経営戦略のおすすめ本ランキング10選!【2021年】

2021-11-11

経営戦略のおすすめ本ランキング10選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

経営戦略は会社を存在させる上で欠かせません。経営戦略がしっかりしてないと、赤字経営になったり、競合にシェアを取られてしまう可能性があります。

この記事では、経営戦略についての知識を深めて会社経営に役立てたい人向けに、「経営戦略のおすすめ本」を紹介します。

経営戦略の本を探している人はぜひ参考にしてください。

経営戦略のおすすめ本ランキング10選!

経営戦略のおすすめ本を10冊ご紹介します。

マンガ経営戦略全史 確立篇

マンガ経営戦略全史 確立篇」は、ベスト経営書2013第1位に選ばれたベストセラーのマンガ化本。

原作である「経営戦略全史」にほぼ沿いながら、本文はマンガで示し、各節の最後には文章の解説があり、経営戦略全史について詳しく解説されています。

すでにこのような知識を得ている人でも新たな視点や知見を得られるので、経営戦略論をめぐる約50人の冒険活劇の世界をマンガで分かりやすく読みたい人におすすめの本です。

経営戦略と経済安保リスク

経営戦略と経済安保リスク」は、『エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い』(2020年刊)で、米国の安全保障規制を総合的に解説した著者による、新しい経営リスクの解説している本。

米国ならびに米国の同盟国と円滑に経済関係を維持していくためには、経済安全保障規制の網に準じた経営体制を構築する事など、米国との経済安保リスクについて詳しく解説されています。

企業が考慮すべき経済安全保障リスクとは何なのか。その背景も含めて昨今の情勢が読み解ける本なので、経済安保保障について学びたい様な人におすすめの本です。

経営のすべてを顧客視点で貫く

経営のすべてを顧客視点で貫く」は、成熟市場で利益を上げるための実戦的経営手法について書かれた本。

戦略BASiCSについて詳しく解説されています。

戦場・競合、独自資源、強みなどの要素ごとに経営戦略を解説しているので、自社の経営戦略を強化して再構築したいと考えている人におすすめの本です。

この1冊ですべてわかる経営戦略の基本

created by Rinker
¥1,650 (2021/12/01 00:46:53時点 Amazon調べ-詳細)

この1冊ですべてわかる経営戦略の基本」は、全社戦略と事業戦略について書かれた本。

戦略策定のノウハウと戦略の実践方法について詳しく解説されています。

環境分析、事業領域設定、事業戦略などが流れに沿って解説されているので、経営戦略を基本から学びたいと考えている人におすすめの本です。

強い会社が実行している経営戦略の教科書

強い会社が実行している経営戦略の教科書」は、“本当に使える経営戦略テキスト”として愛用されてきたロングセラーが待望のリニューアルをした本。

デジタル化&グローバル化や、日々の変化にあわせて正確かつスピーディーに経営判断を下していく経営戦略スキルなど、これからのビジネスに求められる本当に使える経営戦略について詳しく解説されています。

経営戦略策定に携わるすべての人の道しるべとなる1冊なので、経営学を初めて学ぶという人から、ビジネスの現場の最前線で経営判断を下しているような人におすすめの本です。

CSV経営戦略 本業での高収益と、社会の課題を同時に解決する

CSV経営戦略 本業での高収益と、社会の課題を同時に解決する」は、CSVは、従来の戦略論を根本から見直す試みであり、世界的にも大きな影響を与え始めている事が書かれている本。

日本企業がCSVをいかに自社の経営戦略に取り込み、飛躍を遂げていくべきかなど、CSVについて詳しく解説されています。

注目を浴び始めたCSV。その基本的な考え方と、日本企業が取るべきアプローチについて、実際の企業の例を引きながらわかりやすく解説しているので、CSVについて学びたい様な人におすすめの本です。

経営戦略全史【動画付き】

created by Rinker
¥2,926 (2021/12/01 00:46:55時点 Amazon調べ-詳細)

経営戦略全史【動画付き】」は、20世紀初頭から現在まで、約100年の間に登場した90余りの戦略コンセプトを、その背景とともに紹介している本。

世界的には古典とされる経営戦略論から、21世紀の経営環境激変の中で生まれた最新の戦略緒論まで、経営戦略の発展史について詳しく解説されています。

様々な戦略コンセプトがわかりやすく網羅されているので、数あるビジネス戦略を俯瞰的に理解したい人におすすめの本です。

これからのデザイン経営

created by Rinker
¥1,756 (2021/12/01 00:46:56時点 Amazon調べ-詳細)

これからのデザイン経営」は、デザイン経営について全体像を示すロードマップとともに、実践のための具体的な方法論を提示した本。

誰のために何をしたいのかという原点への立ち返りや、気づいた潜在的なニーズと企業の価値と意志との照らし合わせなど、デザイン的観点と思考を活用した経営手法「デザイン経営」について詳しく解説されています。

ずっと顧客に必要とされるようになる経営戦略と他の企業では代替できないブランド価値の作り方が学べるので、企業経営者で新時代ビジネスに対応していきたいような人におすすめの本です。

経営戦略立案シナリオ

created by Rinker
¥1,210 (2021/12/01 00:46:57時点 Amazon調べ-詳細)

経営戦略立案シナリオ」は、経営戦略立案の実践で使える戦略ツールを、社長、事業部長、そして将来、経営を担っていくべき人のために体系的にまとめたものが書かれている本。

さらにマクドナルドやドトールなど、身近な例など、売上を上げるマーケティングについて詳しく解説されています。

売上を上げるマーケティングをマクドナルドの身近な業種の例から解説してるので、マーケティングに興味がある様な人におすすめの本です。

マネジメント・テキスト経営戦略入門

マネジメント・テキスト経営戦略入門」は、日本の身近な事例に基づいて競争戦略・全社戦略をバランスよく解説しいている本。

全社戦略・事業戦略・機能戦略など、経営戦略について詳しく解説されています。

ドメインの設定、全社戦略策定の基本、個別戦略の立て方、 競争優位の実現、マーケティングの基本を俯瞰的に抑えているので、計戦略を学びたい様な人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「経営戦略のおすすめ本」について解説しました。

経営戦略の知識を身につけたら、自社に当てはめて考えましょう。会社が存続・発展するような経営戦略につながれば幸いです。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

スキルを磨く 経営・組織

おすすめ本 戦略的思考

© 2021 monoblog