TODAY関数・NOW関数の使い方!曜日や和暦の取得方法も解説!

2019-12-30

TODAY関数・NOW関数の使い方!曜日や和暦の取得方法も解説!
考える人
考える人
スプレッドシートで今日の日付や現在時刻を自動で更新しながら表示してくれる関数を知りたい

スプレッドシートで今日の日付や現在時刻を取得するならTODAY関数とNOW関数を使いましょう。

TODAY関数とNOW関数を使えば、簡単な記述で自動的に今日の日付や現在時刻を更新してくれます。

当記事では、

  1. TODAY関数・NOW関数とは何か
  2. TODAY関数・NOW関数の構文・使い方

について解説します。

TODAY関数・NOW関数とは何か

TODAY関数(NOW関数)は「今日の日付(現在時刻)に対応するシリアル値を返す関数」です。

今日の日付(現在時刻)を任意のセルに常に表示させたい場合には、TODAY関数(NOW関数)を使いましょう。

TODAY関数・NOW関数の構文・使い方

TODAY関数・NOW関数の構文や使い方について解説します。

TODAY関数の構文・使い方

TODAY関数は以下の構文で動作します。セル内に以下の関数を記述するだけですぐに使うことができます。

=TODAY()

NOW関数の構文・使い方

NOW関数は以下の構文で動作します。セル内に以下の関数を記述するだけですぐに使うことができます。

=NOW()

表示形式を変えたい場合は?

TODAY関数やNOW関数で日付や時刻を取得したら、任意の表示形式に変えたい人もいるでしょう。

表示形式を変えるには大きく2つの方法がありますので、1つずつ解説していきます。

表示形式→数字で直接変える

1つ目の方法はスプレッドシートのツールバーにデフォルトで表示されている「表示形式→数字」を使って変える方法です。

以下の図を参考に、お好きな表示形式へ変更してください。

TEXT関数を使う

2つ目の方法は「TEXT関数」を使って変える方法です。

TEXT関数を使うことで「日付→文字列データ」へと変換しつつ、任意の表示形式に変換することができます。

西暦→和暦にするには?

西暦から和暦に変換するには、現状では自分たちで対照表を作って関数で処理する以外の方法がありません。

関数を使った西暦から和暦の変換方法については「Googleスプレッドシートの関数だけで和暦変換|Qiita」で詳しく解説されているのでリンクを貼っておきます。

まとめ

今回は「TODAY関数・NOW関数とは何か」「TODAY関数・NOW関数の構文・使い方」について解説しました。。

TODAY関数やNOW関数を使うことで、これまで手動で更新していた日付や時刻をコンピューターが勝手に更新してくれるようになります。面倒な作業はコンピューターにやらせて、僕たちはどんどん楽して稼ぎましょう。

では、また。

【保存版】スプレッドシート関数一覧!業務が爆速化する関数33選

【2019年】スプレッドシートの勉強におすすめの本7選【網羅しました】

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂️関東在住のサイドFIREを目指すブロガー/座右の銘は「知識は誰にも奪われない」/ゆるく稼いで楽しく暮らすライフハック情報をお届けします/アイコンは黎(クロイ)さん。

スキルを磨く スプレッドシート

スプレッドシート関数

© 2021 monoblog