品質管理のおすすめ本ランキング11選!【2022年】

品質管理のおすすめ本ランキング11選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

メーカーの工場や研究開発で重要な品質管理。せっかく作っても、不良品や異物混入がしょっちゅう起きていたら利益は出ませんよね。

この記事では、品質管理について勉強したい人向けに、「品質管理のおすすめ本」を紹介します。

品質管理の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

品質管理のおすすめ本ランキング11選!

品質管理のおすすめ本を11冊ご紹介します。

マンガでやさしくわかる品質管理

created by Rinker
¥1,267 (2022/07/06 16:39:50時点 Amazon調べ-詳細)

マンガでやさしくわかる品質管理」は、品質管理のノウハウをストーリーマンガと一緒に解説している本。

QC七つ道具や統計的品質管理の考え方など、初心者にはハードルの高かった品質管理のノウハウについて詳しく解説されています。

計算なしでマンガから優しく学べるので、クオリティ向上のための知識を身につけたい人におすすめの本です。

品質管理がわかる本

created by Rinker
¥1,540 (2022/07/07 09:26:57時点 Amazon調べ-詳細)

品質管理がわかる本」は、品質向上のための基礎と問題解決力が身につく本。

目的と必要性や基本、統計的品質管理の考え方や品質問題の解決手順と手法など、企業に求められる品質管理について詳しく解説されています。

品質管理の基礎が身について、統計処理など技術的なこと簡単に分かる本なので、業務で品質管理に関わる全ての人におすすめの本です。

基本からよくわかる品質管理と品質改善のしくみ

基本からよくわかる品質管理と品質改善のしくみ」は、品質管理の基本と、あるべき姿を目指す品質改善の両面から解説した本。

モノづくりにおける品質の位置づけや外部不良と内部不良など、品質管理と品質改善の知識について詳しく解説されています。

品質管理の役割と品質改善のコツがやさしく図解されているので、はじめて品質管理を学ぶ人だけでなく現場ですでに仕事をしている人におすすめの本です。

図解でわかる品質管理いちばん最初に読む本

created by Rinker
¥1,760 (2022/07/07 09:26:59時点 Amazon調べ-詳細)

図解でわかる品質管理いちばん最初に読む本」は、品質管理について図解を使ってはじめての人にもわかりやすく解説する入門本。

QC7つ道具の考え方と使い方や、ISO規格による国際標準のすすめ方など、品質管理の基本から統計的分析手法による活用の仕方について詳しく解説されています。

図解とわかりやすい解説でやさしく手ほどきしてくれているので、品質管理の基礎から実践的な管理手法を勉強したい人におすすめの本です。

品質管理が一番わかる

created by Rinker
¥1,965 (2022/07/07 09:27:00時点 Amazon調べ-詳細)

品質管理が一番わかる」は、品質管理とは何か?どうするべきなのか?を分かりやすく解説した本。

品質管理の必要性と基本、ISOの世界やQC7つ道具に統計的手法など、品質管理に必要な知識について詳しく解説されています。

社内教育の教本としても役立つ内容なので、ものづくりやサービスの企業で働いている人におすすめの本です。

ビジュアル品質管理の基本

ビジュアル品質管理の基本」は、品質管理にまつわる諸々を網羅した解説本。

「品質とは何か」といった基本やQC七つ道具など品質管理特有の用語、統計的手法など、品質管理を理解するのに必要な内容について詳しく解説されています。

品質管理検定(QC検定)対策の参考書としても役立つ本なので、資格取得を目指し勉強している人におすすめの本です。

品質管理検定 教科書QC検定2級

品質管理検定 教科書QC検定2級」は、品質管理に関連するあらゆる場面で参考となるような実務を意識した本。

QC七つ道具や統計的方法の基礎など、第20回QC検定試験から適用される改定レベル表にも対応した品質管理について詳しく解説されています。

あらゆる場面で参考となるような、実務を意識した1冊となっているので、品質管理を学びたいすべての人におすすめの本です。

品質管理のための統計学

品質管理のための統計学」は、品質の良し悪しをどう評価するか?が面白いほどわかる本。

ばらつきの管理、測定、データ分析など、現場のデータを実例に直結する考え方について詳しく解説されています。

技術者にとって製造現場で必須の品質管理を基礎から応用までまとめている本なので、品質管理部門に関わる全ての人におすすめの本です。

上手な機械学習と統計的品質管理の使い方入門

created by Rinker
¥3,300 (2022/07/07 09:27:03時点 Amazon調べ-詳細)

上手な機械学習と統計的品質管理の使い方入門」は、トヨタ流のデータ分析を学べる本。

従来のデータ分析手法「統計的品質管理(SQC)」や近年脚光を浴びている「機械学習」など、「データ分析手法」のより良い使い方について詳しく解説されています。

2つのデータ解析手法を理解し、上手に実務へ活用できるようになる方法について書かれているので、問題や困り事解決の実践支援に携わる人におすすめの本です。

QC七つ道具がよ~くわかる本

QC七つ道具がよ~くわかる本」は、QC七つ道具の特徴と活用法について書かれた本。

パレード図や特性要因図、ヒストグラムなど、QC七つ道具それぞれの手法の特徴と活用法について詳しく解説されています。

なかなか成果が出ない事例などの問題を見える化する方法を教えてくれる本なので、業績など数値以外の問題で悩む人におすすめの本です。

生産現場構築のための生産管理と品質管理

生産現場構築のための生産管理と品質管理」は、生産現場と管理の連動性の強化について書かれた本。

作業を記号化し現状把握を行うことや、データを収集・分析し改善活動につなげることなど、生産現場を強くする方法について詳しく解説されています。

各段階で活用できる手法の解説も充実しているので、中小企業の製造現場を効率よく能率的にしたい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「品質管理のおすすめ本」について解説しました。

品質管理の知識を身につけて、不良品や異物混入が起きない生産ラインや利益が残る原価計算をしましょう。

では、また。

あわせて読みたい
工場・製造業のおすすめ本ランキング15選!【2022年】 かつて日本を支えた製造業。技術者たちがすごいのはもちろんですが、利益を出すために生産管理をしている管理者たちの技術も重要です。 この記事では、工場・製造業の理...
目次
トップへ
目次
閉じる