3分でできる!Google Apps Scriptインストール方法【GAS入門】

2020-03-09

3分でできるGoogle Apps Scriptインストール方法【GAS入門】
mono
mono
こんにちは、monoです。

業務効率化のためにGoogle Apps Scriptを始めたいけど、そもそもどこから使えるのかわからない人もいるでしょう。

当記事では、

  • Google Apps Scriptとは何か
  • Google Apps Scriptのインストール手順

というテーマで解説します。

Google Apps Scriptとは?

Google Apps Script(通称GAS)とは、Googleが提供するスクリプトサービスのことです。

Googleアカウントがあれば誰でも無料で利用することができ、Googleのサーバー上でプログラムが動くため、特に環境設定の必要がないのが大きな特徴です。

Googleアカウントを作って、Google Apps Scriptをアカウントにインストールしたらすぐに使うことができます。

Google Apps Scriptのインストール手順

Google Apps Scriptのインストール方法について解説します。

といっても自分のパソコンにインストールするわけではないので、ボタンをポチポチしたらすぐに終わります。

Google Apps Scriptのエディタを開くには大きく4つの方法があるので、1つずつやり方を紹介します。

Google Apps Scriptエディタを開く4つの方法

  1. Google Driveから開く
  2. Googleスプレッドシートから開く
  3. Googleドキュメントから開く
  4. Googleフォームから開く

Google Driveから開く

Google Drive上からGASを開く方法について解説します。

まず、Google Driveの任意のフォルダ内で、メニューを開きます(Mac:2本指クリック、Windows:右クリック)。メニューを開いたら、「その他」をクリックします。

「その他」をクリック

この段階で「Google Apps Script」という項目が出てきたら、その項目をクリックして終了です。

「Google Apps Script」をクリック

出てこなければ、アプリを追加から検索して「Google Apps Script」を追加します。

現れなかった場合「アプリを追加」をクリック

検索ウィンドウで「script」と検索し、インストール

Google Driveから開く方法は以上です。

実はこの方法が1番ややこしくて面倒なので、面倒くさがりの人やスプレッドシートなどとセットで使いたい人は後述の方法でインストールするのをおすすめします。

Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシート上からGASを開く方法について解説します。

画面上部のメニューバーにあるツールから、「<> スクリプトエディタ」をクリックしたら開きます。

「ツール」>「スクリプトエディタ」

Googleドキュメントから開く

Googleドキュメント上からGASを開く方法について解説します。

画面上部のメニューバーにあるツールから、「<> スクリプトエディタ」をクリックしたら開きます。

「ツール」>「スクリプトエディタ」

Googleフォームから開く

Googleフォーム上からGASを開く方法について解説します。

画面右上部のメニューアイコンから、「<> スクリプトエディタ」をクリックしたら開きます。

「︙」>「スクリプトエディタ」

まとめ

今回は「Google Apps Scriptとは何か」「Google Apps Scriptのインストール手順」というテーマで解説しました。

Google Apps Scriptのインストールは簡単です。3分もあれば手軽に始められるので、ぜひお試しください。

では、また。

【GAS入門】Google Apps Scriptでできることを徹底解説!

【GAS】Google Apps Scriptの勉強におすすめの本3選

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂️関東在住のサイドFIREを目指すブロガー/座右の銘は「知識は誰にも奪われない」/ゆるく稼いで楽しく暮らすライフハック情報をお届けします/アイコンは黎(クロイ)さん。

スキルを磨く Google Apps Script

© 2021 monoblog