課長になったら読むべきおすすめ本ランキング10選!【2024年】

課長になったら読むべきおすすめ本ランキング10選!【2023年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

この記事では、課長について本で勉強したい人向けに、「課長になったら読むべきおすすめ本」を紹介します。

課長の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

課長になったら読むべきおすすめ本ランキング10選!

課長になったら読むべきおすすめ本本を10冊ご紹介します。

はじめての課長の教科書

はじめての課長の教科書」は、勝ち抜く企業をつくる「新任マネジャーのバイブル」を大幅リニューアルした本。

欧米発のマネジメント理論では説明しきれない役割や、独自のスキルなど、日本の組織を強くする中間管理職のスキル・心構え、戦力について詳しく解説されています。

類書がたくさんある現在でも、本書は「新任管理職のバイブル的テキスト」として活用されているので、課長に任命されたばかりの人におすすめの本です。

そうか、君は課長になったのか

そうか、君は課長になったのか」は、「悩める課長」への言葉がつまった本。

マネジメント・スキルなどの仕事術や、心得など、仕事をする上で大切にしたいことについて詳しく解説されています。

具体的なエピソードを用いて話してくれるので、課長としての働き方について学びたい人におすすめの本です。

課長の心得

課長の心得」は、新しい時代のマネジメントスキルが体系化された本。

これからの時代に求められる課長の力や、課長として、自分らしく働く方法など、ニューノーマル時代の「課長力」について詳しく解説されています。

ニューノーマル時代の「課長力」が身につくので、ニューノーマル時代に求められる最新のマネジメントを学びたい人におすすめの本です。

課長の技術 部下育成バイブル

created by Rinker
¥1,485 (2024/05/24 02:43:13時点 Amazon調べ-詳細)

課長の技術 部下育成バイブル」は、課長は部下をどのように育てればいいのかがわかる本。

部下をほめる時は「60秒以内」にといったほめ方の技術や、体的な数字を使いながら 指示を与える「教える技術」など、部下の育成について詳しく解説されています。

日々の仕事で部下と接するうえですぐに役立つ技術を具体的に解説してくれるので、ストレスなく人材を育成したい人におすすめの本です。

はじめて課長になったら読む本

created by Rinker
¥1,430 (2024/05/24 02:43:17時点 Amazon調べ-詳細)

はじめて課長になったら読む本」は、仕事の体系図で自分の仕事が棚卸しできる本。

管理点管理や、実際に課を運営していくうえで役立つノウハウなど、誰も教えてくれない課長本来の仕事について詳しく解説されています。

随所にマンガを使いながらビジュアルで解説してくれているので、課長候補になっている人におすすめの本です。

課長2.0リモートワーク時代の新しいマネージャーの思考法

課長2.0リモートワーク時代の新しいマネージャーの思考法」は、現代のマネジメントの本質が詰まった本。

課長は優秀でなくてよいことや、部下を「育てる」と考えないことなど、リモートワーク時代の新しいマネージャーの思考法について詳しく解説されています。

「リモートマネジメント」を成功させるために欠かせない「思考法」「スタンス」「ノウハウ」をまとめてあるので、結果を出したい人におすすめの本です。

リーダーにとって大切なことは、すべて課長時代に学べるはじめて部下を持った君に贈る62の言葉

リーダーにとって大切なことは、すべて課長時代に学べるはじめて部下を持った君に贈る62の言葉」は、キヤノン電子株式会社代表取締役社長に大切なことを教えてもらえる本。

自分が成長する方法や、部下の教育方法など、リーダーとして知っておくべきことについて詳しく解説されています。

分かりやすく、熱量を感じられるので、上司としての心得をしっかりと学んでおきたい人におすすめの本です。

できる課長はこれをやらない!

できる課長はこれをやらない!」は、近年のマネジメント論の主流を、真っ向否定する上司本。

出来る課長の部下との接し方や、できる課長の部下育成など、会社を伸ばす中間管理職の真実のマネジメント術について詳しく解説されています。

企業経営者の間で人気が高まっている「識学」の第一人者が、「嫌われる上司」にならなければならない理由を丁寧に解説してくれるので、中間管理職として悩んでいる人におすすめの本です。

自治体でいきなり課長になったら読む本

created by Rinker
¥2,048 (2024/05/23 15:06:25時点 Amazon調べ-詳細)

自治体でいきなり課長になったら読む本」は、内示から発令までの間に心得ておくべきことが書かれている本。

課長になったら準備すべきことや、会議のタイミングなど、課長がすべき仕事について詳しく解説されています。

ベテラン管理職が「課長仕事」についてやさしく紐解いてくれているので、初めて課長になった人におすすめの本です。

Z世代・さとり世代の上司になったら読む本 引っ張ってもついてこない時代の個性に寄り添うマネジメント

Z世代・さとり世代の上司になったら読む本 引っ張ってもついてこない時代の個性に寄り添うマネジメント」は、若手の言葉が理解出来ない人が読む本。

世代間ギャップが生まれる根源的な理由や、若手との「分かり合えなさ」への解決法など、部下とよい関係性を築くための コミュニケーションのポイントについて詳しく解説されています。

引っ張ってもついてこない時代の「個性」に寄り添うマネジメントについて書かれているので、若手のマネジメントに難しさを感じている人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「課長のおすすめ本」について解説しました。

今回ご紹介した本が、課長の勉強に役立てば幸いです。

では、また。

この記事を書いた人

28歳♂Webアナリスト/おすすめ本と生活改善グッズ紹介サイトmonoblog.jp他4サイト運営15万PVほど/楽天経済圏/リベ大生/サウナ/筋トレ/お仕事の依頼はこちら

目次