サステナビリティ経営のおすすめ本ランキング9選!【2021年】

2021-10-04

サステナビリティ経営のおすすめ本ランキング9選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

SDGsやESGに内包される形で、企業はサステナビリティ(持続可能な)経営を求められるようになりました。

この記事では、サステナビリティ経営についての理解を深めて会社経営に活かしたい人向けに、「サステナビリティ経営のおすすめ本」を紹介します。

サステナビリティ経営の本を探している人はぜひ参考にしてください。

サステナビリティ経営のおすすめ本ランキング9選!

サステナビリティ経営のおすすめ本を9冊ご紹介します。

SXの時代 究極の生き残り戦略としてのサステナビリティ経営

SXの時代 究極の生き残り戦略としてのサステナビリティ経営」は、読者を「本当のサステナビリティ経営」へといざなう本。

サステナビリティ経営の基本から、利益を出すための要諦、KPIを設定したマネジメント方法まで、数多くの事例とともに詳しく解説されています。

今の時代に不可欠な事業戦略について、敏腕コンサルタントが丁寧にレクチャーしてくれるので、サステナビリティ経営の波に乗り遅れているのではと不安を抱えている人におすすめの本です。

サステナビリティ経営

サステナビリティ経営」は、現在のサステナビリティ経営に至るまでの日本の環境経営の系譜を辿り、その特徴を詳述した本。

JISQ14001:2015の全文と具体的な環境マニュアルを掲載し、環境経営、CSR経営、サステナビリティ経営について詳しく解説されています。

サステナビリティ経営の特徴だけでなく、これに至る経営理念の歴史まで分かりやすく解説されているので、サステナビリティ経営の本質をより深く理解したい人におすすめの本です。

企業と社会 サステナビリティ時代の経営学

created by Rinker
¥3,031 (2021/10/27 16:16:14時点 Amazon調べ-詳細)

企業と社会 サステナビリティ時代の経営学」は、CSR、サステナビリティ、SDGs等、経済・環境・社会の関りの中で、企業に求められる役割やどのような取り組みが行なわれているかを体系的に解説している本。

CSR論の歴史・学説など、サスティナビリティ時代の経営について詳しく解説されています。

SDGsやCSRなど、これからの環境を配慮した経営について書かれているので、会社経営者の様な人におすすめの本です。

イチからつくるサステナビリティ部門

イチからつくるサステナビリティ部門」は、サステナビリティ部門の仕事を網羅的に紹介した初めての本格的な本。

サステナビリティ戦略の策定や、情報開示や社内教育の進め方など、企業におけるサステナビリティの取り組みについて詳しく解説されています。

「ESGの基礎知識」や「ESG実務のための用語集」など初心者のための解説も掲載しているので、これから企業のサステナビリティ部門で仕事に取り組むような人におすすめの本です。

サステナブルファイナンス攻防 理念の追求と市場の覇権

サステナブルファイナンス攻防 理念の追求と市場の覇権」は、パリ協定以降欧米で繰り広げられたサステナブルファイナンスの基準をめぐる攻防や背景、多様な取組み、そして日本の動向を追っている本。

ESG、サステナブルファイナンスの潮流と本質など、サステナブルファイナンスについて詳しく解説されています。

持続可能な社会を築くファイナンスの未来の姿や米国や台頭する中国などの地政学的な攻防、フレームワーク間の覇権争いや、様々な人物関係に関する詳細が書かれてるので、経営者や企業人の様な人におすすめの本です。

企業価値経営

created by Rinker
¥4,158 (2021/10/27 12:20:26時点 Amazon調べ-詳細)

企業価値経営」は、いま日本企業が取り組まなければならない企業価値経営の全体像を解説した本。

企業の競争力や企業行動を解析するファンダメンタル分析や、ファイナンスの理論やツールを活用した企業価値の算定など、企業価値経営の基本から応用、実践について詳しく解説されています。

昨今必要性が叫ばれている企業価値経営やESG・サステナビリティ経営の本質が学べるので、企業の経営者や経営企画担当で目まぐるしく変化する経営環境に対応すべく頭を悩ませているような人におすすめの本です。

サステナビリティと本質的CSR 環境配慮型社会に向けて

サステナビリティと本質的CSR 環境配慮型社会に向けて」は、サステナビリティを念頭におきつつ、環境配慮型社会に向けた本質的なCSRを解説した本。

現代の社会・地球環境問題や、日本企業の倫理観とCSRなど、サステナビリティと本質的CSRについて詳しく解説されています。

CSRの基礎と本質を学べるとともに、それとサステナビリティとの関わりが理解できる新しいCSRのテキストなので、初心者の方でこれからCSRを学ぶような人におすすめの本です。

ESG経営の実践 新国富指標による非財務価値の評価

created by Rinker
¥1,782 (2021/10/27 16:16:14時点 Amazon調べ-詳細)

ESG経営の実践 新国富指標による非財務価値の評価」は、E(環境)・S(社会)・G(企業統治)を重視した経営の実践について書かれている本。

自然や健康・教育など、「見えない価値」を数値化する事など、評価法「新国富指標」について詳しく解説されています。

新国富指標による非財務価値の評価 について書かれているので、SDGsによる国際社会の取り組みについて興味がある様な人におすすめの本です。

ESG投資・ESG経営のおすすめ本ランキング14選!【2021年】

続きを読む

SDGs思考 2030年のその先へ17の目標を超えて目指す世界

SDGs思考 2030年のその先へ17の目標を超えて目指す世界」は、3つの観点から、ビジネスにSDGsを実装するためのヒントを提示している本。

SDGsに通底する世界観の理解やビジネス実装に役立つ思考法など、SDGsが目指す世界がどのようなものか、その世界へ向かってどのような企業活動を起こすべきなのかについて詳しく解説されています。

SDGsという目標言葉を超え、今後もこの地球上で生きる人間として大事にすべきもの考えるべきことの根底を学べる本なので、SDGsについて興味がありそうな人におすすめの本です。

SDGsのおすすめ入門本ランキング22選!【2021年】

続きを読む

まとめ

今回は、「サステナビリティ経営のおすすめ本」について解説しました。

サステナビリティと利益は相反するものではなく、相乗する形もあります。人にも地球にも優しい方法はないか、少し立ち止まって考えることが大切ではないでしょうか。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

スキルを磨く 経営・組織

SDGs おすすめ本

© 2021 monoblog