らかになるなど、経営改善計画」の活用による業績改善コンサルティングの実践手法について詳しく解説されています。

会社経営の立て直しに必要な考え方や具体的な方法などのノウハウが惜しみなく書かれているので、企業経営を立て直したい経営者の人におすすめの本です。

いまこそ再認識!資金繰りとキャッシュフロー

created by Rinker
¥2,200 (2022/12/07 12:58:47時点 Amazon調べ-詳細)

いまこそ再認識!資金繰りとキャッシュフロー」は、資金繰り、キャッシュフローに焦点を当て、資金繰りの基本から資金繰りに関係する各種経営分析、キャッシュフロー計算書の見方、「事業計画書」から「資金繰り予測表」を作成する方法などについて具体的に解説した本。

借入金はどのくらい必要なのかや、資金がショートするまでの期間はどれくらいかなど、会社のお金の流れを把握した対策の講じ方について詳しく解説されています。

新型コロナウイルスの影響により、売上が激減し、賃料も払えず、資金がショートするなどの危機に直面している企業を助ける内容なので、中小企業の経営者や会計責任者で金融機関からの借入時にも困らない、しっかりした資金繰り表やキャッシュフロー計算書を作成したい人におすすめの本です。

起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン

起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン」は、企業のお金の流れを管理・サポートしている公認会計士・税理士がキャッシュ・フロー(資金繰り)を改善するための施策を伝授している本。

「即日督促」の体制を整備する 、売掛金の年齢表」を作成するなど、資金繰りの基本ついて詳しく解説されています。

資金繰りの4大原則や、キャッシュフロー改善57のテクニックについて解説してるので、起業の経理課や社長な人におすすめの本です。

資金繰りのツボが面白いほどわかる本

資金繰りのツボが面白いほどわかる本」は、政府系金融機関で培った中小企業の資金繰りの長所・短所を見抜くノウハウを持ち、的確なアドバイスができるので、必要な知識をコンパクトに分かり易く解説している本。

分析、計画、実行を経て改善までの実践ノウハウなど、資金繰りのツボについて詳しく解説されています。

資金の出入りの流れ、その歯車の組み合わせについて解説しているので、経営者の人におすすめの本です。

4つのステップで社長の悩み解消!資金繰りなるほどQ&A

4つのステップで社長の悩み解消!資金繰りなるほどQ&A」は、企業存続のカギとなる資金繰りをどう改善していけばよいか、学ぶ→気づく→動く→続けるの4つのステップにより実践を促す解説が書かれている本。

経営上の問題の予測、回避、解決など、経営上の資金繰りについて詳しく解説されています。

理論だけでなく、”行動し続けられる”ようにステップごとに章立て分かり易く書かれているので、起業経営者の人におすすめの本です。

これだけは知っておきたい資金繰りの基本と常識

これだけは知っておきたい資金繰りの基本と常識」は、「資金繰り」の基礎知識から応用テクニックを感覚的に身につけるように構成して書かれている本。

銀行と交渉する際に必要なさまざまな資料のつくり方を丁寧に説明など、「資金繰り」の基本と常識 について詳しく解説されています。

これだけは押さえたい資金繰りの基本 、借りられる様になる為に必要な基礎知識 、銀行が貸したい会社、貸したくない会社、融資が受け易くなる銀行交渉術と資料作り等が解説しているので、経営者、経理の人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「資金繰りのおすすめ本」について解説しました。

資金繰りで注意すべきことやコツを知って、健全な会社経営を心がけてください。

では、また。

目次