【Python】RNN・LSTMのおすすめ本ランキング5選!

【Python】RNN・LSTMのおすすめ本ランキング5選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

深層学習の一種としてRNN(リカレントニューラルネットワーク)、RNNの一種としてLSTM(長期・短期記憶)というニューラルネットワークモデルがあります。

この記事では、RNNやLSTMを勉強したい人向けに「RNN・LSTMについて解説されているおすすめ本」を紹介します。

RNN・LSTMの章がある本を探している人は参考にしてください。

目次

RNN・LSTMのおすすめ本ランキング5選!

RNN(リカレントニューラルネットワーク)・LSTM(長期・短期記憶)のおすすめ本を5冊ご紹介します。

Python機械学習プログラミング

Pythonで機械学習を始めてみたい人におすすめの本です。

機械学習の手法や原理の解説からPyhtonで用意されているライブラリの紹介まで、Pythonで機械学習プログラムを実装するのに必要な技術を幅広く網羅した1冊です。

数式やPythonの基礎は知っている前提となっているので、Python中級者以上向けの本といえるでしょう。

あわせて読みたい
機械学習の勉強におすすめの入門本ランキング21選!【初心者必見】 AI・ビッグデータブームで一躍注目を集めた機械学習技術。これから学習を始めて業務やプロジェクトに活かしたいという人も多いのではないでしょうか? 当記事では 機械...

深層学習(MLP)

created by Rinker
講談社サイエンティフィク
¥4,669 (2022/05/25 06:33:10時点 Amazon調べ-詳細)

深層学習(MLP)」は、いま最も注目されている機械学習手法である深層学習(ディープラーニング)を、トップ研究者が解説した本。

基礎からSGD、自己符号化器、CNN、RNN、ボルツマンマシンまで詳しく解説されています。

軽快な語り口で無理なく理解できるので、深層学習(ディープラーニング)を学び始めたい人におすすめの本です。

あわせて読みたい
ボルツマンマシンのおすすめ本5選!【ニューラルネットワーク・深層学習の基礎】 ボルツマンマシンは深層学習を始めとしたニューラルネットワーク理論の1つです。 機械やロボットを彷彿とさせる単語ですが、実は機械学習や人工知能系の専門用語となり...

PythonとKerasによるディープラーニング

created by Rinker
¥4,268 (2022/05/25 16:08:14時点 Amazon調べ-詳細)

PythonとKerasによるディープラーニング」は、ディープラーニングを一から学習したいと考えている人のために書かれている本。

ディープラーニングとは何か、適用できるのはどのような状況か、コンピュータビジョンから自然言語処理、画像分類、時系列予測、感情分析、画像/ テキスト生成に至るまで詳しく解説されています。

基礎から応用まで、数式を使わずにコードを使った定量的な概念により説明されているので、現実の幅広い問題にKerasを応用できるよう集中的に学習したい、数学の苦手な人におすすめの本です。

あわせて読みたい
【Python】Kerasのおすすめ入門本ランキング8選!【2022年】 Kerasとは、TensorFlowやTheanoなどの機械学習ライブラリで動く、ニューラルネットワークに特化したライブラリです。機械学習について情報収集している人はよく名前を見...

詳解ディープラーニング TensorFlow/Keras・PyTorchによる時系列データ処理

詳解ディープラーニング TensorFlow/Keras・PyTorchによる時系列データ処理」は、ニューラルネットワークの理論とディープラーニングの実装についての解説本。

ニューラルネットワークのアルゴリズムを理解するための数学の知識や、ニューラルネットワークの応用について詳しく解説されています。

ディープラーニング・アルゴリズムに焦点を当てているので、新しい手法やモデルを知りたい熱心な人におすすめの本です。

あわせて読みたい
PyTorch(パイトーチ)のおすすめ入門本ランキング8選!【2022年】 PyTorch(パイトーチ)とは、Pythonで動くディープラーニング用ライブラリのことです。 この記事では、PyTorchについての知識を深めて実務に役立てたい人向けに、「PyTorc...

ゼロから作るDeepLearning2 自然言語処理編

created by Rinker
オライリー・ジャパン
¥3,960 (2022/05/25 16:33:54時点 Amazon調べ-詳細)

ゼロから作るDeepLearning2 自然言語処理編」は、自然言語処理や時系列データ処理に焦点を当て、ディープラーニングを使ってさまざまな問題について書かれいる本。

word2vecやRNN(リカレントニューラルネットワーク)、LSTMやGRU、seq2seqやAttentionなど、ディープラーニングを支えるこれら最先端の技術について詳しく解説されています。

ディープラーニングをゼロから作り、そのためにさまざまなコードを書き、実験を行うことが書かれてるので、音声アプリなどの日本語変換等のシステムの裏側の仕組みの基本を学びたい人におすすめの本です。

あわせて読みたい
自然言語処理・テキストマイニングの勉強におすすめの本5選!【2022年】 機械学習技術の発展により、自然言語処理・テキストマイニング分野でも機械学習を活用する動きが活発になっています。 当記事では、 自然言語処理・テキストマイニング...

まとめ

今回は「RNN・LSTMのおすすめ本」について解説しました。

RNN・LSTMの知識を身につけて、業務や研究に活かしてください。

では、また。

あわせて読みたい
深層学習(ディープラーニング)のおすすめ本ランキング23選! Alpha Goの登場によって一世を風靡するした「深層学習(ディープラーニング)」。名前は知っているけど、中身がどうなっているかは知らない人がほとんどではないでしょう...
目次
トップへ
目次
閉じる