ARRAY_CONSTRAIN関数とは?配列のサイズを指定する関数の使い方!

2020-01-09

ARRAY_CONSTRAIN関数とは?配列のサイズを指定する関数の使い方!
考える人
考える人
スプレッドシートで配列のサイズを指定する方法を知りたい

スプレッドシートで配列のサイズを指定するなら「ARRAY_CONSTRAIN関数」を使いましょう。

ARRAY_CONSTRAIN関数を使えば、少ない記述で直感的に配列サイズを指定することができます。

当記事では、

  1. ARRAY_CONSTRAIN関数とは何か
  2. ARRAY_CONSTRAIN関数の構文・使い方

について解説します。

ARRAY_CONSTRAIN関数とは何か

ARRAY_CONSTRAIN関数は「配列の結果を指定したサイズに抑えて返す関数」です。

ARAAYFORMULA関数のように配列をそのままのサイズで返すのではなく、状況に応じてサイズを変えたい場合にはARRAY_CONSTRAIN関数を使うのがおすすめです。

ARRAY_CONSTRAIN関数の構文・使い方

ARRAY_CONSTRAIN関数は以下の構文で動作します。

=ARRAY_CONSTRAIN(セル範囲, 行数, 列数)

ARRAY_CONSTRAIN関数では、セル範囲のサイズを指定した行数・列数に抑えます。

行数・列数をROW関数・COLUMN関数やCOUNT系関数と組み合わせることで、動的に配列サイズを変化させることもできるでしょう。

まとめ

今回は「ARRAY_CONSTRAIN関数とは何か」「ARRAY_CONSTRAIN関数の構文・使い方」について解説しました。

ARRAY_CONSTRAIN関数はARRAYFORMULA関数の上位互換とも言える関数です。ぜひ一度使ってみてください。

では、また。

【保存版】スプレッドシート関数一覧!業務が爆速化する関数33選

【2019年】スプレッドシートの勉強におすすめの本7選【網羅しました】

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂️関東在住のサイドFIREを目指すブロガー/座右の銘は「知識は誰にも奪われない」/ゆるく稼いで楽しく暮らすライフハック情報をお届けします/アイコンは黎(クロイ)さん。

スキルを磨く スプレッドシート

スプレッドシート関数

© 2021 monoblog