SPARKLINE関数(スプレッドシート)の使い方!色を変える方法も紹介!

2020-01-30

SPARKLINE関数の使い方!セル内に棒グラフ・折れ線グラフを表示させよう!
考える人
考える人
スプレッドシートでセル内に棒グラフや折れ線グラフを表示させるにはどうすれば良いんだろう

スプレッドシートでセル内に棒グラフや折れ線グラフを表示させるなら「SPARKLINE関数」を使いましょう。

SPARKLINE関数を使えば、棒グラフや折れ線グラフなど、さまざま種類のグラフを表示できます。色の設定もできるので、項目ごとに見やすく設定もできます。

当記事では、

  1. SPARKLINE関数とは何か
  2. SPARKLINE関数の構文・使い方

について解説します。

SPARKLINE関数とは何か

SPARKLINE関数は「セル内で表示されるミニグラフを作成する関数」です。

棒グラフなどの可視化された情報をセル内で表示させたい場合には、SPARKLINE関数を使いましょう。

SPARKLINE関数の構文・使い方

SPARKLINE関数は以下の構文で動作します。

=SPARKLINE(データ, {オプション1,オプション値1; オプション2,オプション値2;…})

ここでいうオプションでは、「グラフの種類」「グラフの色」「グラフの最大値・最小値」など、グラフを描写する際に必要なオプションを設定します。

また、SPRKLINE関数では以下4種類のグラフを描写することが可能です。

  • 横棒グラフ(bar)
  • 折れ線グラフ(line)
  • 縦棒グラフ(column)
  • 正負グラフ(winloss)

1つずつオプションの種類も含めて詳しく解説していきます。

横棒グラフ(bar)の使い方

横棒グラフを使うには、「charttype:bar」を指定します。

オプション 説明
charttype bar 横棒グラフ
max 数値 X軸の最大値
color1 カラーコード(16進数表記) グラフ内の棒に使う1つ目の色
color2 カラーコード(16進数表記) グラフ内の棒に使う2つ目の色(積み上げ棒グラフ)
empty zeroまたはignore 空のセルの処理方法(0か無視)
nan convertまたはignore 非数値データを含むのセル(文字列等)の処理方法
rtl trueまたはfalse グラフを右から左に描写するかどうか(True=右から)

折れ線グラフの使い方

折れ線グラフを使うには、「charttype:line」を指定します。

オプション 説明
charttype line 折れ線グラフ
xmin 数値 X軸の最小値
xmax 数値 X軸の最大値
ymin 数値 Y軸の最小値
ymax 数値 Y軸の最大値
color カラーコード(16進数表記) 線の色(折れ線グラフの色を変更するには、そのセルのフォントの色を変更する。)
empty zeroまたはignore 空のセルの処理方法(0か無視)
nan convertまたはignore 非数値データを含むのセル(文字列等)の処理方法
rtl trueまたはfalse グラフを右から左に描写するかどうか(True=右から)
linewidtd 数値 グラフ内の線の太さ

縦棒グラフの使い方

縦棒グラフを使うには、「charttype:column」を指定します。

オプション 説明
charttype column 縦棒グラフ
color カラーコード(16進数表記) 縦棒の色
lowcolor カラーコード(16進数表記) グラフ内の最小値の色
highcolor カラーコード(16進数表記) グラフ内の最大値の色
firstcolor カラーコード(16進数表記) 最初の縦棒の色
lastcolor カラーコード(16進数表記) 最後の縦棒の色
negcolor カラーコード(16進数表記) すべての負の縦棒の色
empty zeroまたはignore 空のセルの処理方法(0か無視)
nan convertまたはignore 非数値データを含むのセル(文字列等)の処理方法
empty zeroまたはignore 空のセルの処理方法(0か無視)
axis trueまたはfalse 軸を表示するか
axiscolor カラーコード(16進数表記) 軸の色(該当する場合)
ymin 数値 Y軸の最小値
ymax 数値 Y軸の最大値
rtl trueまたはfalse グラフを右から左に描写するかどうか(True=右から)

正負グラフの使い方

正負グラフを使うには、「charttype:winloss」を指定します。

オプション 説明
charttype winloss 正負グラフ
color カラーコード(16進数表記) 縦棒の色
lowcolor カラーコード(16進数表記) グラフ内の最小値の色
highcolor カラーコード(16進数表記) グラフ内の最大値の色
firstcolor カラーコード(16進数表記) 最初の縦棒の色
lastcolor カラーコード(16進数表記) 最後の縦棒の色
negcolor カラーコード(16進数表記) すべての負の縦棒の色
empty zeroまたはignore 空のセルの処理方法(0か無視)
nan convertまたはignore 非数値データを含むのセル(文字列等)の処理方法
empty zeroまたはignore 空のセルの処理方法(0か無視)
axis trueまたはfalse 軸を表示するか
axiscolor カラーコード(16進数表記) 軸の色(該当する場合)
ymin 数値 Y軸の最小値
ymax 数値 Y軸の最大値
rtl trueまたはfalse グラフを右から左に描写するかどうか(True=右から)

まとめ

今回は「SPARKLINE関数とは何か」「SPARKLINE関数の構文・使い方」について解説しました。

SPARKLINE関数を使えば、棒グラフや折れ線グラフなど、さまざま種類のグラフを表示できます。モニタリング用のシートは見た目が大事ですから、最初にしっかり作り込みましょう。

では、また。

【保存版】スプレッドシート関数一覧!業務が爆速化する関数33選

続きを読む


【2019年】スプレッドシートの勉強におすすめの本7選【網羅しました】

続きを読む

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

スキルを磨く スプレッドシート

スプレッドシート関数

© 2021 monoblog