GAFAMのおすすめ本ランキング15選!【2024年】

GAFAMのおすすめ本ランキング15選!【2023年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

この記事では、GAFAMについて本で勉強したい人向けに、「GAFAMのおすすめ本」を紹介します。

GAFAMの本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

GAFAMのおすすめ本ランキング15選!

GAFAMのおすすめ本を15冊ご紹介します。

the four GAFA四騎士が創り変えた世界

created by Rinker
¥1,940 (2024/02/27 20:17:27時点 Amazon調べ-詳細)

the four GAFA四騎士が創り変えた世界」は、グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルの4企業の戦略と状況を分析している本。

商品の差別化やビジョンへの投資など、消費社会のプラットフォームを占拠する力を得た一連の流れについて詳しく解説されています。

著者自身の経験とユーモアを交えて分析しているので、GAFAに興味があり、概要を分かりやすく学びたい人におすすめの本です。

GAFA nextstage 四騎士+Xの次なる支配戦略

GAFA nextstage 四騎士+Xの次なる支配戦略」は、日本にGAFAという言葉を定着させた著者の新作にあたる本。

新型コロナとGAFA+X、GAFA+Xの暴走に対抗するなど、新型コロナで変貌した世界の中で「GAFA+X」が何を壊し、何を創るのかについて詳しく解説されています。

今後10年を決める「生存戦略」について書かれた本なので、自身のビジネスが「GAFA+X」に脅かされる危機を回避したい人におすすめの本です。

GAFA×BATH米中メガテックの競争戦略

GAFA×BATH米中メガテックの競争戦略」は、アメリカのGAFAと中国のBATHの事業形態と戦略を最新情報を交えて平易に分析した本。

話題の米中巨大テクノロジー企業(メガテック)8社の全容と戦略など、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)と BATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)8社の事業形態と戦略を最新情報について詳しく解説されています。

8社を「分類→比較→分析」しているので、話題の米中巨大テクノロジー企業(メガテック)8社がなぜすごいのか。何がすごいのか。を知りたい人におすすめの本です。

なぜ日本からGAFAは生まれないのか

なぜ日本からGAFAは生まれないのか」は、Google、Apple、Facebook、Amazon(GAFA)のような世界的なテクノロジー企業が、日本に誕生していない理由について、深く掘り下げている本。

日本が長年にわたって抱えてきた問題や、文化的背景など、多岐にわたる要因を分析しながらGAFAの成功の秘訣について詳しく解説されています。

日本が抱える問題や文化的な背景など、日本独自の視点からの分析がされているので、GAFAの成功の要因や戦略を知ることで自社のビジネス戦略の見直しや改善をしたい人におすすめの本です。

メタバースがGAFA帝国の世界支配を破壊する!

created by Rinker
¥1,287 (2024/02/27 20:17:35時点 Amazon調べ-詳細)

メタバースがGAFA帝国の世界支配を破壊する!」は、メタバースがITの世界の何を変えるのかを書いた本。

デジタル仮想世界としてのメタバースの必要条件や、それに向けての競争など、メタバースの実態と可能性について詳しく解説されています。

メタバースのイメージが沸く内容が平易に書かれているので、将来のデジタル技術でのビジネスに興味のある人におすすめの本です。

40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ思考法

40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ思考法」は、会話形式での記述からロジカルシンキングを身に付けられる本。

会議やプレゼン、分析力、行動力、など、管理職として身に付けておきたいスキルについて詳しく解説されています。

日本人としては珍しいGAFAの部長ポジションでの転職に成功した著者が、その成功した要因として挙げている前職で身に付けたトップ企業で戦えるスキルを余すことなく公開しているので、GAFAに限らずコンサルや総合商社などのトップ企業への転職を目指す人におすすめの本です。

40歳でGAFAの部長に転職した僕が1ヶ月でやりきった戦略的面接対策

40歳でGAFAの部長に転職した僕が1ヶ月でやりきった戦略的面接対策」は、日系・外資系企業への転職を考える人に向けた面接対策の本。

著者が経験した日系・外資系企業への転職のプロセスや、面接での対応など、具体的な事例を交えながら、面接で成功するための戦略的なアプローチについて詳しく解説されています。

著者が面接対策をする上で大切にしている思考法や、面接で使える具体的な表現やフレーズも解説されているので、日系・外資系企業への転職を考える人や、ビジネスにおけるコミュニケーションスキルを向上させたい人たい人におすすめの本です。

あわせて読みたい
面接対策のおすすめ本ランキング10選!【2024年】 この記事では、面接対策について本で勉強したい人向けに、「面接対策のおすすめ本」を紹介します。 面接対策の本を探している人はぜひ参考にしてください。 【面接対策...

GAFA部長が教える自分の強みを引き出す4分割ノート術 最高の仕事領域をみつけよう!

GAFA部長が教える自分の強みを引き出す4分割ノート術 最高の仕事領域をみつけよう!」は、やりがい×得意×不安を感じない仕事=SWEET SPOT(最高の仕事領域)で考える本。

ノートとペンで自分の強みを引き出して、やりたいこと×最大の力が発揮できるパフォーマンスエリアがわかる、最新メソッドなど、詳しく解説されています。

最高の仕事領域(スィート・スポット)をみつけることこそ、これからの時代に不安を感じないで生きる最大のヒントになるので、現代人におすすめの本です。

あわせて読みたい
ノート術のおすすめ本ランキング17選!【2024年】 思考を整理するとして、ノートはおすすめです。デジタルが発達したとはいえ、手書きの方が考えをまとめやすいという人は多いのではないでしょうか? この記事では、さま...

図解世界最強4大企業GAFA 強さの秘密が1時間でわかる本

図解世界最強4大企業GAFA 強さの秘密が1時間でわかる本」は、スピーディーに理解する本。

グーグルが持つ“最強の武器”とは、アップルがヒット製品を連発できるのはなぜ?、アマゾンが莫大に儲けている「影のビジネス」とは?など、GAFAの企業の仕組みについて詳しく解説されています。

どうしても難しくなるIT用語などを平易な文章と図解でわかりやすく説明しているので、GAFAの入門編として学びたい人におすすめの本です。

GAFAMのエンジニア思考

created by Rinker
¥1,584 (2024/02/27 20:17:37時点 Amazon調べ-詳細)

GAFAMのエンジニア思考」は、変革にあふれた企業文化を支えるエンジニア思考について書かれた本。

アマゾンやフェイスブック、グーグル、 マイクロソフトなど、GAFAMに代表されるテックジャイアントの企業運営体制の背景について詳しく解説されています。

世界トップクラスの企業がどのように AIや自動化を利用しているかがわかる本なので、エンジニア思考に基づいた企業変革を自分自身の職場で実践したい人におすすめの本です。

How Google Works

created by Rinker
¥1,782 (2024/02/27 20:17:32時点 Amazon調べ-詳細)

How Google Works」は、グーグルのこれまでの成功の内情を時系列で詳述している本。

人材のマネジメントや新規事業領域の設定の仕方など、グーグルの組織経営や企業文化について詳しく解説されています。

旧来の概念に縛られないグーグルの組織マネジメント手法について学習できるので、企業の既成概念を打ち破るヒントを得たい人におすすめの本です。

アマゾンの最強の働き方 Working Backwards

created by Rinker
¥1,960 (2024/02/27 20:17:38時点 Amazon調べ-詳細)

アマゾンの最強の働き方 Working Backwards」は、世界最強企業アマゾンの働き方を体感しながらノウハウが身につく本。

アマゾンが掲げている「14の行動規範」や、客のニーズからさかのぼって発想する思考法「ワーキング・バックワーズ」など、誰もが導入できるよう体系化したアマゾンの独自の仕組みについて詳しく解説されています。

現代のビジネスにおける、究極の仕事の教科書なので、スキル、キャリア、組織の大小にかかわらず、アマゾンの手法を活用するさまざまな方法を探している人におすすめの本です。

フェイスブック若き天才の野望

フェイスブック若き天才の野望」は、フェイスブック創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏の成功と苦悩、野心を生き生きと描き出す本。

マーク・ザッカーバーグ氏が大学生だった頃から始めたソーシャルネットワーク「フェイスブック」の誕生や、現在までの歩みなど、彼のビジネス哲学や哲学的背景、そして彼が目指す未来像について詳しく解説されています。

フェイスブックの急成長とともに浮上してきた問題点や批判についても取り上げ、彼がそれらにどう向き合っているかについても触れられているので、マーク・ザッカーバーグ氏のビジネス哲学や哲学的背景に触れたい人におすすめの本です。

マイクロソフト再始動する最強企業

created by Rinker
¥1,426 (2024/02/27 20:17:39時点 Amazon調べ-詳細)

マイクロソフト再始動する最強企業」は、再びクリエイティブ集団へと生まれ変わったマイクロソフトの変革を描いた本。

ソフトウェアのパッケージ商売からクラウド主体のビジネスに変わっていった様子など、企業の方針転換の社内での受け止められ方と、それによる影響について詳しく解説されています。

AIやMRといったマイクロソフトの最新の研究開発のビジネスでの活用事例も紹介されているので、それらを自社のビジネスに役立てるためのヒントを得たい人におすすめの本です。

スティーブ・ジョブズI

created by Rinker
¥924 (2024/02/27 20:08:58時点 Amazon調べ-詳細)

スティーブ・ジョブズI」は、スティーブ・ジョブズのすべてがわかる伝記の本。

アップル創設の経緯や、iphone・ipadの誕生秘話、引退の話など、カリスマ経営者の実態について詳しく解説されています。

ジャーナリストでもあり伝記作家でもある作者がジョブス本人の全面協力のもと生き様を書き上げているので、ジョブズの思考をたっぷり知り得たい人におすすめの本です。

あわせて読みたい
スティーブ・ジョブズのおすすめ本ランキング10選!【2024年】 この記事では、スティーブ・ジョブズについて本で勉強したい人向けに、「スティーブ・ジョブズのおすすめ本」を紹介します。 スティーブ・ジョブズの本を探している人は...

まとめ

今回は、「GAFAMのおすすめ本」について解説しました。

今回ご紹介した本が、GAFAMの勉強に役立てば幸いです。

では、また。

この記事を書いた人

28歳♂Webアナリスト/おすすめ本と生活改善グッズ紹介サイトmonoblog.jp他4サイト運営15万PVほど/楽天経済圏/リベ大生/サウナ/筋トレ/お仕事の依頼はこちら

目次