統合失調症のおすすめ支援本ランキング30選!【2021年】

2021-03-19

統合失調症のおすすめ支援本ランキング30選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

統合失調症とは、主な症状が「幻覚」「幻聴」「妄想」の精神疾患の1つ。

この記事では、統合失調症についての知識を深めて自身の治療や患者の支援に役立てたい人向けに、「統合失調症のおすすめ支援本」を紹介します。

統合失調症の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

統合失調症のおすすめ支援本30選!

統合失調症のおすすめ支援本を30冊ご紹介します。

統合失調症

統合失調症」は、青年期を中心に100人に1人近くが患う統合失調症による社会生活への影響を解説した本。

症状、経過他の精神科の病気との違い、リスク因子、治療、歴史と社会制度などが詳しく解説されています。

統合失調症の症状や歴史を解説しているので、統合失調症について知りたいというような人におすすめの本です。

マンガでわかる!統合失調症

マンガでわかる!統合失調症」は、統合失調症について漫画でわかりやすくかかれている本。

統合失調症の基本的な知識や、統合失調症の人との接し方について詳しく解説されています。

統合失調症の人の回復力を高めるための接し方を理解することができるので、統合失調症で悩んでいる人が周りにいるような人におすすめの本です。

ウルトラ図解統合失調症 オールカラー家庭の医学

ウルトラ図解統合失調症 オールカラー家庭の医学」は、統合失調症をより深く理解して、患者さんとともにより良い人生を歩むための確かな情報を提供してくれる本。

病気の原因・要因、症状のでかた、受診のポイント、治療とリハビリ、回復に向けた生活、社会的な支援制度などを豊富な図解で詳しく解説されています。

統合失調症について理解を深めることができるので、統合失調症の患者さんが身近にいる、統合失調症について知りたいというような人におすすめの本です。

統合失調症日記

統合失調症日記」は、発症時の自身に起こった出来事をセキララに描いた本。

幻聴、幻痛など、100人に1人弱が発症するにもかかわらずなじみの少ない統合失調症を当事者の目線で詳しく解説されています。

実際の経験を元に書かれた本なので、統合失調症の症状や体験談を知りたいというような人におすすめの本です。

統合失調症を治す 栄養療法による驚異的回復!

統合失調症を治す 栄養療法による驚異的回復!」は、栄養療法による治療法について記載されている本。

分子整合精神医学による治療法について詳しく解説されています。

急性のケースで九〇%の回復、慢性のケースでも五〇%の回復をなし遂げている治療法について記載されているので、現在の治療法に不安な人におすすめの本です。

読めば気持ちがす~っと軽くなる本人・家族に優しい統合失調症のお話

読めば気持ちがす~っと軽くなる本人・家族に優しい統合失調症のお話」は、最新の研究から分かった症状改善に有効な方法を紹介した本。

薬の服用のコツや、症状改善に有効な食事や運動など、障がいがあっても「自分はこうしたい」と希望をもって生きていくヒントについて詳しく解説されています。

4コマ漫画でやさしくアドバイスしているので、楽しく病気の症状を知り改善していきたいような人におすすめの本です。

マンガでわかる!統合失調症

マンガでわかる!統合失調症」は、統合失調症について漫画でわかりやすくかかれている本。

統合失調症の基本的な知識や、統合失調症の人との接し方について詳しく解説されています。

統合失調症の人の回復力を高めるための接し方を理解することができるので、統合失調症で悩んでいる人が周りにいるような人におすすめの本です。

統合失調症がやってきた

統合失調症がやってきた」は、お笑いコンビ「松本ハウス」の統合失調症を乗り越えコンビ復活までの軌跡について記載されている本。

統合失調症を患ったハウス加賀谷の半生と、「松本ハウス」復活までの軌跡を相方・松本キックの視点を交えて詳しく解説されています。

病気を乗り越えた経験が綴られているので、現在病気に苦しんでいて不安な人におすすめの本です。

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

統合失調症スペクトラムがよくわかる本」は、統合失調症についてイラスト付きでわかりやすく記載されている本。

薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を踏まえて詳しく解説されています。

前向きに治療に取り組めるよう、正しい知識と治療法について解説されているので、治療について不安な人におすすめの本です。

患者さん・ご家族・支援者のために統合失調症薬物治療ガイド

患者さん・ご家族・支援者のための統合失調症薬物治療ガイド」は、専門医に対して2015年に作られた同本を患者や家族、支援者に向けての書き方にした本。

患者と医療者を繋ぐ薬物治療のガイドラインについて、詳しく解説されています。

薬物治療は本人、家族、支援者は薬物治療について知識を持っいないことが多いので、この本によって薬物治療のガイドラインいの知識を身に付けたい様な人におすすめの本です。

統合失調症その新たなる真実

統合失調症その新たなる真実」は、疾患の背景やメカニズム、治療技術ゆ回復過程について、最先端の知識をわかりやすく伝えてる本。

正しい知識とともに人間として共感する姿勢など、患者に対して向き合う姿勢について詳しく解説されています。

統合失調症の歴史,症状,治療,家族の対処の仕方等が書かれてるので、患者本人や医者や家族の様な人におすすめの本です。

ボクには世界がこう見えていた 統合失調症闘病記

ボクには世界がこう見えていた 統合失調症闘病記」は、当事者本人の日記が書かれてる本。

四半世紀に亘る病の経過を患者本人が綴る稀有な闘病記など、当事者本人の体験について詳しく解説されています。

当事者の詳細な記憶で現実と妄想との境目は曖昧である事について書かれてるので、統合失調症患者の様な人におすすめの本です。

統合失調症よくわかる最新医学シリーズ

統合失調症よくわかる最新医学シリーズ」は、統合失調症をていねいに解説した教科書のようにかかれている本。

医療機関への1STコンタクトのとりかた、最新の薬物療法、薬物以外の治療法、療養の仕方、福祉制度など、統合失調症の知りたいことについて詳しく解説されています。

統合失調症をていねいに解説し、知りたいことについて詳しく書かれているので、統合失調症を発病している方やその家族、統合失調症について知識を得たいような人におすすめの本です。

わたし中学生から統合失調症やってます。

わたし中学生から統合失調症やってます。」は、主人公水色ともちゃんが自分の統合失調症を漫画を交えてわかりやすく説明された本。

水色ともちゃんが15歳から統合失調症で苦しみ、入退院を経て今に至るまでを漫画を交えて詳しく解説されています。

統合失調症の苦しみは本人ではないとわかりませんが、家族も大変辛い精神の病ですので、この本によって、この病気が少しでも周囲に理解を与えることが出来るので理解したいと思うような人におすすめの本です。

統合失調症からの生還

created by Rinker
¥1,430 (2021/06/21 03:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

統合失調症からの生還」は、三十代で統合失調症と診断された元マスコミ人が自らの体験を語った本。

突然の幻聴や被害妄想に悩まされる日々や、文章や写真を表現することで症状が改善していったことなど、著者の統合失調症との戦いについて詳しく解説されています。

統合失調症当事者の手記は非常に少ないので、他の本ではこの病気の実態を理解するのが困難な人におすすめの本です。

中井久夫講演録統合失調症の過去・現在・未来

created by Rinker
ラグーナ出版
¥1,980 (2021/06/21 03:52:02時点 Amazon調べ-詳細)

中井久夫講演録統合失調症の過去・現在・未来」は、著者と患者と現役の医師で話し合い、語源を元に統合失調症について講演した記録の本。

統合失調症が精神分裂症と言われていた過去、語源を紐解き、未来の回復の可能性を詳しく解説されています。

統合失調症の認知行動、薬物治療などの具体例ではなく、語源から統合失調症の未来の回復を著者、患者、現役医師を交えて論じた本ですので、統合失調症の歴史について学びたい様な人におすすめの本です。

てんやわんやのトーシツ・ライフ

created by Rinker
日本評論社
¥1,320 (2021/06/21 03:52:02時点 Amazon調べ-詳細)

てんやわんやのトーシツ・ライフ」は、統合失調症の母を介護する日々を、作者が体験記漫画として読者に見せる本。

健常な人からは理解しがたい統合失調症になった母。その経緯と、介護する家族の日々について詳しく解説されています。

病人とのリアルな日常と、それにどう対処していくかがわかりやすく漫画で描かれているので、統合失調症でなくても介護で心が折れかかっているような人におすすめの本です。

統合失調症からの回復を早める本

統合失調症からの回復を早める本」は、「100人に1人が発症する可能がある」といわれるほど私たちにとって身近な病気である統合失調症について解説している本。

統合失調症の治療に必要な基本情報や、幻覚や妄想、興奮、昏迷などの諸症状と薬物療法など、病気から速やかに回復するための方法について詳しく解説されています。

家族のかかわりと社会復帰のための支援制度についても詳しく解説されているので、早期介入から早期治療に至る流れをどのように展開させるか理解の必要な人におすすめの本です。

わたしと統合失調症 26人の当事者が語る発症のトリガー

わたしと統合失調症 26人の当事者が語る発症のトリガー」は、26人の統合失調症患者の「発病のきっかけ」と「その後の経過」が 書かれている本。

統合失調症患者の体験談など、その体験を読み思いを馳せ、理解に近づく事について詳しく解説されています。

26人の統合失調症患者の「発病のきっかけ」と「その後の経過」が書かれてるので、患者、医療関係者、家族の様な人におすすめの本です。

統合失調症愛と憎しみの向こう側

統合失調症愛と憎しみの向こう側」は、統合失調症と向き合う家族のリアルストーリー本。

統合失調症の家族の苦悩や、治療の経過と気持ちの変化についてなど、統合失調症を持つある家族の経緯について詳しく解説されています。

統合失調症の家族の苦悩が描かれているので、同じような悩みを持ち今まさに大変な人におすすめの本です。

統合失調症のみかた,治療のすすめかた

統合失調症のみかた,治療のすすめかた」は、統合失調症という「」と向き合い、いかにして統合失調症患者という「」に寄り添うべきかを丁寧に解説してる本。

適切な「みかた」や「治療のすすめかた」など、いかにして統合失調症患者という「人」に寄り添うべきかについて詳しく解説されています。

統合失調症という「病」と向き合って、治療者が患者さんと関わる上での心持や具体的な言葉かけなど具体的な患者との接し方が書かれてるので、研修医や医学生の様な人におすすめの本です。

統合失調症の人の気持ちがわかる本

統合失調症の人の気持ちがわかる本」は、統合失調症の人はいったいどのような苦痛に苛まれているのかについて書かれてる本。

本人の気持ちはなど、家族が生活で感じる苦労や悩みや、統合失調症患者や家族について詳しく解説されています。

統合失調症の本人とその家族によるアンケートを元に書かれてる本なので、当事者や家族の様な人におすすめの本です。

統合失調症とのつきあい方がわかる本

統合失調症とのつきあい方がわかる本」は、病気のメカニズムから社会復帰までを専門医がわかりやすく解説している本。

患者さん、ご家族、周囲の方に統合失調症を正しく知っていただく事など、統合失調症について詳しく解説されています。

患者さんが少しでも早く治療に取り組み、社会復帰をできるように書かれてるので、精神医療に携わってる精神科医やケースワーカの様な人におすすめの本です。

患者のための最新医学統合失調症正しい理解とケア

患者のための最新医学統合失調症正しい理解とケア」は、統合失調症の症状、治療法、再発防止のポイントに加え、患者さんとのコミュニケーションのコツなどのを紹介している本。

統合失調症の治療を始める際の受診科選びのポイント・医療につなげる際の注意点や、治療の中心となる薬物療法・リハビリテーションなど、今日の統合失調の治療の実際について詳しく解説されています。

治療や再発予防に重要となる「家族や周囲の正しい理解」のための知識や患者さんへの具体的な接し方についても掲載されているので、家族や支援者など統合失調症への理解の必要な人におすすめの本です。

統合失調症当事者の症状論

created by Rinker
¥3,300 (2021/06/21 03:52:09時点 Amazon調べ-詳細)

統合失調症当事者の症状論」は、統合失調症当事者が自ら語る幻聴・幻視・妄想の体験談が書かれtる本。

疾患を理解し咀嚼するための手がかりや、統合失調症当事者による膨大な発言など、精神症状論について詳しく解説されています。

患者の膨大な発言を蒐集・分類し,それを基に本疾患の解説をしてるので、統合失調症を患者の体験談から理解したい様な人におすすめの本です。

わかった!統合失調症のベスト治療 病から脳とこころを解き放つ

わかった!統合失調症のベスト治療 病から脳とこころを解き放つ」は、長年統合失調症治療にかかわってきた著者が、豊富な臨床経験をもとに具体的な方法や技術、考え方を記した本。

統合失調症治療の13のエッセンスなど、どう統合失調症と向き合い、どう生きていけばよいのかについて詳しく解説されています。。

真に患者さんのためになる医療とは、いったいどういうものだろうかについて書かれてるので、精神医療に携わってる様な人におすすめの本です。

ベックの統合失調症の認知療法

ベックの統合失調症の認知療法」は、統合失調症についてかなり専門的知識を要する本。

統合失調症の要因、概念、治療、その他人的モデルを使った臨床試験など、かなり詳しく解説されています。

こちらは、かなり専門的な用語も使われ、統合失調症について論述されています。沢山の側面から統合失調症について解説してありますので、統合失調症方についてしっかり知りたい様な人におすすめの本です。

統合失調症だけど、がんばって生きています

統合失調症だけど、がんばって生きています」は、統合失調症になったOLの体験が書かれている本。

OLが統合失調症になった時の様子や、どのように闘病したかについて詳しく解説されています。

統合失調症になった人のリアルな体験を知ることができるので、統合失調症で悩んでいるような人におすすめの本です。

統合失調症に負けない家族のコツ

統合失調症に負けない家族のコツ」は、統合失調症という病気について、適切な対応の仕方について、患者さんの家族に向けて書かれている本。

統合失調症という病気について、適切な対応の仕方について、統合失調症から患者さんが回復するために必要な家族の身につけるコツについて詳しく解説されています。について

「読む家族教室」という読者参加型のスタイルで、統合失調症という病気についてライブの感覚で生きた情報を伝えているので、統合失調症の患者さんが家族に居られるような人におすすめの本です。

統合失調症を理解する 彼らの生きる世界と精神科リハビリテーション

統合失調症を理解する 彼らの生きる世界と精神科リハビリテーション」は、統合失調症の人々のとる“不思議な言動や行動について書かれてる本。

臨床精神病理の視点から、統合失調症の人々によくみられる基本的な「こころの動き」や、それと深く結びついた「行動特徴」など、統合失調症患者の心理状態について詳しく解説されています。

統合失調症の人々の具体的な症例を説明してるので、精神科医の様な人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「統合失調症のおすすめ支援本」について解説しました。

統合失調症は長期的なケアが必要な病気です。当事者の方はケアに専念し、支援者は自身の健康にも気を使いながらサポートしてあげてください。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂️関東在住のサイドFIREを目指すブロガー/座右の銘は「知識は誰にも奪われない」/ゆるく稼いで楽しく暮らすライフハック情報をお届けします/アイコンは黎(クロイ)さん。

体調を整える メンタルケア

おすすめ本 精神疾患

© 2021 monoblog