良質な睡眠のおすすめ入門本ランキング8選!安眠を手に入れよう!【2021年】

睡眠のおすすめ入門本ランキング8選!良質な安眠を手に入れよう!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

睡眠時間は人生の3分の1とも言われていますが、それほど長い時間を過ごすのであれば、起きている時間を有意義に過ごすためにも質の高い睡眠を取りたいですよね。

この記事では、睡眠についての知識を深めて、良質な安眠を手に入れたい人向けに、「睡眠のおすすめ入門本」を紹介します。

睡眠や安眠の本を探している人はぜひ参考にしてください。

睡眠のおすすめ入門本8選!

睡眠のおすすめ入門本を8冊ご紹介します。

スタンフォード式最高の睡眠

スタンフォード式最高の睡眠」は、世界最高の睡眠研究の権威であるスタンフォード大学のトップの日本人研究者が最強の眠り方を伝授する本。

スタンフォード式睡眠法や、熟眠をもたらすスタンフォード式覚醒戦略など、究極の疲労回復と最強の覚醒をもたらす最高の睡眠法について詳しく解説されています。

睡眠に関する悩みを一挙に解決してくれるので、寝ても疲れが取れなかったり目覚めが悪いなど良い睡眠ができていないような人におすすめの本です。

睡眠こそ最強の解決策である

睡眠こそ最強の解決策である」は、睡眠の重要性について書かれている本。

眠りの重要性や、夢を見る理由、よりよく眠るためのアドバイスなどについて詳しく解説されています。

睡眠の重要性について書かれ人生を好転させる内容なので、良い睡眠をしたい人や睡眠不足な人におすすめの本です。

最強の睡眠

最強の睡眠」は、スタンフォード大学の睡眠研究のトップを務める世界的権威の日本人による、「最強の眠り方」を伝授する本。

睡眠の質について詳しく解説されています。

究極の疲労回復について記述されているので、前日の疲労が抜けず、日中の眠気に悩んでるような人におすすめの本です。

誰でも簡単に疲れない体が手に入る濃縮睡眠メソッド

誰でも簡単に疲れない体が手に入る濃縮睡眠メソッド」は、睡眠の質をあげる本。

簡単なストレッチや、マッサージなど、短時間睡眠のやり方について詳しく解説されています。

短時間睡眠のやり方が書いてありますので、睡眠の質をあげたいような人におすすめの本です。

不眠睡眠負債・睡眠時無呼吸不眠治療の名医が教える 最高の治し方大全

不眠睡眠負債・睡眠時無呼吸不眠治療の名医が教える 最高の治し方大全」は、本書は、不眠の原因や症状、病院での診察・検査・治療、自分で行うセルフケアについての疑問に専門医がわかりやすく回答する本。

不眠の原因や症状、病院での診察・検査・治療、自分で行うセルフケアについて詳しく解説されています。

不眠について詳しく記載されているので、なかなか寝つけない、夜中に目が覚める、朝早くに目が覚める、熟睡できないというような人におすすめの本です。

まんがでわかる!元気が出る睡眠

まんがでわかる!元気が出る睡眠」は、多くの人が抱える睡眠の悩みの原因を分析し、睡眠のメカニズムを詳しく解説している本。

睡眠の役割、睡眠の質を左右するポイントや睡眠の質を決める要素、詳しく解説されています。体と脳と睡眠の関係について

「ぐっすり眠れてスッキリ目覚める秘訣」が解説されているので、睡眠に悩みを抱えがちな人におすすめの本です。

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」は、睡眠の質を上げるための本。

最高の自分になるためには睡眠が必ず必要ということを詳しく解説されています。

睡眠の質が上げる為の方法が書いてあるので、睡眠不足になってしまい睡眠の仕方がわからないような人におすすめの本です。

入浴の質が睡眠を決める

created by Rinker
¥1,760 (2021/04/15 00:00:32時点 Amazon調べ-詳細)

入浴の質が睡眠を決める」は、翌朝から“目覚め'が変わる入浴方法について知ることができる本。

「体の不調が消える」、「パフォーマンスが上がる」など、入浴方法を変えるだけで得られる効果について詳しく解説されています。

入浴の質を高めるメリットについて知ることができるので、なかなかお風呂に入る気にならないような人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「睡眠・安眠のおすすめ入門本」について解説しました。

睡眠の質を高めたい人は、今回ご紹介した本を参考にして、睡眠環境の改善に役立ててください。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂️関東在住のサイドFIREを目指すブロガー/座右の銘は「知識は誰にも奪われない」/ゆるく稼いで楽しく暮らすライフハック情報をお届けします/アイコンは黎(クロイ)さん。

体調を整える ヘルスケア

おすすめ本

© 2021 monoblog