リーンスタートアップのおすすめ本ランキング10選!【2024年】

mono
mono
こんにちは、monoです。

この記事では、リーンスタートアップについて本で勉強したい人向けに、「リーンスタートアップのおすすめ本」を紹介します。

リーンスタートアップの本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

リーンスタートアップのおすすめ本ランキング10選!

リーンスタートアップのおすすめ本を10冊ご紹介します。

リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす」は、シリコンバレー発 注目のマネジメント手法が学べる本。

成長につながる価値を学ぶや、その判断基準など、注目のマネジメント手法について詳しく解説されています。

リーン・スタートアップの本質は、不確実で先が読めない時代への挑戦なので、価値を正しく見極め、失敗をムダにしたくない人におすすめの本です。

ThisisLeanリソースにとらわれずチームを変える新時代のリーン・マネジメント

ThisisLeanリソースにとらわれずチームを変える新時代のリーン・マネジメント」は、全14か国で翻訳された世界的ベストセラーとなった本。

フロー効率を左右するプロセスや、効率性のパラドックスなど、組織とチームを圧倒的に「リーン」にする方法について詳しく解説されています。

組織で実践できるリーンのエッセンスが 凝縮された、目から鱗の必読の一冊なので、既存事業を立て直したい人におすすめの本です。

図解リーン・スタートアップ成長戦略

created by Rinker
¥2,420 (2024/05/24 01:06:11時点 Amazon調べ-詳細)

図解リーン・スタートアップ成長戦略」は、成長のための6つのステップを示した本。

6ステップの進め方や、全体最適化の方法、トラクションモデルなど、様々なツールについて詳しく解説されています。

実践的な方法を具体的に教えてくれるので、実際に行動を起こして自分を変えていきたい人におすすめの本です。

リーンマネジメントの教科書 あなたのチームがスタートアップのように生まれ変わる

リーンマネジメントの教科書 あなたのチームがスタートアップのように生まれ変わる」は、日本を代表する企業のマネージャーたちが絶賛する超実践講座を書籍化した本。

経験をもとにして体系化した超実践的なセオリーや、ツールなど、「リーン・マネジメント」について詳しく解説されています。

著者が大企業のマネージャー向けに開いている「リーン・マネジメント講座」を書籍化したものなので、チームはスタートアップ企業のように生まれ変わらせたい人におすすめの本です。

リーン・スタートアップ 大企業での活かし方HBR

リーン・スタートアップ 大企業での活かし方HBR」は、大企業がリーンスタートアップをする際に大切なことを示した本。

事業開発や、イノベーションへの取り組み方など、大企業でリーンスタートアップを取り入れる手法について詳しく解説されています。

既存の方法を活用する方法が具体的に理解できるので、大企業をより発展させていきたい人におすすめの本です。

リーンスタートアップに戦略を融合させるHBR

リーンスタートアップに戦略を融合させるHBR」は、どの企業にも導入可能な「リーン戦略プロセス」を紹介している本。

変化に合わせてスピードが求められるベンチャーの世界における体系的で緻密な戦略の取り入れ方など、硬直的な計画と野放図な実験という弊害を防ぎながら、戦略と起業家精神をうまく融合し活用するポイントについて詳しく解説されています。

ベンチャーにおいて馴染まないとされてきた従来の戦略的手法と起業家精神との融合に重点を置いて解説されているので、起業を目指している人や、事業を軌道に乗せたい人におすすめの本です。

RunningLean 実践リーンスタートアップ

RunningLean 実践リーンスタートアップ」は、成功率を上げたい起業家向けのハンドブックとなる本。

顧客が必要とするMVPを構築する方法や、構築・計測・学習ループを高速化する方法など、Running Lean(ラニング・リーン)について詳しく解説されています。

リーンキャンバスや顧客インタビューの手法を使いながら具体的に解説しているので、ビジネスやマーケティングについていろいろ学んで来た人におすすめの本です。

LeanAnalytics スタートアップのためのデータ解析と活用法

LeanAnalytics スタートアップのためのデータ解析と活用法」は、「リーンスタートアップ」が提唱する構築・計測・学習ループの「計測」にフォーカスした本。

6つのビジネスモデルや、具体的なデータの裏付けなど、スタートアップのためのデータ解析と活用法について詳しく解説されています。

スタートアップが成長するための「計測すべき数値」について詳細に解説されているので、数字や指標が苦手な人におすすめの本です。

リーン顧客開発 売れないリスクを極小化する技術

リーン顧客開発 売れないリスクを極小化する技術」は、顧客開発のプロセスにおいて「構築・計測・学習」のフィードバックループを実践するための本。

ターゲット顧客のプロフィールをマッピングする方法や、顧客の行動背景や課題を明確にするインタビューのコツなど、リーン顧客開発について詳しく解説されています。

顧客開発を行うための手順を具体的に解説されているので、「リーンスタートアップ」を実践したい人におすすめの本です。

リーンブランディング リーンスタートアップによるブランド構築

リーンブランディング リーンスタートアップによるブランド構築」は、ブランドを構築して顧客との関係性を築く方法を示した本。

ブランド戦略や、顧客へのマーケティングなど、リーンスタートアップにおいて大切なことについて詳しく解説されています。

メッセージの伝え方について考えさせてくれるので、リーンスタートアップをしたい人だけでなく、自分について人に伝える方法を学びたい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「リーンスタートアップのおすすめ本」について解説しました。

今回ご紹介した本が、リーンスタートアップの勉強に役立てば幸いです。

では、また。

あわせて読みたい
スタートアップのおすすめ本ランキング19選!【2024年】 この記事では、スタートアップについて本で勉強したい人向けに、「スタートアップのおすすめ本」を紹介します。 スタートアップの本を探している人はぜひ参考にしてくだ...

この記事を書いた人

28歳♂Webアナリスト/おすすめ本と生活改善グッズ紹介サイトmonoblog.jp他4サイト運営15万PVほど/楽天経済圏/リベ大生/サウナ/筋トレ/お仕事の依頼はこちら

目次