茶道のおすすめ本ランキング11選!【2022年】

茶道のおすすめ本ランキング11選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

この記事では、茶道について本で勉強したい人向けに、「茶道のおすすめ本」を紹介します。

茶道の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

茶道のおすすめ本ランキング11選!

茶道のおすすめ本を11冊ご紹介します。

世界のビジネスエリートが知っている教養としての茶道

世界のビジネスエリートが知っている教養としての茶道」は、茶道の教えから読み解くビジネスエリート必読の本。

世界が憧れる日本のおもてなしや、知っていると自信が持てるお茶会の作法など、「茶道の知識」について詳しく解説されています。

一つ知れば、いくつもの知識が身につく 茶道についてわかりやすく解説されているので、茶道の歴史を習得したい人におすすめの本です。

大切なことはすべて茶道が教えてくれる。

created by Rinker
¥1,485 (2022/12/05 02:09:47時点 Amazon調べ-詳細)

大切なことはすべて茶道が教えてくれる。」は、美しい思考・決断・行動へ導く「茶道の世界」がわかる本。

「癒やしとリフレッシュ」や、「仕事に使える教養の習得」など、茶道が心と体にもたらす効能について詳しく解説されています。

「茶道」は、リラックスした集中状態の中で発想力と感性が高まるので、ビジネスパーソンとして成長したい人におすすめの本です。

茶の本

created by Rinker
¥2,090 (2022/12/05 02:09:48時点 Amazon調べ-詳細)

茶の本」は、日本の美の心を茶道の美意識から説き起こして、世界に衝撃を与えた名著を初めてビジュアル化した本。

「美の本源」、「芸術の本質」や、「人生の本義」など、日本人の美意識や文化観について詳しく解説されています。

大川裕弘氏の美しい写真と共に、その世界観が味わえるので、日本人の本当の美意識を学びたい人におすすめの本です。

裏千家茶道ハンドブック

created by Rinker
¥1,232 (2022/12/05 02:09:49時点 Amazon調べ-詳細)

裏千家茶道ハンドブック」は、何処でも何時でも、茶道の所作を学び、確認できる本。

立ち居振舞い、客の割り稽古や、点前の割稽古、風炉の薄茶点前など、茶道の所作について詳しく解説されています。

茶道の基本から薄茶点前風炉・炉まで分かりやすく説明されているので、茶道の教室に通いたい人におすすめの本です。

お茶のすすめ お気楽茶道ガイド

created by Rinker
¥1,639 (2022/12/05 02:09:49時点 Amazon調べ-詳細)

お茶のすすめ お気楽茶道ガイド」は、茶道についてライトに紹介している本。

お茶に興味があるけど敷居が高いなど、茶道を始めるのに躊躇する気持ちを解消するような、軽い切り口で茶道について詳しく解説されています。

可愛いイラストとともに、茶道の面白い部分のみかいつまんで紹介しているので、軽い気持ちで茶道を始めたい人におすすめの本です。

新版はじめての茶の湯

created by Rinker
¥2,090 (2022/12/05 02:09:50時点 Amazon調べ-詳細)

新版はじめての茶の湯」は、表千家家元の指導による茶の湯入門書の決定版となる本。

表千家のけいこうあ、風炉と炉両方の薄茶、濃茶の点前など、茶道に関する基本について詳しく解説されています。

わかりやすい多数のプロセス写真と解説で紹介してくれるので、茶の湯をこれから習ってみたい人におすすめの本です。

入門した人、したい人のための茶道

入門した人、したい人のための茶道」は、茶道入門の前にも後にも役立つ本。

稽古でどんなことをするのかや、どんなことがわかるのかなど、茶道の基本について詳しく解説されています。

10のテーマを掲げて理解を助けるとともに、稽古を続けると、どんな世界が待っているのか、究極の世界を垣間見ることができるので、茶道をはじめてみたい人におすすめの本です。

一億人の茶道教養講座

created by Rinker
¥1,056 (2022/12/05 02:09:51時点 Amazon調べ-詳細)

一億人の茶道教養講座」は、ありそうでなかった、茶道の効果的な学び方を学ぶ本。

「侘び」の概念を外国人にわかりやすく教える方法や、読んでおくべき茶書など、茶道の効果的な学び方について詳しく解説されています。

禅語、道具、建築などジャンル別に、学ぶ際のポイントがどこにあるのかを解説しているので、茶の教養をさらりとおさえたい人におすすめの本です。

はじめて学ぶ茶の湯〔表千家流〕

created by Rinker
¥1,980 (2022/12/05 02:09:52時点 Amazon調べ-詳細)

はじめて学ぶ茶の湯〔表千家流〕」は、これ一冊で茶の湯の基本のすべてがわかる本。

茶の湯の基本の「き」や、客のマナーなど、茶の湯初心者がぜひ押さえたいポイントについて詳しく解説されています。

稽古のポイントや盲点をカバーするコラムが多数収録されているので、茶道の中・上級の人におすすめの本です。

なぜ茶道でココロが整うのか 1日10分で変わる茶道の癒し術

なぜ茶道でココロが整うのか 1日10分で変わる茶道の癒し術」は、時を経る過程で発見した・学んだことが詰まった本。

茶道の奥深さや、美しい所作など、16年間続けてきた著者の茶道の気づきについて詳しく解説されています。

茶道を通して思考がスッキリする新しい心の整え方が紹介されているので、1日10分で心のモヤモヤを消したい人におすすめの本です。

仕覆作りは茶道の楽しみ、暮らしの彩り:世界にひとつの、心を包む袋

仕覆作りは茶道の楽しみ、暮らしの彩り:世界にひとつの、心を包む袋」は、仕覆の魅力を余すことなく伝える本。

仕覆作りの道具と基本の縫い方や、魅せる紐結びなど、仕覆のさまざまな使い方や基本の作り方について詳しく解説されています。

茶道具をはじめ、お気に入りの骨董品や布についても解説されているので、仕覆作りをしない人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「茶道のおすすめ本」について解説しました。

今回ご紹介した本が、茶道の勉強に役立てば幸いです。

では、また。

目次